CFネッツ代表[公式]「不動産投資成功の方程式」倉橋隆行のプロに学ぶアッと驚く不動産投資

実務経験豊富なプロの不動産コンサルタント、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼なども公開しています!

2018年06月11日

仕事の進め方、成長する人、しない人。

仕事をする上での心構えを伝えています!


↓ まずは、応援の一押しを!



不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ ↑応援して頂くと更新の励みになります



「倉橋隆行 朝礼」。お時間のある時にご覧ください。

過去のものはユーチューブでも視聴できます!
ユーチューブで「倉橋隆行」で検索してください!



先週から、まだ具体的には言えないけれど新しいプロジェクトが始まった。
昔、三浦の下町城ヶ島活性化事業を第二期でうけて、2年間助成金が出ることになったが、スタートの段階で地元の人から色々なことを言われたため断り、お金はもらってないが未だに事業をやっている。

これは結構風化しているが、この事業自体がスタートしてメインが弊社で今まで継続している。もう一つは続けてはいるんだけどほとんど風化している状態になっている。
そこで今度は新しいことを、先週急に依頼を受けて、昨日おとといで、おとといのテレビの収録のあと、午後から市役所の人と打ち合わせをして、方針をきめて、色んな準備や買い物を1日していた。家具とかを揃えなければならないため、買いに行ったら、家具屋さんでは家具を置いているだけで展示品を注文するとそこから作りはじめる。
気に入ったテーブルを4セットくださいといったら、「4セットって何をするんですか」と聞かれ、これから事業で使うと言って交渉した。
工場に電話したら在庫が何もないという。ぎりぎり8月の半ばからスタートする事業なのだけど、
8月7日に完成して送ると言われた。
 1日でも遅れたら大変なことになると言ったら、そこまではがんばりますと言っていた。

昨日行ったから良かったが、行かなかったら妥協する家具になってしまうし、
妥協する何かになってしまう。
妥協することがあまり好きではない。
妥協して失敗することはいっぱいある。
やっぱり仕事は妥協してはいけない。
ある程度自分がこうやろう、と方針を決めたら、全部責任は自分。

ここがちょっと感覚が違う人が多い。物事をする時に、仕事を頼まれやったときに、
うまくいかないとだいたい予算の都合や誰かのせいにする。そうすると結局満足ができない。
僕は常に満足するために仕事している。
ひとつひとつを金額面ではもちろん妥協するが、コストは下げて見栄えが良く、どういう人をターゲットにするか絞り込むから、その選択すると言うのと、
もう一つは判断し、決断し、実行する。
決断をして実行をしない人がいる。結局時間に間に合わなくなり、どうなるかというと大失敗になる。

色んな人が色んなことをやる。期限を決めない。期限を決めないで何かをやろうとするから絶対うまくいくわけない。
今回は期限が決まっているから早く動かなければいけない。
昨日は全部捨てて、全部準備などをして色んな人に電話をかけ連絡しながら
休みの日もつきあってもらってた。昨日やらなかったら危なかった。

