CFネッツ代表[公式]「不動産投資成功の方程式」倉橋隆行のプロに学ぶアッと驚く不動産投資

実務経験豊富なプロの不動産コンサルタント、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼なども公開しています!

成功へのこころの科学

2011年01月04日

毎日を楽しく過ごすこと。人生を楽しく過ごすコツである。

毎日の積み重ねが、人生の結果である。


人気ブログランキング 本日も応援の一押しは
こちらをクリックしてください!
↑ 今日も一押しをお願いします!
本日の順位確認は こちらをクリックしてください!


成功へのこころの科学、執筆中!


仕事のときも、遊びのときも。
いつも楽しむことを考えて行動する。

成功するひとの多くは、毎日を楽しんで暮らしている。
それは、お金の問題ではなく、楽しみ方を知っているということ。

特に、仕事をしていると、本当にくだらないことに時間を費やす人達がいたりする。
仕事がつまらないと嘆いたり、人の噂や陰口を言ったりする。
すべて、それらは全部、自分たちが作り上げていることとは思わず、すべてが人のせいにしてつまらない事ばかりに時間を費やすのである。
特に、かような行動は感染し、周囲の人をも巻き込むことになるから、特に巻き込まれないように注意をしなければならない。

私自身、学生の頃から年齢を誤魔化して、アルバイトをし続けていた。
別に、家庭が貧困なわけではなかったが、早く自分のしたいことを見つけたかったからだ。
ただ、残念なことに、そこで見てきたものは、ほとんどの人達が、嘆きながら仕事をしている現実だった。
働くことを労働と位置づけており、言われたことをし続ける時間で対価を稼ぐ生活。
でも、私自身は、その環境の中で、もっと効率の上がる方法はないか、もっと楽しく仕事をする方法はないかを考えて、いろいろ職場では改善方法を提案したりしていた。
ちょっとした提案が認められることの楽しさと、実現できた達成感で、毎日、充実した生活は送れた。

公立の高校だったため、アルバイトは禁止されていたが、かまわず働いた。
オートバイ通学も禁止されていたが、時間を効率よく使うためと、趣味だった為、オートバイで通学し、一度、停学処分されたこともあった。

しかし、あまり気にすることもなく、自分の人生は自分で決めることであるし、お陰で充実した学生時代を送ることができた。
結果、毎日を楽しく過ごす癖がついたから、そのほうが有益だったと思っている。

ひとは、いつも、何かの影響を受けて生きている

だから正しい影響を受けられる環境に身をおくこと

しかしながら、人間というのは弱い生き物である。
必ず楽な方向に導かれることがあり、くだらない正当性を作り上げて自らの成長を抑制してしまうものである。

自らの環境は、自らが作るものであることを認識することで、人生の価値観は大きく変わる。
また、周囲に対しても、環境を与えていると考えることは、自らの成長を助長する。

人間、生まれてから死ぬまでしかない。

毎日を、楽しく過ごす癖をつけることである。


人気ブログランキング 本日も応援の一押しは
こちらをクリックしてください!



cfnets at 15:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年01月02日

成功へのこころの科学、続編!


道
良いこともあれば、悪いこともある。
ただ、良いことがあったから
悪いことが起きる、ということではない。





人気ブログランキング 本日も応援の一押しは
こちらをクリックしてください!
↑ 本日も順位下落!
本日の順位確認は こちらをクリックしてください!


CFネッツのホームページに「成功へのこころの科学」というのを書かせて頂き、最近、講演なども行っている。

※ 成功へのこころの科学のページはこちら

現在、VOL93までしかなく、残りを書いている。


良いこともあれば、悪いこともある。
ただ、良いことがあったから
悪いことが起きる、ということではない。


これは、正式に入れる予定であるが、昔から私たちは、良いことがあれば悪いことがある、というように教育され、逆に悪いことがあれば、その内、良いこともあるなどと教育されてきた。

しかし、私が考えるに、これらの関連性はない。
単純に良いこともあれば、悪いこともあるだけで、良いことがあったから悪いことがあるのではない。
ただ、悪いこととは、将来、結果的に良いことだったりするので、なにも、その時に悲観することはない。
また、良いこととは、人生において公平に訪れるということではなく、求めて努力した人に多く訪れるようになっている。
せっかく良いことがあっても、将来、悪いことが起きるのではないかと、馬鹿げた恐怖感など感じることはない。
さらに積極的にやれる努力をすれば、またもや良いことがおきてくるのである。

と、いうような意味である。

人間、生まれてから死ぬまでが全部である。
その短い時間を大切に過ごすには、無駄なマイナス志向を捨て去る必要がある。
何についても、積極的にチャレンジすることが賢明だ。


新年を迎えて、ちょっと哲学的な仕事に取り組んでいる。

ぜひ、成功へのこころの科学、お読みください!


