CFネッツ代表[公式]「不動産投資成功の方程式」倉橋隆行のプロに学ぶアッと驚く不動産投資

実務経験豊富なプロの不動産コンサルタント、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼なども公開しています!

朝礼講話

2017年07月06日

多数決では、よい結果は生まれない。

もちろん意見を聞くことは大事だが、結論は責任者が判断し、その責任者が責任をもって取り組むべきだ。



不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!





 ※CFネッツ採用情報はこちら


生産緑地関連の本を書いていて、後半に違和感があるから削ったら原稿量がガッツリ減ってしまったので追加で書いているうちに徹夜ぽくなってしまった。
期限は大事です。今日は無理だからと伸ばしてしまうと出版が遅れる。出版記念講演の日程が決まっていて順を追って物事が進んでいく。中心にいる人が弱いと必ず遅れる。まずは、やるべきことを集中してやる。

人がたくさんいれば仕事が成り立つということではなく、指示をする人、される人が同じ方向を向くことが重要。物事を進めるには人がついてこないと仕事は成り立たない。無責任なことを言って責任を取らなければ人はついてこない。自分がやらないで人に指図するだけでは物事は動かない。
物事をすすめる時に責任のある行動が大事。
昔、4人一度に会社を辞めた時がある。でも、そのうち2人は懲戒解雇。彼らにも人生があると思ったから告知をしていなかった。それは辞めていった人間につばを吐いてもしかたがないと思うからやっていない。
ところがいま、いろいろなことを言われて、辞めていった中でそこの会社で具合が悪くてまた辞めていく。そんなことをする人たちなんです。だから相手にするのはよそうと言っている。幼児性が高い人たちと相手にしても意味がない。幼稚な人の集まりの中で一緒になっても意味が無い。落書きをまともに受けても仕方がない。
落書きしたからと言って社会的制裁を受けないかといったらそうじゃない。見つかったら落書きを消す費用や損害賠償、名誉毀損ということもある。今回いろいろなことをやる。残念な結果になるでしょう。

仕事する時に重要なのは、やっていることについて責任をもつこと、そして結果を出すこと。
辞めてもらって痛手だったけれど仕方がない。結果として、もし居たら今みたいな会社になっていなかった。
物事は否定的な言動をする人がいると速度が遅くなる。遅れたことに対して何も責任を取らない。
言いたいことだけ言う無責任の正義って怖い。正しいように思えてくる。人は楽な方を正義と思う。

物事を動かすと最高責任者だから全部責任を負うことになっている。会社で借金を抱える時には無条件で連帯保証人になっている。万が一上手くいかなかったら全財産無くなる。全財産を仕事にかけている。
これから上に行く人については、自分自身が苦労したからそういうことはさせない。でも、やったことに対しての責任は取りましょう。やるべきことについて言ったことはやりましょう。
そして、時間は有限だからやると決めたらスピート感を持ってやる。
1人で10日掛かる仕事を10人でやったからといって経営的な判断では1日で終るとは限らない。1ヶ月、1年かかっても出来ないなんてことがある。多数決の原則がある
みんなの意見は聞くけれど最終的な判断は多数決で決めていない。やるべきことを決めたらまずはやる。多数決や人の意見に流されていると前に進まない。多数決の原則で物事が前に進むのは少ないと思っている。
ある意味では会社は大きくなってくると段々動きが鈍くなってくる。自分の身の回りをなるべく早く成熟させて進化させることで仕事が効率良くなって社員の所得も上がる。
そういうことを意識して仕事に取り組んでください。


最新の著書はこちら

不動産投資ランキングへ

20170723toyama_owner_in_future
富山で豪華2部セミナー開催決定!第一部はCFネッツ代表の倉橋CPM講演「今後の首都圏不動産投資、相続対策、高まるニーズとは」として、今後の首都圏不動産投資の行方、二極化が進む日本の人口減少問題と2022年問題をマクロからミクロまで、現場で起きていることを検証します。第二部は、CFネッツ副社長でもある山内CPM/CCIMの「首都圏ワンルーム投資戦略」。将来リスクを含めた選択肢として首都圏で取り扱っているワンルーム投資とは一体などのようなものなのか、弊社が実際に取り扱った事例とと共にお伝えいたします。
◆詳細・お申し込みはこちらから





20170716real_trend
入居者様がいなくては、投資は成り立たない!入居者様と同じような観点を持つことも大事です!このセミナーでは、最近の入居者ニーズや、物件決定のきっかけになった要因等を現場で得た情報を皆さまにお伝えさせていただき、これから購入する物件や、現在保有している物件に落とし込みをしていただきます。セミナー後半では、エリア選定の仕方、物件の選定の仕方をお伝えさせていただきます。

◆詳細・お申し込みはこちらから 



20170730kantei_nougyou_souzoku_02
実家は農家、だけど農業を継ぐのは現実的ではない、、、農地は自分の財産であるはずなのに、農地保護のために売却・使用に制限が設けられています。土地活用も一苦労です。その一方、その難しい条件の下で財産を減らすことなく、「〇〇家」を次の代に継承しなければなりません。農家の方の相続は、他のタイプの資産家の方とはまた違った難しさがあります。本セミナーでは農家を継がない方のための相続対策をご説明させていただきます。
◆詳細・お申し込みはこちらから




20170801housoku_antei
不動産投資はそれぞれ投資家の目標も大切ですが、まずは安定収益を確保することこそが何よりもの最優先課題です。例えば、築古アパートを買って更地で売却益を得るスキームだって、何もないところから素人が手を出すにはリスクが高く、それとは別に安定した収益、柱があるからこそ挑戦できるキャピタル投資となるわけです。まずは安定収益を作ることこそが不動産投資を成功させる第一歩といっても過言ではなく、その結果次第で更にレバレッジの効いた投資が可能となるのです。そんな安定収益へのスキルを身につけるために、まず何を学び実行したらいいのか、本来抑えておくべき成功の法則をぜひこの機会にお勉強ください。
◆詳細・お申し込みはこちらから




人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



cfnets at 11:01|PermalinkComments(2)clip!