昨日行って、決断をして実行をしたから間に合う。例えばリフォームなんかでも同じ。
期日をきめてやるがその日までに色んな段階があって色んな形がある。
予算は決まっている。予算の中でどのくらいの成果があがるのか決めて行動しないといけない。
全てありとあらゆることは会社の中でいっぱいある。
人は、修練する人しない人がいる、修練する人はどんどん蓄積される、電話一本、社内のこと、分野のこと、たとえばどこで繋げば良いか分かったりする。
新人はそれができない。相談もできないし会社の中もわからない、誰に言っていいかもわからない人は多い。
この人たちが1年くらい経つと、あ、これはこの人、その人、とわかるようになる。
わかるようになるとは何かというと、いつも興味を持ってものごとに取り組んでると言うこと。
取り組まないと、どうなるかというと全部人任せになる。
頼まれたことを 僕じゃない、と誰かに相談して、「すいません、お願いします」となる。
自分に仕事を頼まれているのに「すいません、お願いします」になる。
責任感のある人は解決する。が、頼んでいる人は何も身につかない。いつもそういうことを繰り返しやっていることで身につかないで時間だけ過ぎる人がいっぱいいる。
何かと言うと、決断しない実行しない。
生きているうちで仕事をするなかで一番やってはいけないのは決断しなくてやらない人。
もう一つは決断したのにやらない人もいる。
辞めていったひとでもいたが、自分で決断し、やらない。
後から、できると思いませんでしたと言う。2年間なにをしていたのかと言う話。
すべてそう。決断するけどやらない人が一番怖い。
同じ人間だけど新築の物件で、一年半くらいすぐ決まる物件が空いていて、本人が怒った。
「決まらないわけがない!」と犯人探しをしたら自分だった。
内装関係をせっかく自分でプランを決めて、家賃が高く取れるようにする、とやっていたのに
1年半くらい経ってやったことも忘れて、決断してもやっていなかった。
やっていなくてCFネッツは150~60万損している。
その間にやらなかった結果「誰なんだ」と言っている。
やるって言ってやらないのが一番怖い。頼んだことをやらない。
頼んだ側はやっていると思っている。
結局そのあと1年半くらい経って、仕方がないからみんなで動いてすぐ決めた。
期間損失というのは一番会社の中で一番高い。
やると決めたらやる。
成果というのを求めないと。期日を決めないと。
先月の方針会で小川くんがスピーチをした。彼はサイボウズを全部入れていると言った。
毎日やることをサイボウズにいれている。
それを計画しながら動いている、当たり前のこと。
もう一つは期間を短く効率を選べば非効率になる。だから非効率なことをやることによって効率よくなる。当たり前。
お客様との打ち合わせを密にすればクレームはない。お客様と打ち合わせを密にしないからクレームになる。
クレームをあとから修正すると莫大な時間がかかる。
ひとつひとつの仕事を簡潔にする。判断して実行して結果を出すこと。
これを繰り返しやらなければならない。
今回も新しい事業だけど10年掛かって、
昨日も夜、7時半から打ち合わせがあった。
10年前に僕たちが考えてやっていたがまだうまくいっていない話。
突飛な発想をし全員から無理といわれたが、商工会議所のみんな集まって、
わざわざ店をしめて夜市役所の人も来てまじめにうけてるのだけどピントがずれていた。
思うのは、ただ何もやらない人より、意見を言って撃沈された方が良いと思う。
僕は若い時はいつも撃沈されていた。
色んなことを言うが、撃沈されていた、だんだん年をとるとなんとなく撃沈されずに
前にスタートする。
昨日も仕事が終わって蔵でご飯を食べていたら地元の人がいてリフォームの仕事などの相談がきた。
打ち合わせをするとまたネットワークが広がる。
ネットワークが狭い人はだめ。僕は打ち合わせなどでもその場で電話をする。
一番効率の良い人に電話をし取り決めをする。すぐに取り掛かる。
この時点で何かのプロジェクトで動く時に、明日やりましょう、再来週、来月、となるとスタートが遅くなる。
決めて行動したことについても成果が出ることが遅くなる。
またそのうち忘れて成果がないこともある。
まず決断して実行すること、走りながら考えることが大切。
これから色んな動きがあるからぜひ協力してもらいと思う。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキング
↑ 人気ブログランキング10位以内へ!
応援のクリックをよろしく!




不動産投資ランキングへ



個別相談申し込みは 0120-177-213 まで。
倉橋の著書&DVDはこちら


FMヨコハマ、テレビ神奈川、ジェイコムTVの「ここが知りたい不動産」のリスナーからの要望にお応えし、不動産投資の基礎知識セミナーを開催します!
お陰様で、すでに50名以上の応募があります。会場は60人規模ですので、ご希望の方はお早目にお申し込みください!
なお、お申込みいただいた場合、キャンセルする場合は、お早目にお知らせください。
今回も、満席でキャンセル待ちが出る可能性がありますので、ご協力のほど、よろしくお願いいたします!


2018kokosiri_ftoushi

最近よくニュースで見かける不動産投資会社の不祥事。弊社代表倉橋初の著書「アッと驚く不動産投資」が発売されてから早18年が経ちました。その間にも様々な不動産投資に関わる書籍が発売されましたが、誤った情報を出版する書籍も多くあり、読者を混乱させました。そこで今回、J:COMやFM横浜でお馴染みの「ここが知りたい不動産」のリスナーからの要望で、不動産投資の基礎セミナーを開催することになりました。弊社CFネッツが積み上げてきた正しい不動産文化を皆様にお話する貴重な機会です。正しい不動産知識を知る為や、再認識のためにも有用なセミナーとなっております。是非ともご参加ください。

◆詳細・お申し込みはこちらから


2018ftoushi_hazikoko
一見難しそうに見られがちな不動産投資。これから行うには何から始めればいい?今後の市況や融資は?といった最低限おさえておかなければいけないポイントをご紹介します。また、不動産業界に20年以上身を置いている木内だからこそ分かる、不動産営業マンの見極め方、優良物件を紹介していただくための業者との付き合い方も含めお話させていただきます。

