CFネッツ代表[公式]「不動産投資成功の方程式」倉橋隆行のプロに学ぶアッと驚く不動産投資

実務経験豊富なプロの不動産コンサルタント、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼なども公開しています!

2018年08月22日

道徳、倫理、法律。最後は法律に照らし合わせて判断する。

我々の業務は、最後は法律と照らし合わせることになる。


やばい!どんどん社員に順位を奪われている!
↓ まずは、応援の一押しを!
不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ↑応援して頂くと更新の励みになります!


従って、我々自体が法律を知らないといけない。

契約書に書いてあっても、強行法規には勝てないのである。


というような朝礼です。

ぜひ、お時間のある時にご覧ください!

「倉橋隆行 朝礼」。お時間のある時にご覧ください。
過去のものはユーチューブでも視聴できます!
ユーチューブで「倉橋隆行」で検索してください!



※ 下記要約は、ユーチューブが見られない環境の方のために、企画社員が要約文を書いています。
  お時間ができたら、「ユーチューブ」をご覧いただければと思います。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
↑ 人気ブログランキング10位以内へ!
応援のクリックをよろしく!



教訓の講演があったので内容を詰めていたら、馬鹿に効く薬のときのレジュメと重なることが多かったので内容を追加して昨日完成した。
来月に賃貸トラブルのセミナーをやるのだけれど、その際、この前出版した『賃貸トラブル解決の手続と方法』を目を通して、前の賃貸トラブル100番のセミナーのレジュメと見比べてみたら、手続きだからそんなに変わるところがない。それで新しいものを追加したりして作っているのだけれど、よく考えてみたら今回のこの本は社員は読んでいますか?
一応、社内の人が書いた本だから、すごい参考になることがいっぱい書いてある。うちの社員は希望すれば渡すので、それが一つの向上心につながる。
本は書いている人は時間をかけていろいろなことを考えて書いている。それをわかりやすく分類しながら書いている。
監修するときもその流れじゃだめだとか、追加したりして仕上げている。
そこには書いている人のノウハウが全部入っている。
その本を読むことで、実務に基づいているからその人の経験が習得できる。それを元にして動くのと知らないまま手探りで動いて業務が停滞しまったり処理ができなくてやめていってしまう人達がいる。

例えば賃貸借契約書に"貸主が6ヶ月前に通知をすれば契約の解除ができる"と書いてあっても、本当に解約できるかと言ったら基本的にはできない。
それは民法の契約では契約書に書いてあることが優先されるけれど、借地借家法の強行法規で借り主が同意しないと契約の解除ができない。それをするには6ヶ月以上前に通知をして、6ヶ月立ったら遅滞なく異議を述べて、その正当事由を立証できなければ契約の解除はできない。
いろいろなオーナーさんが契約書に書いてあると言うのだけれど、相手方が承諾しなければ解除できないものなんですよ。と説明しても納得しないオーナーさんもいる。先方が承諾をしなければ、裁判をするしかなくなる。でも、例えば法廷で裁判官に説明をすると、そういう事も知らないで貸家業をやっているのかと裁判官に笑われる。我々が理解していれば、わざわざ争わなくていいことを争ってオーナーさんが恥をかくようなことにならない。
賃料の中に減価償却費が含まれていて、経年劣化についての原状回復費用は借り主に請求はできない。ということを知らない大家もいる。言っていることが信用出来ないのなら市役所とかで行われている無料の相談に行ってきなさいと言うとシュンとなるか、それでも強情を言う人がいるけれど、そうなると敷金返還請求の少額訴訟の書類を作って裁判所で争ってもらうしか無い。
最後は法律で判断するしか無い。

道徳があって倫理があって法律
社会通念上、普通に暮らさなければいけないのが道徳
倫理は個人個人の倫理観、オーナーさんも倫理観を持って借主さんも倫理観を持っていて、そこではじめて正当な契約が成立する。
片方が倫理観がないとなると最後は法律に照らし合わせるしか無い。法律としてどうなのか。強行法規だから勝てない。勝てないことを説明ができればトラブることがない。
賃貸に関係する人は事務の人も含めて、片岡さんや瀬戸さんが書いたのだから読んでおいたほうがいい。そうすると頭の中で法律という判断基準ができて、先が読める仕事ができるからトラブルが減る。昔は、無料でオーナーに言われたことをやっていたから、契約本数が増えるほど無料の仕事が積み重なるから、仕事ができる人ほどが辛くてやめていくということになる。知識というのはある意味で効率を生むから知識を蓄えたほうがいいと思います。そういう意識を持って仕事をお願いします。


👇 本日も応援よろしく!