2017年07月05日

自分で変えなければ、なにも変わらない。

無責任の正義は、いらない。



不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!





 ※CFネッツ採用情報はこちら


三崎の花火大会も6年目に入り、市役所の人たちも積極的に参加してくれて、去年三浦プロレスをやって認知度も上がり、城ヶ島の人たちも本気になってやってくれている。商工会議所の人や地域の人達もやる気になってくれて、この6年間でいろいろなことをやって、地域活性化の一つの結果になっている。
我々は行政からお金をもらってやっていないけれど、なんとなく回りだした。三浦プロレスをはじめて地域の人が大きく変わった。

地域の町興しのコンサルの人たちが市や行政にいろいろな提案をして、数年前に誘われて参加した時に、イベントのこと色々と質問をして、2年間、市の予算がついてイベントをやったとして継続はどうするのかを聞いたら、彼らは2年もやれば継続できるといっていたけれど、市の予算が終了した3年目はどうするのか。やれば根付くだけで解決策はないままでは事業はうまくいかない。
市のお金を使うのなら3年後からどのような形で継続するのか事業計画を聞いたら、知らないうちに次から呼ばれなく意見を聞かれることも無く事業が始まった。
メディアに取り上げられていたけれど、予算が終わったらぱたっと止まって何も動いていない。彼らは、結局、成功に終わった。と言っているけれど、事業は「終わった」らダメ。行政も、担当者も喜んでいるけれど、それはもともと税金。そこをどうも理解していない。

なんでもそうだけれど、自分で解決しないと物事は解決できない。言ったらやる。
今回、年末にやっていたアンケートを夏もやることにして、いろいろな人の意見を見ている。
大事なことは責任の無い正義はダメなんだよ。こうあるべきだといって、自分は行動しない。リスクを負わない。結局言っただけで会社を辞めてしまう。それは責任ある正義ではない。
仕事や事業、生き方でも正義を貫くなら責任を持つ事。外で評価されていても社内で評価をされていないから退職していく。正義というのは裏付けが必要。それが正しいかどうかというのを実証して結果を出さないと正義はないです。
やらなくていいことを正義を振りかざして言うのは簡単。でも、出来る正義と出来ない正義がある。自分が直さないとそこは直らない。だから注意はしていきましょう。社内で悪口とか言っていたら、そういうことを言わないようにと一言注意をしましょう。

無責任の正義を振り回してはダメです。ネットを見ても、くだらないことをいろいろ書き立てて、その結果を考えなければいけないと思う。どういう意図で言っているのか。言っていることは実行できるのか。
出来る人は、先ず自分が変えること。
社内がいい感じになってきている。だから無責任な正義に振り回されないでください。
会社が大きくなっていくと派閥が出来る。会社は派閥や学歴ではなく、仕事ができるかどうかしか評価されません。
言ったらやること。決めたら結果を出すこと。これが正義。正しいかどうかは後で結果が出る。
何かあったら連絡をしてください。全部対応します。ジャッジは全部します。
新人が入ってきたら上の人は下の人を育てるのが基本。育てられないというのは自分がダメだという結果を出している。人を育てられないというのは結果としてダメな正義。ぜひ正しい正義を持つようにしてください。



最新の著書はこちら

不動産投資ランキングへ

20170723toyama_owner_in_future
富山で豪華2部セミナー開催決定!第一部はCFネッツ代表の倉橋CPM講演「今後の首都圏不動産投資、相続対策、高まるニーズとは」として、今後の首都圏不動産投資の行方、二極化が進む日本の人口減少問題と2022年問題をマクロからミクロまで、現場で起きていることを検証します。第二部は、CFネッツ副社長でもある山内CPM/CCIMの「首都圏ワンルーム投資戦略」。将来リスクを含めた選択肢として首都圏で取り扱っているワンルーム投資とは一体などのようなものなのか、弊社が実際に取り扱った事例とと共にお伝えいたします。
◆詳細・お申し込みはこちらから



20170701mihara_souzoku
平成27年から相続税は、基礎控除学が6割に縮減され、相続税率も上がっており、増税になっております。一方で、贈与税について、高齢者からの早期財産移転による消費拡大を狙って減税の方向にあります。なお、円滑な事業継承やその他の政策目的のため、相続税についても、減税となっているものもあります。このような近年の相続税の改正を踏まえて、また今後の税制改正についてもある程度想定して相続税対策を行うことが失敗しないための秘訣です。相続税対策は、早めに準備することが重要です。ぜひご参加ください。

◆詳細・お申し込みはこちらから


20170716real_trend
入居者様がいなくては、投資は成り立たない!入居者様と同じような観点を持つことも大事です!このセミナーでは、最近の入居者ニーズや、物件決定のきっかけになった要因等を現場で得た情報を皆さまにお伝えさせていただき、これから購入する物件や、現在保有している物件に落とし込みをしていただきます。セミナー後半では、エリア選定の仕方、物件の選定の仕方をお伝えさせていただきます。

◆詳細・お申し込みはこちらから 



20170730kantei_nougyou_souzoku_02
実家は農家、だけど農業を継ぐのは現実的ではない、、、農地は自分の財産であるはずなのに、農地保護のために売却・使用に制限が設けられています。土地活用も一苦労です。その一方、その難しい条件の下で財産を減らすことなく、「〇〇家」を次の代に継承しなければなりません。農家の方の相続は、他のタイプの資産家の方とはまた違った難しさがあります。本セミナーでは農家を継がない方のための相続対策をご説明させていただきます。
◆詳細・お申し込みはこちらから





人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



cfnets at 07:30|PermalinkComments(2)clip!

2017年06月26日

都市集中、二極化が進む中での不動産事情。

賃貸住宅だけに偏らない。



不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!