ところで、本日。
またもや家には、多くの人達が訪れる。
さすがに元旦をはずして、本日、新年会開催である。

そんな訳で、年末に、毎年恒例のまぐろを買い、本日、朝から料理である。
私の住む三崎は、まぐろ祭りというのを、年末に行っているが、結構、当たりはずれがあったりする。
したがって、問屋さんに年末に買う分を伝えておいて、必ず良い部位を確保してもらっているのだ。


私自身、料理は好きなほうであるが、昨年はマイ包丁を出さず仕舞いになってしまった。
今年は昨日から好調である。
ただ、今年は大人数な為、中心は鍋にでもしようと考えており、ちょっと手抜きな料理で、お茶を濁そうとしている。

では、皆さんも、よいお正月を。


人気ブログランキング 本日も応援の一押しは
人気ブログランキング

cfnets at 07:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2009年08月28日

本日の朝礼、アップしました!

先ほど、お約束の朝礼、アップしました!

 

人気ブログランキング 本日の応援の一押しはこちら

 

" target="_top">2009.8.28 朝礼講話



cfnets at 10:37|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年06月16日

得を求めれば、徳は積めず。

人気ブログランキング 更新不足でランキングダウン!
本日のランキングの確認は、こちらをクリック!
徳を積めば、得は得られる。
私が書いている「成功へのこころの科学」に追加するコメントである。
最近、これは儲かる、という話に乗せられて事業展開している経営者がふえているが、事業を進める上で必要なのは、社会性であり、大義であると考えている。
困る人がいれば、これを助け、こういうものがあれば助かる、というものを開発する。
まずは、社会に受け入れられるかどうか、試してみて、受け入れられるのであれば事業化を進める。概ね、かような仕組みづくりは、必ず利益は得られるものである。
企業である以上、利益を追求するが、利益を追求するがゆえに顧客の不利益につながるような事業であれば、泥棒や窃盗と変わりはなく、徳を失うようであれば、人生の総否定となってしまうから、すべての価値を失うことになる。
ここの所の問題となっている新興企業の経営者に足りないものは、徳、なのではないか。
成功へのこころの科学は http://www.cfnets.co.jp/konsaru/heart/page1.html
人気ブログランキング 投票はこちらをクリックしてください!



cfnets at 10:35|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2006年11月06日

「成功する」為の科学。

eec4be22.jpg本日も人気ブログランキング第1位 確認はこちらをご覧ください!
最近、若い人たちが「僕も先生のように起業したい」ということを言われることがある。
会社の休みにちょっとした仕事をすることが起業などと思っている人もいる。
インターネットには、多くの「あなたも年収1000万円の起業・・・・」などの広告が掲載されており、手軽な起業?がはやっているようである。
私が思うに、多分、この辺の人が起業したところで、成功することはない。

私自身は、はじめて起業したのが19歳のとき。
アルバイトの延長線上で、輸出関係の人材派遣と書類代行で起業した。まだ、コンピューター関係の夜学に通っているときである。
このときの起業の動機は、そのときアルバイトで働いていた会社が時間等にルーズだったせいで、しっかり働いていた私が親会社の担当者から頼まれて、のものだった。
その後、ココム規制の関係で廃業に追い込まれ、事情があって、この不動産業に転進したのが25歳のとき。
前職会社では、売買仲介の営業の仕事から入って、経営企画、そして新規事業部設立など、ほとんど毎日、深夜に及ぶ計画から実行までを自ら実践し、その新たな経営手法が33歳のときに認められて、講演依頼が殺到し、著書の執筆までいたっている。
そもそも前職会社を辞めるつもりもなかったが、前職会社の経営者との考え方に大きな乖離を生じた為、2000年に、現在のCFネッツ、CFビルマネジメント、月極倶楽部を起業した。
お陰さまで、現在、このほかに南青山建築工房、不動産綜建研究所、CFIG、CF−1と増え、7社の経営を行っている。従業員数も、パートを含めると70名を越えるまでにいたっている。