不動産投資ランキングへ



個別相談申し込みは 0120-177-213 まで。
倉橋の著書&DVDはこちら



2018kyoukun_syuppann
サラリーマン時代の誘惑や組織内でのストレス、そして、多くの起業での考え方や失敗などの体験談を、弊社代表の倉橋が赤裸々書いた著書「教訓」の出版記念講演となります。老若男女、どなたにも参考になると思いますが、親子での参加もお勧めです。どうぞ、この機会にご参加ください。



2018sisann_keisei
不動産投資を成功させるには、優良なパートナーが欠かせません。もし空室が長期間続いてしまったら? 融資や金利が大きく変化したら? 住人からクレームが入ってしまったら? そんな時に頼りになるのは、的確な提案ができるパートナーが居ることです。CFネッツが常に意識するのは、オーナーの皆様と共に長期間歩んでいくことです。その場限りの売買だけではありません。シェアハウス問題など、様々なリスクが取り上げられる中、なぜCFネッツが提案する不動産投資は失敗しないのか?その資資産形成術を余すことなくお伝え致します。




2018kubun_1kagetu_a
「昼間は忙しくて参加できない」という方向けに区分マンション投資を得意とする現役のコンサルタント陣が実務に必要な要素を4つのカテゴリに分けて解説させていただきます。90分セミナーなので、お仕事帰りや日中忙しい方もサクッとご参加できます。各講義内容は“シンプルに、わかりやすく”をモットーにまとめましたので、初心者の方も安心。




20180916kurahashi_kiyoukenn
6月、7月に東京・大阪で開催し、大好評のうちに終了しましたプラチナ出版の新刊『賃貸トラブル解決のプロと弁護士がこっそり教える 賃貸トラブル解決の手続と方法』出版記念講演。今回、監修者であるCFネッツグループ代表・倉橋による追加講演が決定いたしました!賃貸仲介・管理の画一的な業務整備がなされていなかった20数年前に、業界で初めてそれらのマニュアルを作成し出版したのを皮切りに、1998年には「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を執筆した監修者が、プロパティマネジメント業務の真髄をお伝えします。この機会に是非、ご参加ください。

◆詳細・お申し込みはこちらから



kindle_banner




人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!



cfnets at 07:30│Comments(0)clip!朝礼講話 | 社長の日誌

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

【筆者のプロフィール】
Y.C.A.(ヨコハマ.コンピューター.アカデミー)在学中、輸出関連会社を起こすも、ココム規制(COCOM=対共産圏輸出規制)により廃業。 その後、25歳で某不動産仲介業者に就職。その会社で営業部門でトップの業績を果たし、新入社員の時から広告に携わり、副店長を経て企画課課長に就任。C.I.戦略(コーポレート.アイデンティティー)導入や、社内のロゴマークのデザイン、新規出店計画やリクルート活動をこなし、また地域戦略を実践し、地域文化活動なども主宰する。 その後、新規事業の賃貸管理業務とコンサルティングを併せた事業を開発し、企画課長と並行して同事業部の所長に就任、経常利益率35%超の日本一と言われた事業構築に成功する。 1993年(平成5年)「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍し、日本全国で業界団体の講演などの活動が始まった。 1998年「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を出版。 北野たけし氏の番組「ここが変だよ日本人」に出演したことから、「ジェネレーションジャングル」「ワールドビジネスサテライト」など、テレビにも多数出演している。 2000年、CFネッツを軸としたグループ会社を立ち上げ「アッと驚く 不動産投資」(住宅新報社)を出版。あの「金持ち父さん貧乏父さん」(ロバートキヨサキ著 筑摩書房)の発売前に不動産投資の著書を日本で初めて出版したことから、全国的講演依頼が殺到し、その後、数々の不動産投資に関する著書を発表、現在では、不動産投資の世界でもカリスマ的な存在となっている。 また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて受験して取得しており、現IREN−JAPANを創設し、日本国内のプロパティマネジメントの近代化に取り組んでいる第一人者でもある。

主な経歴
(株)CFネッツ 代表取締役

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的な月貸し賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。同時に某不動産仲介業者を退職。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社16社、総社員数120名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。 実業家だけでなく不動産投資家としても著名であり、また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「炭火焼蔵」「六本木 遊ヶ崎」「手打ちそば葉山商店」などの飲食店を経営する美食家としても知られている。
 著書に「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」ほか多数。 現在、FMヨコハマとJ-COMテレビで「ここが知りたい不動産」、J-COMテレビ「大人の歩き方」にレギュラー出演し、その他、ニュース番組にも登場している。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
【CF Net's CHANNEL】
CFチャンネル
【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー
【執筆書籍】