 ※CFネッツ採用情報はこちら


旭川に行って視察をしてきました。旭川の駅前はきれいに整備されているのだけど駅の中のショピングセンターは人がいても周りの店や繁華街がテナント募集になっている。札幌の小さい規模でテナントが居なくなっている状況。職業柄、ここでビルを買って何が出来るかを考えるけれど、問題はビジネスモデルとして成功する可能性が極端に低いと感じる。相当安い家賃じゃないと無理だと思う。これから日本全国、似たようなところがどんどん増えていく。2020年に世帯数がピークになってそこからは下がる一方になる。世帯数が減るということは空室が増える。そうなると、これから無駄な建物が増えてくる。

地方を見てきて、感じるのは首都圏で起業して色んな事情があって銀座にオフィスが出来た。このルートがなければ多分会社はここまで伸びていなかったのかもしれない。
これから先、全体的に世の中の動きが変わってくる。2020年がピーク。その先をどう予測するか。

昨日、一昨日と親戚が自宅の傍にある食堂を借りることになったから相談にのっていた。三崎で展開していることをみせて説明して小さい三崎港ラーメンみたいなことをやろうという話になった。それをやったからといて儲かることにはならない。

これから先、世の中の流れが変わってくる中でどういうビジネスモデルを作るのか。
地方に生まれて、そこにずっと居たら食うにも難しい時代になりつつある。すると何をしていいかわからない。
これから世の中、そういったことがたくさん起きてくる。その中で何をしたらいいのかを提案できる形にするために成功事例をたくさん作る。そうして地方でも成り立つようなビシネスモデルを作っていく事を考えている。
だから、今、日本テナントサービスの動きは非常に重要だと思っている。人口が減るということは世帯数も減る。賃貸住宅や分譲住宅にこだわっているとマーケットが縮小していく、伸びるマーケットではないから違う形でのビジネスモデルが考えていかなければと思っています。




20170723toyama_owner_in_future
富山で豪華2部セミナー開催決定!第一部はCFネッツ代表の倉橋CPM講演「今後の首都圏不動産投資、相続対策、高まるニーズとは」として、今後の首都圏不動産投資の行方、二極化が進む日本の人口減少問題と2022年問題をマクロからミクロまで、現場で起きていることを検証します。第二部は、CFネッツ副社長でもある山内CPM/CCIMの「首都圏ワンルーム投資戦略」。将来リスクを含めた選択肢として首都圏で取り扱っているワンルーム投資とは一体などのようなものなのか、弊社が実際に取り扱った事例とと共にお伝えいたします。

◆詳細・お申し込みはこちらから


20170701mihara_souzoku
平成27年から相続税は、基礎控除学が6割に縮減され、相続税率も上がっており、増税になっております。一方で、贈与税について、高齢者からの早期財産移転による消費拡大を狙って減税の方向にあります。なお、円滑な事業継承やその他の政策目的のため、相続税についても、減税となっているものもあります。このような近年の相続税の改正を踏まえて、また今後の税制改正についてもある程度想定して相続税対策を行うことが失敗しないための秘訣です。相続税対策は、早めに準備することが重要です。ぜひご参加ください。

◆詳細・お申し込みはこちらから



20170716real_trend

入居者様がいなくては、投資は成り立たない!入居者様と同じような観点を持つことも大事です!このセミナーでは、最近の入居者ニーズや、物件決定のきっかけになった要因等を現場で得た情報を皆さまにお伝えさせていただき、これから購入する物件や、現在保有している物件に落とし込みをしていただきます。セミナー後半では、エリア選定の仕方、物件の選定の仕方をお伝えさせていただきます。

◆詳細・お申し込みはこちらから


20170730kantei_nougyou_souzoku_02
実家は農家、だけど農業を継ぐのは現実的ではない、、、農地は自分の財産であるはずなのに、農地保護のために売却・使用に制限が設けられています。土地活用も一苦労です。その一方、その難しい条件の下で財産を減らすことなく、「〇〇家」を次の代に継承しなければなりません。農家の方の相続は、他のタイプの資産家の方とはまた違った難しさがあります。本セミナーでは農家を継がない方のための相続対策をご説明させていただきます。
◆詳細・お申し込みはこちらから





人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!



cfnets at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年06月23日

妬み、嫉みの原理。

我々は、常に、襟を正して正々堂々と成功し続けるしかない。



不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!






 ※CFネッツ採用情報はこちら



会社が大きくなってくると色んな人がいろいろな見方をしてくる。だから行動は気をつけなければいけない。傍から見ると驚くくらい大きくなっている。だから辞めた人たちというのはいろんな思いがあると思う。
辞めたことを後悔している退職者がいると思う。その人達は気持ちの中に妬み嫉みが何処かにあるから気をつけないといけない。
人は必ず見ている。部下から上司はすぐ見抜く。仕事ができなくてもたまたま役職がつくと偉そうな態度になる。でも態度を改めないから伸びない。
なんでも、自分の襟を正して行動をする。必ず周りは見ている。

頭のなかでまとめられると思うから、最初は断る。そこから提案していく。ノウハウがある。
城ヶ島も最初は6ヶ月持たないと言われたけれど10年やっている。
今年の夏の予約はもう一杯になっている。
前までは無理やりお客さんを呼んていたけれど、今ではBBQができて富士山が見える音楽イベントが出来るとなると競争相手が居なくなる。
ある程度、物事は諦めないでやっていると成功できる。その間はいろいろなことを言われるけれど成功させるのが仕事。仕事は結果が全てなので結果を残してください。







20170625kantei_nougyou_souzoku
実家は農家、だけど農業を継ぐのは現実的ではない、、、農地は自分の財産であるはずなのに、農地保護のために売却・使用に制限が設けられています。土地活用も一苦労です。その一方、その難しい条件の下で財産を減らすことなく、「〇〇家」を次の代に継承しなければなりません。農家の方の相続は、他のタイプの資産家の方とはまた違った難しさがあります。本セミナーでは農家を継がない方のための相続対策をご説明させていただきます。
◆詳細・お申し込みはこちらから