起業の根底とは何か。
それは経営者という肩書きではない。
表面的なものではなく、実態的なものであったり考え方が、世間に求められるかどうかが問われるものである。
人間も企業も、考え方でできている。
そもそも企業などは、商業登記簿に登記されるだけのものであり、価値などない。
その価値をつけてゆく為に、同じ志をもった社員を雇用したり、顧客ニーズのあるところに出店したりしながら、顧客のファンを創造してゆくものなのである。
つまり、根底には、社会奉仕的な考え方が、起業のエッセンスになければ、起業など成功しない。

人間、生まれて死ぬまでがその人の価値である。
無駄な時間を過ごすことなく、自らの考え方を確立し、自己実現を目指すことが成功であるといえる。
それには「こんなことをすれば儲かるよ」的な馬鹿げた概念にとらわれることなく、いったい自分は何をしたいのか、自分の生涯価値は何なのか、自分にとって成功とはどういうことなのか、というものから夢を築き上げ、ではどのような行動をとればよいのかを計画から実行に移してゆけば、意外と簡単に夢は実現できるものである。

なんとなく流行の起業を夢見ている諸君。早まることなく、安易な起業はしないほうが良い。
ただ、本当にこれだ!というものが見えてきたときは、潔く、本気で取り組んだほうが良い。
その場合、いろいろなものが犠牲になることも覚悟が必要だということを肝に銘じなければならない。

人気ブログランキング 投票はこちらから

当社の「成功へのこころの科学」のページはこちらから

成功へのこころの科学 セミナーDVDあり。ご参考はこちらから

業務拡大成長中! 当社への就職希望はこちらから

cfnets at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年07月18日

幸福とは、幸福感をもった人にしか訪れない。

日常、不平不満の多い人には、
決して幸福はやってこないものである。

当社のホームページには「成功へのこころの科学」というのがある。
http://www.cfnets.co.jp/konsaru/heart/page1.html
これは、私が日常で感じたことを、短い文書で表現したものであるが、ここの所、書き足してはいないが、たまに読み返すと、なんとなく元気が出てきたり、自分自身、自己啓発になったりする。

幸福とは、幸福感をもった人にしか訪れない。
日常、不平不満の多い人には、
決して幸福はやってこないものである。

これは、94番目のメッセージだが、たまに、傍から見れば「幸せだよな」と思う人でも、考え方で「不満」を述べ続けている人がおり、そういう人には、「よく考えてみると、幸せなんじゃない?」などと問いかけると、「ひょっとすると、そうかもしれない」などと思い直す人もいれば、「先生には、わからない」などと反発する人もいる。
正直、ものごとすべて、考え方で決まっているわけだから、自ら不満を持つだけで、なんら行動をとらず、挙句の果てに周囲のせいにして不平不満を述べているというのは、自らを不幸にする行為であること、自虐行為であることの認識が足りないのである。
よく考えれば「幸せ」な人生であるのに、独自な考えで「不幸」になってしまう人とは、意外に多かったりするのである。

幸福も不幸も、実は自らが決めているだけなのである。

cfnets at 11:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年12月06日

成功へのこころの科学 66

aea0bc31.jpg人も生物も自分の器以上に育たない

『「ひと」も「生物」も、そして「植物」も「環境」によって、ちょうど良い「程度」に「成長」するものである。したがって、「環境」とは「重要」なものである。』

自分の周りの環境が、ちょうど良い程度とは、自分以上にはならないし、自分以下にもならない、だけれども、環境の置きかたによって、その人の器なりができてくるということだ。
くだらないところにいたら、くだらなくなるし、だからといって、自分の器より高尚な環境にうつっても、自分に合わなく、ちょうどその中間点あたりの環境におさまるものだ。
自然界の生態系をみても、桜は桜なり、蝶は蝶なり、犬は犬なり、みんなちょうど良い状態でバランスよく成長が止まったりしている。
しかし、人間の場合、自然にちょうど良い状態の環境に落ち着くといっても、そこから努力をおこたったら進歩はしない。
私は、はじめ小さな会社に入ったが「この環境じゃあ自分の実力を出せない」と、いつまでもその環境に満足することはなかった。だからといって、より大きな会社へ移ってやるということもなかった。結局「この会社を大きくしてやる」と、自分の環境を変えることに闘志を燃やし、周りの環境を自分の力で変えようと努力し、最終的には目的を成就した。
現在、私は、自分の小さな会社にタネを植えて育てているところである。
会社も、経営者である自分の考え方いかんで、自分の器以上には大きくならないと思っている。逆にいうと、自分の器をどんどん大きくしないと、会社も伸びない。
また社員も私の器についてこれないと、社員の器も大きくならず、会社自体がこじんまりしてしまう。
結局、会社もちょうどいい程度しか大きくならない。
それが器以上になったら、お客サンから信用をなくし、いずれ、つぶされるものである。器も拡大でなく、成長させるのである。