◆詳細・お申し込みはこちらから


2018tokyo_tbunseki
不動産投資の仕組みはどのようになっているのか?合計で9つの指標を使って、「効率性」と「安全性」の両指標を意識しながら、収益の上げ方を理解するための構造と過程を解説させて頂きます。現場で徹底的に鍛え上げられた中元CPMの話は教科書的ではなく、より実践に近い話を聞くことができます。また、「投資分析」というテーマにて絞って聞ける数少ない機会です。是非この機会にご参加下さい。

◆詳細・お申し込みはこちらから



2018nagoya_sizyoubunseki

今世間を騒がしている不動産投資の詐欺により、業者に騙され投資不適格物件を購入してしまった投資家は数多く存在します。これは決して他人事ではなく、誰にでも起こりうる事なのです。不動産投資で大事な事は、安定的に事業を続けるために「今後継続して貸し続けることが出来る物件を選ぶ」という事です。今後、人口減少をむかえる日本で、どのエリアに、どのような物件を選べば良いかをPM(賃貸管理)とAM(物件売買)両方の実務に精通している呉山CPMがお伝えします。

◆詳細・お申し込みはこちらから



2018zeirishi_souzoku
相続税対策は早めが肝心です。その下準備として知らなくてはいけない、相続税と贈与税の基礎知識。相続人は誰?いくらから相続税がかかる?土地や家屋、生命保険や株式の評価方法を学びます。税理士でありながらも不動産鑑定士の資格を持つ三原が分かりやすく解説させていただきます。
【見逃せない最終講演】4都道府県で開催した大人気セミナーが「大船」開催決定!
バブル経済が崩壊し、既に30年近く経ち、国民の所得が減少していましたが、この間に資産を増やせた人と、そうでない人の違いはなんだったのでしょうか。その答えを、今回のセミナーで弊社代表の倉橋が直接解説させて頂きます。今回のセミナーでは、さらにバージョンアップして、資産管理法人と個人の不動産投資の違いなども分かりやすく解説させて頂きますので、ぜひ、この機会にご参加ください。





kindle_banner






人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!



cfnets at 07:30│Comments(0)clip!朝礼講話 | 社長の日誌

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

【筆者のプロフィール】
Y.C.A.(ヨコハマ.コンピューター.アカデミー)在学中、輸出関連会社を起こすも、ココム規制(COCOM=対共産圏輸出規制)により廃業。 その後、25歳で某不動産仲介業者に就職。その会社で営業部門でトップの業績を果たし、新入社員の時から広告に携わり、副店長を経て企画課課長に就任。C.I.戦略(コーポレート.アイデンティティー)導入や、社内のロゴマークのデザイン、新規出店計画やリクルート活動をこなし、また地域戦略を実践し、地域文化活動なども主宰する。 その後、新規事業の賃貸管理業務とコンサルティングを併せた事業を開発し、企画課長と並行して同事業部の所長に就任、経常利益率35%超の日本一と言われた事業構築に成功する。 1993年(平成5年)「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍し、日本全国で業界団体の講演などの活動が始まった。 1998年「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を出版。 北野たけし氏の番組「ここが変だよ日本人」に出演したことから、「ジェネレーションジャングル」「ワールドビジネスサテライト」など、テレビにも多数出演している。 2000年、CFネッツを軸としたグループ会社を立ち上げ「アッと驚く 不動産投資」(住宅新報社)を出版。あの「金持ち父さん貧乏父さん」(ロバートキヨサキ著 筑摩書房)の発売前に不動産投資の著書を日本で初めて出版したことから、全国的講演依頼が殺到し、その後、数々の不動産投資に関する著書を発表、現在では、不動産投資の世界でもカリスマ的な存在となっている。 また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて受験して取得しており、現IREN−JAPANを創設し、日本国内のプロパティマネジメントの近代化に取り組んでいる第一人者でもある。

主な経歴
(株)CFネッツ 代表取締役

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的な月貸し賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。同時に某不動産仲介業者を退職。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社16社、総社員数120名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。 実業家だけでなく不動産投資家としても著名であり、また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「炭火焼蔵」「六本木 遊ヶ崎」「手打ちそば葉山商店」などの飲食店を経営する美食家としても知られている。
 著書に「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」ほか多数。 現在、FMヨコハマとJ-COMテレビで「ここが知りたい不動産」、J-COMテレビ「大人の歩き方」にレギュラー出演し、その他、ニュース番組にも登場している。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
【CF Net's CHANNEL】
CFチャンネル
【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー
【執筆書籍】