20170701mihara_souzoku
平成27年から相続税は、基礎控除学が6割に縮減され、相続税率も上がっており、増税になっております。一方で、贈与税について、高齢者からの早期財産移転による消費拡大を狙って減税の方向にあります。なお、円滑な事業継承やその他の政策目的のため、相続税についても、減税となっているものもあります。このような近年の相続税の改正を踏まえて、また今後の税制改正についてもある程度想定して相続税対策を行うことが失敗しないための秘訣です。相続税対策は、早めに準備することが重要です。ぜひご参加ください。

◆詳細・お申し込みはこちらから



20170716real_trend

入居者様がいなくては、投資は成り立たない!入居者様と同じような観点を持つことも大事です!このセミナーでは、最近の入居者ニーズや、物件決定のきっかけになった要因等を現場で得た情報を皆さまにお伝えさせていただき、これから購入する物件や、現在保有している物件に落とし込みをしていただきます。セミナー後半では、エリア選定の仕方、物件の選定の仕方をお伝えさせていただきます。

◆詳細・お申し込みはこちらから







人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!



cfnets at 09:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年06月22日

2022年問題は、地域行政も一緒に取り組まなくてはならない。

ん〜、結構、時間がないかも。



不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!






 ※CFネッツ採用情報はこちら

神奈川新聞の主催セミナーで生産緑地の話をしてきました。第一部が林鑑定士の講座でちょっと内容が難しく事実を中心に硬めの淡々とした話、その後に第二部で生産緑地の問題点と解決策の話をしてきた。公演終了後に、いろいろな人から声をかけてもらえた。
日本全国で講演していると何処かで人のつながりがあったりする。今回はたまたま、神奈川新聞主催だったからあまり関わりがない方々に集まってもらえたと思っていたのだけれど事例に出した物件の近所の方から好意的な声をかけてもらえた。
正直な所、本当に生産緑地の所有者が来るとは思っていなかったけれど、参加している農家の方々の参加が多いと感じたから、農家に参考になる話をメインに話をしてきた。

自宅を建てる時に、買う予定だった土地が売れてしまったので、農家の方に声をかけて土地を買わせてもらって自宅を建てたのだけれど、その時に色々と話を聞いてのだけれど、今回セミナーをやるにあたって調べてみたら自宅の周り全て生産緑地だった。
生産緑地は市街化地域内の農地に対する納税猶予処置として30年間営農しなければならない縛りが在る。生産緑地の申請をして相続が発生すると相続が発生した時点での相続税納税猶予は営農をしていなければならない。その頃に比べて今は地価が三分の一ぐらいになっている。
相続が始まった時の相続税と現在までの利子税を納税しなければならない。そうすると、売ったとしても当時の納税額が払えない。そうなると生産緑地の指定を解除できる時期になっても営農を続けなければならない。先代の相続税が払えないからと自分が死ぬまで頑張らないといけない。その人がなくなった段階で先代の相続税は免除されてその人の相続税でよくなる。でも路線価より安くても三崎の土地は売れない。さらにた宅地として開発するコストもかかる。仕入れ価格は時価額価格の三分の一以下で仕入れないと先ず無理。そうなると今の時点でも売却をしても相続税が払えない人はいっぱいいる。
行政も一緒になって真面目に考えないと大変なことになる。

東京で優良宅地がたくさん出ると、東京になよっている人たちが買い換える可能性がある。そうなると移動した人たちの空いた所に入る人達を探してこないといけない。新しいところに空いたところをどうやって埋めるかの堂々巡りになる。
人口が減ると住宅も商業施設も就労場所も減るとどんどん枯れてしまって空洞化がおきる。
だから三浦で商業施設を作って観光都市としてやらざる得ない。2020年から世帯数は減っていく。2022年に生産緑地が優良宅地として市場に出回りだしたら大変なことになる。
この会社でコンサルをしているのだから、それに対してどう対処するかを提案する。
ここは面白いビジネスモデルになる。後、五年の間に色々なことがおきるから注目していてください。










20170625kantei_nougyou_souzoku
実家は農家、だけど農業を継ぐのは現実的ではない、、、農地は自分の財産であるはずなのに、農地保護のために売却・使用に制限が設けられています。土地活用も一苦労です。その一方、その難しい条件の下で財産を減らすことなく、「〇〇家」を次の代に継承しなければなりません。農家の方の相続は、他のタイプの資産家の方とはまた違った難しさがあります。本セミナーでは農家を継がない方のための相続対策をご説明させていただきます。
◆詳細・お申し込みはこちらから


20170701mihara_souzoku
平成27年から相続税は、基礎控除学が6割に縮減され、相続税率も上がっており、増税になっております。一方で、贈与税について、高齢者からの早期財産移転による消費拡大を狙って減税の方向にあります。なお、円滑な事業継承やその他の政策目的のため、相続税についても、減税となっているものもあります。このような近年の相続税の改正を踏まえて、また今後の税制改正についてもある程度想定して相続税対策を行うことが失敗しないための秘訣です。相続税対策は、早めに準備することが重要です。ぜひご参加ください。

◆詳細・お申し込みはこちらから



20170716real_trend

入居者様がいなくては、投資は成り立たない!入居者様と同じような観点を持つことも大事です!このセミナーでは、最近の入居者ニーズや、物件決定のきっかけになった要因等を現場で得た情報を皆さまにお伝えさせていただき、これから購入する物件や、現在保有している物件に落とし込みをしていただきます。セミナー後半では、エリア選定の仕方、物件の選定の仕方をお伝えさせていただきます。

◆詳細・お申し込みはこちらから







人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!



cfnets at 08:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年06月20日

今後、CFネッツ流の住宅購入術も力を入れる。

独立して18年になるから、前職会社への配慮も、もういいだろう。



不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!