cfnets at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年12月04日

成功へのこころの科学 64

a6773265.jpg『「燃える炎」は放っておけば消えようとする。つねに新しい「素材」をもって「努力」しなければ、やがて「燃える炎」も冷めてしまうものだ。』

子供の頃、いつも何かに熱中していた。
誰でも、同様な経験があったと思う。
しかし、いつしか熱中するものを失い、日々を淡々と暮らしている人は多い。

仕事を楽しめない人。
仕事は何でも楽しい筈なのに、自らその楽しみを放棄してしまう人。
いつしか子供の頃の好奇心を忘れてしまい、楽しみ方を忘れているだけなのである。
私は、中学生の頃から年齢をごまかして仕事をしていた。高校時代も、いろいろな種類のアルバイトをした。その際、いろいろな問題点を解決することで楽しみを見出し、結果を出すことが生きがいとなった。
現在もそうであるが、人からは「本当に楽しそうに仕事をしますね」とか、「人生が楽しそうだ」とか言われるが、楽しくない人生はないし、楽しくない仕事などない。

物事は、すべて考え方で解決できる。

私はいつも、何らかの素材を見出しては、それを育てる努力をしている。
いつも、足元に楽しめる素材が転がっているのである。

cfnets at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年11月30日

成功へのこころの科学 63

791ecb59.jpg『決して「まわり」のせいにしてはいけない。なぜなら、「まわり」の環境は「自分」でつくっているからだ。』

よく、失敗する人の多くは、周りの人のせいにすることが多い。
取引業者、会社の上司、酷いのになると顧客のせいにしてしまったりする。
私は、よく部下の失敗事例の相談に乗ることがあるが、その際、「ふーん、で、どうしてこうなっちゃったの?」と聞くと、いろいろ言い訳を言い出す。それを何度か「ふーん、で、その原因は何だったの?」と根気良く聞いていると、結果的に「それって、結局、自分のせいだよね?」というと、ようやく気がつくことになる。
事実、原因が自分にあることが多いのである。
私の場合は、経営者であるので、相談相手はいない。
いつも自問自答して、自分が悪かった点を探し出し、改善するように努力をしている。

成功することは、実は簡単なことなのである。
失敗をしない、失敗しても諦めずに成功するまで続ける、そして失敗を恐れずチャレンジし、小さい失敗には修正を加えることである。


cfnets at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2005年11月29日

成功へのこころの科学 62

6568dfc9.jpg「こころ」の曇りは赤信号!

