CFネッツ代表[公式]「不動産投資成功の方程式」倉橋隆行のプロに学ぶアッと驚く不動産投資

実務経験豊富なプロの不動産コンサルタント、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼なども公開しています!

2018年08月24日

結局、真の不動産コンサルタント会社は当社しかない。

だから、もっとスキルを上げ続ける。


やばい!どんどん社員に順位を奪われている!
↓ まずは、応援の一押しを!
不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ↑応援して頂くと更新の励みになります!


顧客サービスは、
スキルアップして提供できるサービスの質を上げるしかない。

というような朝礼です。

ぜひ、お時間のある時にご覧ください!

「倉橋隆行 朝礼」。お時間のある時にご覧ください。
過去のものはユーチューブでも視聴できます!
ユーチューブで「倉橋隆行」で検索してください!



※ 下記要約は、ユーチューブが見られない環境の方のために、企画社員が要約文を書いています。
  お時間ができたら、「ユーチューブ」をご覧いただければと思います。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
↑ 人気ブログランキング10位以内へ!
応援のクリックをよろしく!





先日大阪で「教訓。」の出版記念講演をやってきました。来た人が昔から来てくれている人か全く知らない人の2つに分かれていた感じでした。この朝礼を見ている人達も来ていてもらえていて、あと、学生さんも3人、4人来てくれてました。他にも古くから来てくれている人が挨拶に来てくれて、参加者の感想を聞くと評判が良かった。
もともとは賃貸トラブルのセミナーがあって、相続対策のセミナーもある、建設関係のセミナーもある。最近始めたのがセグメンテーションのリフォームのセミナー、今回は馬鹿に効くと教訓のセミナー。
よく考えてみると幅広いセミナーができるので全部やってきたことが結果的に良かったと思っている

セミナーのなかで投資家のセミナーがある、金融機関の関係のセミナーがある、不動産投資のカテゴリーがある、これってなんのためにあるのか。資産防衛だったりとか、年金対策とか、資産の増大とかの話になる。その中でもカテゴリーはいっぱいある。資産を増やすということでは不動産投資だけではなく不動産に投資する法人を作ってその法人を活用しながらファミリーをどういう形に持っていくかという形があり、そこの分野も重要。
ある一定の所まで来たら、違う仕事もチャレンジしながら成果を出す。いろいろなことをやりながら、一つ一つ成果を出しているつもり、その成果が出来きたところについてセミナーやったり講演したり本にしたりしている。

この間ラジオで教訓に対する質問が来たときに、倉橋さんってなんのために本を出しているのか。を質問された。
いま大小合わせて31冊本を出している。33歳のときから書き出していて、27年間で31冊出している。毎年1冊以上出していることになる。それってなんのためにやっているのかと思うのだけれど、自分の仕事について誇りを持っている。その誇りを他人汚されるのが嫌いだから先に旗を立てて、思いついたこと、自分がやってきたこと社会に役に立つと持ったことは一番最初に旗を立てて、せっかく努力した結果、告知しないと社会のためにならない。それをやらないとセミナーやって出版物を自費出版で出して、、セミナーをやって人を集めて何かを売りつける。そういう人達がいる。私達がセミナーをやっている利用はなにか、もともと、あっと驚く不動産という本を出して、その頃は社員が3人しかいなかったから日本全国訪問して顧問料で稼いで養っていた時代があった。自分がいかないと稼げなかったから、ほんの反響があって、ひとりひとり個別相談もできないから、30人集まったらセミナーをやっていた。
来た人達が初歩的なセミナーに不満を持っていて、数字化の理由を知りたがったりして、そういう要望が集まったから中級コースみたいなのをやって、不横断投資の指標を教えてあげたら不動産投資はリスクがないってわかってもらって、買ったものが一番重要。
利回りを上げるのではなくて買った場所が一番重要だと気がついた。だから安心できる物件はどこがいい、キャップレートというものがあって投資分析をする。お今の投資分析で見合うエリアがここだよねって買ってもらったのが1億3千8百万の物件。管理ももらってはじめた。
顧問をやっていたところに謝りを入れて、実業に戻してはじめた。
今は普通になったけれど根底が違う。他の人達はセミナーをやって集めて営業に使う。
自分たちの考えたことを教えて理解してもらった人達に、ものを買ってもらう。そこが根底的に違う。
似ているけれど違う。
相続対策も、自分の相続対策があるから研究をしている、会社も経営しているから、減価償却の使い方とk勉強をしている。それって役に立つからそれを本に書くことをしている。
昨日のセミナーをやって頭を整理できたのだけれど、他人にはどうすればいいかわかってきているけれど、そもそもの志はどうなのか。やはり日本一のコンサルタント会社を作りたいという発想で始まった。

うちみたいな会社はないから、似ているところはあるけれどない。
無いということはマーケットにおいて供給もしくはサービスが追いつかないということ。今回みたいなスマートデイズみたいなトラブルが起きる。あれは根底に誤りがあるからみんなが迷惑を被った。うちの顧客は根底の誤りを犯さない。だからうまくいく。
うちみたいな会社が日本全国に浸透していけば世の中の不動産の関する見方が変わる。それを求めている。求めているものはもっと突き進むこと、社会をひっくり返すこと。今の不動産業を変えないと不動産に対する市場は的確なもしくは明確な判断ができない。その基準を作るのは僕たちである。
社員がセミナーをやっているけれど同じ様な内容でやるので泊違う研究をして違う分野をもっと開拓してください。

今回賃貸トラブルのセミナーをやるのだけれど、すごい楽しみにしている。8年前にやったセミナーがあるのだけれど、そのセミナーの内容があまり変わらない。これも楽しみです。
賃貸管理というマーケット進んできた。一番最初に旗を立てたから神奈川県から管理という仕事が浸透した。今は管理の仕事がなかったら優秀な人材は外に出ていっちゃう。ある意味では旗を立てることはとても重要。我々がこれからやろうとしていることはまず最初に旗を立てて公表する。これが一番。
ずっと続けていきたいので協力してください。



👇 本日も応援よろしく!