 ※CFネッツ採用情報はこちら


昨日は朝にFM横浜の収録をして、その後、お昼からテレビ神奈川の番組収録をして磯子オフィスのこれからを考えて打ち合わせをしてきました。J:comはいつものところで収録をしているからリラックスして話せるけれど、テレビ神奈川で「奥さんが不動産投資をしたいのだけれど理解が得られないからどうしたらいいのか」、という質問を新井さんが出演して答えたのだけれど、新井さんが今までに見たこともないくらい緊張して、収録だったから取り直しをしてなんとかなった。
環境によって感じ方が違うかなと思って、今後はいろいろな社員を出演させていって慣れてくれば、番組は経営上の重要なポジションだから、今後のことを考えて次のことを考えれば社員の出演を率先していったほうが良いと考えた。

磯子のオフィスの打ち合わせで、住宅の販売は中小零細が凄く厳しくて、買い取りしてリフォームもなかなか厳しい状況。
CFネッツ流の理屈と将来的な計画を立てての
投資をする時に例えば賃貸に住んでいる人たちが、金融機関からまずは住宅を買ってくれと言われることがある。その時にどういう住宅を買ったら良いのかがわかっていないから、担保評価が下がってしまう物件を購入して投資の融資がつかないこともある。購入してはいけない物件ということをハッキリ言える人が必要。これから人口が減ってきてニーズが減ってくるけれども、マスでいうとボリューム自体は大きい。そこを擦れるのはもったいない。
社員で募集をしても住宅販売に手を挙げる人が集まらないから、ある人に声をかけて、急遽打ち合わせをしてやることになった。
味方が増えると仕事は円滑になる。今、住宅販売だと南青山建築工房で建売もしているけれど、住宅について見直す必要がある。住宅販売のルートがないから仕入れのルートが全く違う。住宅販売の人たちは仕入れて住宅もやるしアパートもやる。仕入れのルートを開発するだけでもマーケットを堀り当てることが出来る。2022年問題も住宅の問題が出てくる。住宅の賃貸をやっている。その投資をやっている。賃貸住宅を供給している。買い替えの需要や優良宅地の販売のマーケットは大きいから入口と出口をちゃんと整理しようと思っている。
次のステップとして本格的にやろうと思っている。住宅のパイプをとって、土地の仕入れは住宅でもアパートでも同じ。住宅を捨ててしまうのはダメだ。次の手を楽しみにしていてください。








20170415yamauchi_apart_kisoのコピー
一棟アパートを勉強する上で、最初はどのような事を学んで実行すればいいのかわからないものです。数々の書籍も読めば読むほど、それが自分にとって正しい選択なのかどうかと不安にもなります。このセミナーでは、道を踏み外さないために知っておくべきアパート投資の基礎を学んでいただけます。アパート投資とはどういうものなのか、どういう見方をすればリスクの低い不動産投資ができるのか、そして自分自身にとって目指すアパート投資とは何か?をわかりやすくお伝えします。
◆詳細・お申し込みはこちらから


20170625kantei_nougyou_souzoku
実家は農家、だけど農業を継ぐのは現実的ではない、、、農地は自分の財産であるはずなのに、農地保護のために売却・使用に制限が設けられています。土地活用も一苦労です。その一方、その難しい条件の下で財産を減らすことなく、「〇〇家」を次の代に継承しなければなりません。農家の方の相続は、他のタイプの資産家の方とはまた違った難しさがあります。本セミナーでは農家を継がない方のための相続対策をご説明させていただきます。
◆詳細・お申し込みはこちらから


20170701mihara_souzoku
平成27年から相続税は、基礎控除学が6割に縮減され、相続税率も上がっており、増税になっております。一方で、贈与税について、高齢者からの早期財産移転による消費拡大を狙って減税の方向にあります。なお、円滑な事業継承やその他の政策目的のため、相続税についても、減税となっているものもあります。このような近年の相続税の改正を踏まえて、また今後の税制改正についてもある程度想定して相続税対策を行うことが失敗しないための秘訣です。相続税対策は、早めに準備することが重要です。ぜひご参加ください。

◆詳細・お申し込みはこちらから



20170716real_trend

入居者様がいなくては、投資は成り立たない!入居者様と同じような観点を持つことも大事です!このセミナーでは、最近の入居者ニーズや、物件決定のきっかけになった要因等を現場で得た情報を皆さまにお伝えさせていただき、これから購入する物件や、現在保有している物件に落とし込みをしていただきます。セミナー後半では、エリア選定の仕方、物件の選定の仕方をお伝えさせていただきます。

◆詳細・お申し込みはこちらから







人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!



cfnets at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年06月14日

民泊もホテルも、ニーズに絞り込むことが重要。

考えれば、なんでもそうだ。



不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!






 ※CFネッツ採用情報はこちら



今、ホテルがBBQでいっぱいになっている。BBQという方法を聞かつかなければ今みたいな成功事例にならない。プチホテルでフレンチでやっていた頃は収益が上がらなかった。
今はBBQと宿泊と音楽イベントという動きになっている。

民泊自体気乗りしなかったのだけれど、月極で民泊の人と組んでやっていたのだけれど収益性が良くなくてやめてしまった。民泊の利用者に対してひらめくことがあった。民泊でなければ受けられないサービスが有る。
多くの民泊セミナーはウイークリーマンスリーの延長みたいなことをやっている。民泊の申請をした人たちの撤退が始まっている。その中で残って成功している人たちのノウハウになる。これは限定的な物件でないと難しい。

人間目的が在る。民泊もそこがポイント。人の消費動向は一概にこれがいいとはならない。BBQということを考える。音楽イベントもできるところが減ってきている。音楽イベントをやりたい。クラブのイベントで150人ほどが2日間やることになっている。
目的を明確にする。これからの戦略の中で重要。これから目的を明確にする民泊をやっていこうと考えている。
これがうまくいくと利回りが凄く高い。地域を狙えば稼働率で8割以上。民泊で成功している人は普通の人と違うことをしている。