『「こころ」が曇っている時に「判断」する「結果」は、必ず「悪い方向」へ向かうものである。』

経営者が、お金が足りなく資金繰りが付かなく会社が潰れてしまう、といった情況のとき、「あのお客サン、落せば金になるな」と、思って行動に出たら、おそらく、あとで大クレームのしっぺ返しがくるだろう。
それは、どういうことかというと、その経営者のこころが曇っているからで、まともなビジネスができない状態になっているからである。
経営者たるものは、こころを曇らせないためにも、当たり前のことだが、健全な資金を保ち、健全な会社運営に努めるべきである。
一般の人も、お金に困った時にはこころが曇り、結局、手身近なサラ金や高利貸しの門をたたいたり、ギャンブルに走ったりしてしまうことになってしまうのだ。
こころが曇って、正常な判断ができなくない情況が続くと、人生もおかしくする。
お金がないなら、ないなりの生活で耐える、なにがなんでも耐えるしかない。耐える人生を覚えることである。
私は19歳の時に商売をはじめた時から、お金に困った時が何回もあった。
が、私は「それなら、お金を使わないで我慢しよう」と、耐えてきた。
親からも知り合いからも誰からもお金を調達しなかったから、あとになって借金に追われることもまぬかれた。もっとも、実家があって、食べるのに困らなかったから、そこまでできたのかもしれないが、耐えてやるという、気持ちを人一倍強く持っていた。
人はお金がないと、こころが曇る。
それなのに、お金となんとか結びつけようとするために、自分の生き方に反するような行為に出てしまうもの。人を騙したり、不当なビジネスをやったりしてしまう、お金だけが原因ではなく、日々、こころが曇ったと感じたら赤信号だと思うべきで、そんなときこそ、正当に倫理ある行動を取るべきなのだ。
私の場合、仕事にゆきずまったり、落ち込んだり、ひどく疲れ、こころが曇ったと感じた時には、サウナや風呂へ行って汗を流し、美味しいものを食べることにしている。
私自身が単純にできているからなのか、そんなことで気分が正常に戻ったりする。
また、創業当時、なかなか事業が安定せず、売上が上がらないときには、まだ2人だけの社員に、我々の「不動産コンサルタント会社」という事業形態が受け入れられない場合は、これは時代が早かったのか、顧客に理解されないからなのか、理由はいくらでも思いつくが、結果として受け入れられなかったときは、私の判断ミスだ!全部、私が私財を手放しても既存の顧客に迷惑をかけずに解散しよう!」などと言っていたことを思い出す。心の中では、どうせ親からもらった財産ではないから、一からやり直せばよい、程度に楽観的に考えていた。
結局、当社がどのように評価されているかは、よく分らないが、帝国データーバンクなどの評価では、通常の不動産業よりダントツに良いような事業形態が確立できている。

こころが曇ったり、荒むとすべてがうまくいかなくなる。
そんな時、人それぞれの対応策を用意しておくべきである。

cfnets at 09:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
【筆者のプロフィール】
Y.C.A.(ヨコハマ.コンピューター.アカデミー)在学中、輸出関連会社を起こすも、ココム規制(COCOM=対共産圏輸出規制)により廃業。 その後、25歳で某不動産仲介業者に就職。その会社で営業部門でトップの業績を果たし、新入社員の時から広告に携わり、副店長を経て企画課課長に就任。C.I.戦略(コーポレート.アイデンティティー)導入や、社内のロゴマークのデザイン、新規出店計画やリクルート活動をこなし、また地域戦略を実践し、地域文化活動なども主宰する。 その後、新規事業の賃貸管理業務とコンサルティングを併せた事業を開発し、企画課長と並行して同事業部の所長に就任、経常利益率35%超の日本一と言われた事業構築に成功する。 1993年(平成5年)「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍し、日本全国で業界団体の講演などの活動が始まった。 1998年「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を出版。 北野たけし氏の番組「ここが変だよ日本人」に出演したことから、「ジェネレーションジャングル」「ワールドビジネスサテライト」など、テレビにも多数出演している。 2000年、CFネッツを軸としたグループ会社を立ち上げ「アッと驚く 不動産投資」(住宅新報社)を出版。あの「金持ち父さん貧乏父さん」(ロバートキヨサキ著 筑摩書房)の発売前に不動産投資の著書を日本で初めて出版したことから、全国的講演依頼が殺到し、その後、数々の不動産投資に関する著書を発表、現在では、不動産投資の世界でもカリスマ的な存在となっている。 また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて受験して取得しており、現IREN−JAPANを創設し、日本国内のプロパティマネジメントの近代化に取り組んでいる第一人者でもある。

主な経歴
(株)CFネッツ 代表取締役

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的な月貸し賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。同時に某不動産仲介業者を退職。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社16社、総社員数120名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。 実業家だけでなく不動産投資家としても著名であり、また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「炭火焼蔵」「六本木 遊ヶ崎」「手打ちそば葉山商店」などの飲食店を経営する美食家としても知られている。
 著書に「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」ほか多数。 現在、FMヨコハマとJ-COMテレビで「ここが知りたい不動産」、J-COMテレビ「大人の歩き方」にレギュラー出演し、その他、ニュース番組にも登場している。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
中国式ソフト整体院
東五反田にある痛くない中国式ソフト整体院
【CF Net's CHANNEL】

格安の動画制作はスタジオAOBA

格安動画制作ならスタジオAOBA

CF Net's CHANNELの動画の動画はスタジオAOBAが作成しています。

【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー
【執筆書籍】