不動産投資ランキングへ



個別相談申し込みは 0120-177-213 まで。
倉橋の著書&DVDはこちら



2018kyoukun_syuppann
サラリーマン時代の誘惑や組織内でのストレス、そして、多くの起業での考え方や失敗などの体験談を、弊社代表の倉橋が赤裸々書いた著書「教訓」の出版記念講演となります。老若男女、どなたにも参考になると思いますが、親子での参加もお勧めです。どうぞ、この機会にご参加ください。



2018sisann_keisei
不動産投資を成功させるには、優良なパートナーが欠かせません。もし空室が長期間続いてしまったら? 融資や金利が大きく変化したら? 住人からクレームが入ってしまったら? そんな時に頼りになるのは、的確な提案ができるパートナーが居ることです。CFネッツが常に意識するのは、オーナーの皆様と共に長期間歩んでいくことです。その場限りの売買だけではありません。シェアハウス問題など、様々なリスクが取り上げられる中、なぜCFネッツが提案する不動産投資は失敗しないのか?その資資産形成術を余すことなくお伝え致します。




2018kubun_1kagetu_a
「昼間は忙しくて参加できない」という方向けに区分マンション投資を得意とする現役のコンサルタント陣が実務に必要な要素を4つのカテゴリに分けて解説させていただきます。90分セミナーなので、お仕事帰りや日中忙しい方もサクッとご参加できます。各講義内容は“シンプルに、わかりやすく”をモットーにまとめましたので、初心者の方も安心。




20180916kurahashi_kiyoukenn
6月、7月に東京・大阪で開催し、大好評のうちに終了しましたプラチナ出版の新刊『賃貸トラブル解決のプロと弁護士がこっそり教える 賃貸トラブル解決の手続と方法』出版記念講演。今回、監修者であるCFネッツグループ代表・倉橋による追加講演が決定いたしました!賃貸仲介・管理の画一的な業務整備がなされていなかった20数年前に、業界で初めてそれらのマニュアルを作成し出版したのを皮切りに、1998年には「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を執筆した監修者が、プロパティマネジメント業務の真髄をお伝えします。この機会に是非、ご参加ください。

◆詳細・お申し込みはこちらから



kindle_banner




人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!



cfnets at 07:30│Comments(0)clip!朝礼講話 | 社長の日誌

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

【筆者のプロフィール】
Y.C.A.(ヨコハマ.コンピューター.アカデミー)在学中、輸出関連会社を起こすも、ココム規制(COCOM=対共産圏輸出規制)により廃業。 その後、25歳で某不動産仲介業者に就職。その会社で営業部門でトップの業績を果たし、新入社員の時から広告に携わり、副店長を経て企画課課長に就任。C.I.戦略(コーポレート.アイデンティティー)導入や、社内のロゴマークのデザイン、新規出店計画やリクルート活動をこなし、また地域戦略を実践し、地域文化活動なども主宰する。 その後、新規事業の賃貸管理業務とコンサルティングを併せた事業を開発し、企画課長と並行して同事業部の所長に就任、経常利益率35%超の日本一と言われた事業構築に成功する。 1993年(平成5年)「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍し、日本全国で業界団体の講演などの活動が始まった。 1998年「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を出版。 北野たけし氏の番組「ここが変だよ日本人」に出演したことから、「ジェネレーションジャングル」「ワールドビジネスサテライト」など、テレビにも多数出演している。 2000年、CFネッツを軸としたグループ会社を立ち上げ「アッと驚く 不動産投資」(住宅新報社)を出版。あの「金持ち父さん貧乏父さん」(ロバートキヨサキ著 筑摩書房)の発売前に不動産投資の著書を日本で初めて出版したことから、全国的講演依頼が殺到し、その後、数々の不動産投資に関する著書を発表、現在では、不動産投資の世界でもカリスマ的な存在となっている。 また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて受験して取得しており、現IREN−JAPANを創設し、日本国内のプロパティマネジメントの近代化に取り組んでいる第一人者でもある。

主な経歴
(株)CFネッツ 代表取締役

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的な月貸し賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。同時に某不動産仲介業者を退職。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社16社、総社員数120名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。 実業家だけでなく不動産投資家としても著名であり、また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「炭火焼蔵」「六本木 遊ヶ崎」「手打ちそば葉山商店」などの飲食店を経営する美食家としても知られている。
 著書に「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」ほか多数。 現在、FMヨコハマとJ-COMテレビで「ここが知りたい不動産」、J-COMテレビ「大人の歩き方」にレギュラー出演し、その他、ニュース番組にも登場している。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
【CF Net's CHANNEL】
CFチャンネル
【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー
【執筆書籍】