これから居住用が厳しくなってくる。人口が減ると居住用のものが要らなくなる。そうなると空室も増える。増えた空室を民泊で埋めることは難しい。今は住居だけでなく商業施設にも投資をしている。
民泊の法整備が整ってくるとマーケットが出来上がる。そこに投資をして利回りを上げる。楽しみにしていてください。







20170415yamauchi_apart_kisoのコピー
一棟アパートを勉強する上で、最初はどのような事を学んで実行すればいいのかわからないものです。数々の書籍も読めば読むほど、それが自分にとって正しい選択なのかどうかと不安にもなります。このセミナーでは、道を踏み外さないために知っておくべきアパート投資の基礎を学んでいただけます。アパート投資とはどういうものなのか、どういう見方をすればリスクの低い不動産投資ができるのか、そして自分自身にとって目指すアパート投資とは何か?をわかりやすくお伝えします。
◆詳細・お申し込みはこちらから


20170625kantei_nougyou_souzoku
実家は農家、だけど農業を継ぐのは現実的ではない、、、農地は自分の財産であるはずなのに、農地保護のために売却・使用に制限が設けられています。土地活用も一苦労です。その一方、その難しい条件の下で財産を減らすことなく、「〇〇家」を次の代に継承しなければなりません。農家の方の相続は、他のタイプの資産家の方とはまた違った難しさがあります。本セミナーでは農家を継がない方のための相続対策をご説明させていただきます。
◆詳細・お申し込みはこちらから


20170701mihara_souzoku
平成27年から相続税は、基礎控除学が6割に縮減され、相続税率も上がっており、増税になっております。一方で、贈与税について、高齢者からの早期財産移転による消費拡大を狙って減税の方向にあります。なお、円滑な事業継承やその他の政策目的のため、相続税についても、減税となっているものもあります。このような近年の相続税の改正を踏まえて、また今後の税制改正についてもある程度想定して相続税対策を行うことが失敗しないための秘訣です。相続税対策は、早めに準備することが重要です。ぜひご参加ください。

◆詳細・お申し込みはこちらから



20170716real_trend

入居者様がいなくては、投資は成り立たない!入居者様と同じような観点を持つことも大事です!このセミナーでは、最近の入居者ニーズや、物件決定のきっかけになった要因等を現場で得た情報を皆さまにお伝えさせていただき、これから購入する物件や、現在保有している物件に落とし込みをしていただきます。セミナー後半では、エリア選定の仕方、物件の選定の仕方をお伝えさせていただきます。

◆詳細・お申し込みはこちらから







人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!



cfnets at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年06月12日

業界に、敵とか味方とかはない。

あるのは、顧客の為の情報である。




不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!






 ※CFネッツ採用情報はこちら



先日、ある企業さんの研修で講演をしてきました。日本全国から住宅の販売をやっている不動産屋さんが集まっていた。
前職は住宅の販売をやっていて、他の人達を見ていると、敵味方みたいになっている。
同じ業種でいるから戦ってしまう。仕事として考えた時に自分のお客さんにいいものを買ってもらうにはいい物件を見つけ無くてはならないから、そのためには情報が必要。昔は囲い込みみたいなこともよくあったけれど、そうはいっても情報はもらえたりした。
対抗的な立場でいる人達は売上が上がらないけれど、仲良くして付き合いを続けると仕事を流してもらえたりする。
重要なことは仕事をしているのだから仕事を中心に物事を考える。人間って感情でどうしても考えてしまうけれど、そこを外さなくてはいけない。
仕事を中心に考ええるといろいろな仕事の解決策が見いだせる。だから一緒に仕事をしようというは事になる。

講演をやっているたりすると仕事中心じゃなくなてしまう。仕事を気にしないでやっていると、成果が出ない。講演やって名刺交換して、こういったこと出来ませんか、こういうことが得意なのでやりませんか。という話をするから仕事が来る。

講演をしたのは住宅を専門に販売する会社。そこの部署の中には賃貸の仲介をやる部署が在る。賃貸の仲介の部分はかぶりそうで、かぶっていない。先方はファミリータイプ中心で私たちはワンルームが中心。アパートもそう。うちは住宅部門は弱いけれど先方は住宅専門。うちの物件を紹介してくれたり仲介してくれたりする。うちからは土地情報とかで業務の合致ができてお互いにいい関係になれる。

物件情報の問い合わせの連絡が来た時に、返事だけして電話を切るのではなく、わざわざ情報が欲しくて電話をかけてくるのだからどういった物件を探しているのかを聞く。聞くと答えてもらえる。電話が来たのだからこっちから情報を提供しなかったら仕事にならない。連絡が来た時にこっちに物件の情報を流すことで、今まで決まらなかった物件が決まる確率が高くなる。
それと先方の担当の名前を残しておいて、たまにこっちから連絡をする。紹介した物件の結果の確認したり、紹介の連絡をすることで優先順位が変わってきたりする。だからこまめに連絡を取るというのは
重要になってくる。

仕事をしている時に問い合わせが来たらこっちから営業をかけることで、なにかきっかけがあると行動を取るから、相手が動くようにこっちから仕掛ける。
電話が来たら趣旨をきいて取次をすることで仕事が始まる。
仕事をしようとして考えているから動くと必ず仕事につながる。出来る人のちょっとした行動はそれだけ。自分自身をアピールすることを考えて行動を取ってください。





20170415yamauchi_apart_kisoのコピー
一棟アパートを勉強する上で、最初はどのような事を学んで実行すればいいのかわからないものです。数々の書籍も読めば読むほど、それが自分にとって正しい選択なのかどうかと不安にもなります。このセミナーでは、道を踏み外さないために知っておくべきアパート投資の基礎を学んでいただけます。アパート投資とはどういうものなのか、どういう見方をすればリスクの低い不動産投資ができるのか、そして自分自身にとって目指すアパート投資とは何か?をわかりやすくお伝えします。
◆詳細・お申し込みはこちらから


20170625kantei_nougyou_souzoku
実家は農家、だけど農業を継ぐのは現実的ではない、、、農地は自分の財産であるはずなのに、農地保護のために売却・使用に制限が設けられています。土地活用も一苦労です。その一方、その難しい条件の下で財産を減らすことなく、「〇〇家」を次の代に継承しなければなりません。農家の方の相続は、他のタイプの資産家の方とはまた違った難しさがあります。本セミナーでは農家を継がない方のための相続対策をご説明させていただきます。
◆詳細・お申し込みはこちらから


20170701mihara_souzoku
平成27年から相続税は、基礎控除学が6割に縮減され、相続税率も上がっており、増税になっております。一方で、贈与税について、高齢者からの早期財産移転による消費拡大を狙って減税の方向にあります。なお、円滑な事業継承やその他の政策目的のため、相続税についても、減税となっているものもあります。このような近年の相続税の改正を踏まえて、また今後の税制改正についてもある程度想定して相続税対策を行うことが失敗しないための秘訣です。相続税対策は、早めに準備することが重要です。ぜひご参加ください。

◆詳細・お申し込みはこちらから



20170716real_trend

入居者様がいなくては、投資は成り立たない!入居者様と同じような観点を持つことも大事です!このセミナーでは、最近の入居者ニーズや、物件決定のきっかけになった要因等を現場で得た情報を皆さまにお伝えさせていただき、これから購入する物件や、現在保有している物件に落とし込みをしていただきます。セミナー後半では、エリア選定の仕方、物件の選定の仕方をお伝えさせていただきます。

◆詳細・お申し込みはこちらから







人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!



cfnets at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年06月05日

やってみないと分からない。

そして、話してみないと分からないことは多い。




不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!






 ※CFネッツ採用情報はこちら


いま、蕎麦屋の葉山商店の二階を営業のために部屋を増やすことにしました。
三崎港蔵の二階と葉山商店の二階を繋げて面積を増やして、奥にも宿泊施設を作ろうと計画をしています。調度品を揃えて設定を決めていい感じになってきました。夏休みに受けて活動を開始します。

先日、昔から一度打ち合わせをしたいと持っていた地主さんと会食することになって、あってみたらトントン拍子で共同で事業をやることが決まりました。人って話してみないとわからないのに躊躇してしまうことってある。お互いに会って見たかったと思っていて、急に合致して一つの事業を始める。山田屋のように地元でやっていてけれど経営が厳しくなってのを再生して今年に入って黒字転換している。
その理由は二階の宿泊施設が好調で、そこの売上の相乗効果で消費活動が山田屋に連動している。もっと面白いのが煙草の宅配を始めた。煙草って利益率が低いのに在庫が劣化すると処分しなくてはいけないから、売れ残りリスクのために短いスパンで少数で仕入れる事をしていた。そうすると売り切れると機会損失になるから仕入れを変えた。三崎にはタバコを吸う人が結構多いから宅配を始めたらタバコの売上が伸びて、お酒の売上も伸びて、宿泊施設の売上も伸びて黒転した。

そんな話を地主の人として、やり方が重要だということ。空き家がいっぱいあって価値が創造出来ない。でも、その空き家を買って店を開いている。その効果は影響力がある。でも、彼は土地はあるけれど活用方法がないから手放そうと考えていた。それなら土地ごと一緒にやりましょうとなった。
地域の活性化は物件を購入することではなく、ビジネスモデルとしてシャッターが開くことによって相乗効果で価値が上がる。

今、神奈川県内に外国人も結構来ている。三崎港の蔵に都内に住んでいるロシアの人が団体で来ていたので、話を聞いたら料理が美味しかったからリピートして来た。と言っていた。また来月も来るようなことを言ってホテルに宿泊していた。
地域が活動って消費の連鎖、一つのことではうまくいかないけれど、いろいろなことをやることによって消費活動が連鎖する。

地元を歩いていると声をかけられる。J:comやテレビ神奈川って年配の人や地元の人がよく見ている。今度、神奈川新聞のセミナーに参加すると声をかけてもらった。これからいろいろな活動をしていくと、影響力が出てくる。この影響力ってすごく大事で、会社も影響力があるから生き残る。それぞれが周りに影響をあたえるような行動をしてください。少しづつ積み重ねをすることで人に与える影響が強くなる。積み重ねていくことが大事です。






20170415yamauchi_apart_kisoのコピー
一棟アパートを勉強する上で、最初はどのような事を学んで実行すればいいのかわからないものです。数々の書籍も読めば読むほど、それが自分にとって正しい選択なのかどうかと不安にもなります。このセミナーでは、道を踏み外さないために知っておくべきアパート投資の基礎を学んでいただけます。アパート投資とはどういうものなのか、どういう見方をすればリスクの低い不動産投資ができるのか、そして自分自身にとって目指すアパート投資とは何か?をわかりやすくお伝えします。
◆詳細・お申し込みはこちらから



20170513nagoya_oneroom_nakamoto

中古の区分ワンルームは、1棟アパートやマンションと違い、比較的少額の自己資金でもスタートを切ることが可能です。ただ、その手軽さからか、失敗される方が後をたたないのも現状です。その原因の多くは、そもそも論で不動産投資の仕組みや物件の目利きについて学習されていないということにつきます。今回は久しぶりに投資初心者の方々を対象とした「ワンルーム投資」に特化した中元CPMのセミナー、是非この機会にご参加ください。
◆詳細・お申し込みはこちらから



20170625kantei_nougyou_souzoku
実家は農家、だけど農業を継ぐのは現実的ではない、、、農地は自分の財産であるはずなのに、農地保護のために売却・使用に制限が設けられています。土地活用も一苦労です。その一方、その難しい条件の下で財産を減らすことなく、「〇〇家」を次の代に継承しなければなりません。農家の方の相続は、他のタイプの資産家の方とはまた違った難しさがあります。本セミナーでは農家を継がない方のための相続対策をご説明させていただきます。
◆詳細・お申し込みはこちらから


20170701mihara_souzoku
平成27年から相続税は、基礎控除学が6割に縮減され、相続税率も上がっており、増税になっております。一方で、贈与税について、高齢者からの早期財産移転による消費拡大を狙って減税の方向にあります。なお、円滑な事業継承やその他の政策目的のため、相続税についても、減税となっているものもあります。このような近年の相続税の改正を踏まえて、また今後の税制改正についてもある程度想定して相続税対策を行うことが失敗しないための秘訣です。相続税対策は、早めに準備することが重要です。ぜひご参加ください。

◆詳細・お申し込みはこちらから



20170716real_trend

入居者様がいなくては、投資は成り立たない!入居者様と同じような観点を持つことも大事です!このセミナーでは、最近の入居者ニーズや、物件決定のきっかけになった要因等を現場で得た情報を皆さまにお伝えさせていただき、これから購入する物件や、現在保有している物件に落とし込みをしていただきます。セミナー後半では、エリア選定の仕方、物件の選定の仕方をお伝えさせていただきます。

◆詳細・お申し込みはこちらから







人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!



cfnets at 07:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年06月01日

生みの苦しみ。

すべての事業は、生みの苦しみはあるが、存在が人々の楽しみであることが多い。



不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!






 ※CFネッツ採用情報はこちら


先週IREMのカンファレンスで大阪に行ってきました。もともとJREMという組織を発起人の三人で初めたのがきっかけ。
もともとは海外で学んだことを日本でも導入できるんじゃないかとおもって始めた。始めた当時は業界の人達に反発にあったりした。特に倫理規定でやっているかわからないような消毒費をとったりしていたのを、法律と照らし合わせて判断すればいいということでスタートさせました。案の定色々とありましたが結果的に今となっては400名以上のCPM資格取得者が出てきて自分の勉強のためや業界の向上の為に活動をしている。
気をつけなければいけないのは、作り上げてきた文化とか乗っかるために資格を取って、その権威を乱用する人達がいる。そうするとトラブルが起きる。
この間、うちのお客さんからCPMの人って全く信用出来ないと言われた。そんなお客さんがCFネッツに来たというのはCPMは信用できなくてもCFネッツは信用できそうだということで来てもらえた。いろいろとあって疑い深くはなっているお客さんだけれど、実業を見てもらって信用してもらえた。
大事なことはCPMを取得したといっても偉くはないし、CPMを持って無くてもなんでも出来る。
権威や地位というのは自浄努力をしなければいけないと思っている。人が増えていけばその分リスクになる。
創業当時3人ではじめて、1人がそういうタイプだったから疑いの目で見られていると思っていた。襟を正しながらこの業界の中で倫理を守りながらやっていく事が重要だと思っている。
今回4人受賞式に我が社から参加して
個々の部分は成長させていってほしい

テナントサービスの商用系の講演をして、これからは人口が減少していくので外国人向けのサービスを外せば自分たちの仕事が縮小していく話をしたらみんな危機感を持っていて、これから何かをしようとしたらテナント系のビジネスは重要。
テナントサービス、日本テナントガイドを普及させていくのは面白いビジネスだと思っています。

人の力を借りるれるのと借りれないのでは、有利な展開ができるかどうか。コミュニケーション能力が高い人は能力以上に能力が発揮できる。社内に優秀な人がいるのだからその人達と協力していろいろな形で切磋琢磨していけばいい形が出来てくる。そういう意識を持って仕事をしてください。




人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!



cfnets at 09:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
【筆者のプロフィール】
Y.C.A.(ヨコハマ.コンピューター.アカデミー)在学中、輸出関連会社を起こすも、ココム規制(COCOM=対共産圏輸出規制)により廃業。 その後、25歳で某不動産仲介業者に就職。その会社で営業部門でトップの業績を果たし、新入社員の時から広告に携わり、副店長を経て企画課課長に就任。C.I.戦略(コーポレート.アイデンティティー)導入や、社内のロゴマークのデザイン、新規出店計画やリクルート活動をこなし、また地域戦略を実践し、地域文化活動なども主宰する。 その後、新規事業の賃貸管理業務とコンサルティングを併せた事業を開発し、企画課長と並行して同事業部の所長に就任、経常利益率35%超の日本一と言われた事業構築に成功する。 1993年(平成5年)「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍し、日本全国で業界団体の講演などの活動が始まった。 1998年「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を出版。 北野たけし氏の番組「ここが変だよ日本人」に出演したことから、「ジェネレーションジャングル」「ワールドビジネスサテライト」など、テレビにも多数出演している。 2000年、CFネッツを軸としたグループ会社を立ち上げ「アッと驚く 不動産投資」(住宅新報社)を出版。あの「金持ち父さん貧乏父さん」(ロバートキヨサキ著 筑摩書房)の発売前に不動産投資の著書を日本で初めて出版したことから、全国的講演依頼が殺到し、その後、数々の不動産投資に関する著書を発表、現在では、不動産投資の世界でもカリスマ的な存在となっている。 また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて受験して取得しており、現IREN−JAPANを創設し、日本国内のプロパティマネジメントの近代化に取り組んでいる第一人者でもある。

主な経歴
(株)CFネッツ 代表取締役

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的な月貸し賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。同時に某不動産仲介業者を退職。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社16社、総社員数120名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。 実業家だけでなく不動産投資家としても著名であり、また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「炭火焼蔵」「六本木 遊ヶ崎」「手打ちそば葉山商店」などの飲食店を経営する美食家としても知られている。
 著書に「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」ほか多数。 現在、FMヨコハマとJ-COMテレビで「ここが知りたい不動産」、J-COMテレビ「大人の歩き方」にレギュラー出演し、その他、ニュース番組にも登場している。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
中国式ソフト整体院
東五反田にある痛くない中国式ソフト整体院
【CF Net's CHANNEL】

格安の動画制作はスタジオAOBA

格安動画制作ならスタジオAOBA

CF Net's CHANNELの動画の動画はスタジオAOBAが作成しています。

【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー
【執筆書籍】