CFネッツ代表[公式]「不動産投資成功の方程式」倉橋隆行のプロに学ぶアッと驚く不動産投資

実務経験豊富なプロの不動産コンサルタント、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼なども公開しています!

2017年08月01日

拘り。

豊かな人生観は、拘りから!






不動産投資ランキングへ

人気ブログランキングへ

↑応援して頂くと更新の励みになります。


20374476_1437309573028736_1103543385208988698_n

最近、あまりテレビなどを見る時間が少なくなったが、先日、けちな番組をやっていた。

よく考えると、最近のテレビ番組は、あまりお金をかけられないのか、昔のように華やかさがなくなってきたような気がする。

歌番組も、なんだか、そこいらへんのカラオケボックスにいるような子供たちが歌っていたり、番組のトーク番組も節操のない世間話を延々と引っ張る。

番組制作に対する拘りが失われたような気がする。

拘り=無駄。

べつに食事は拘らないで、ハンバーガーでも食べていればおなかはたまるし、時間も短縮できる。

べつに旅行など行かずに、家でゲームでもしていれば時間はつぶせる。

などなど。

なんとなく、拘りのない人生はつまらないものと考えるのは、世代の違いなのだろうか。

先日も、若者が「免許取ったばかりだから、車は買えない」という話を聞いた。

ん?免許取ったんだったら、車買ったほうがいいのに、というと

最近、若者の初心者の保険が異常に高いらしく、いくら安い中古車でも保険が高すぎて買えないという。

なるほど。

私の時代は、まず単車の免許を取ったら単車を買い、車の免許をとったら車が買えた。

当時も、保険代とか維持費だとか考えると大変だったが、今のように高くは感じなかった。

親からは、車を買うのはいいが、保険だけは入っておけときつく言われていたから、かならず保険には入っていた。

そして、どんどん夢がそがれてゆく、今の若者の環境はいかがなものか。

なんとなく日本の経済は、うまく回っていないことは、かような若者のほうが敏感のようだが、もっと夢の持てる社会の構造を作り上げるには、利益の上げられる社会の構造を作らないといけない。

そして、お金がまわる社会構造を作り上げないといけないのに、政治も行政も、一向に改善に向ける策はなく、残念なことに、避難ばかりで責任のない正義を振りかざすだけだ。

以前にも書いたが、サラリーマンに一定の経費を認めてあげればお金は回る。

ふるさと納税などのように、他の地域の納税を景品で釣るようなことを繰り返しても、収税コストが上がっているだけで、社会全体にはマイナスだ。

例えば、車で通勤する人には、車の減価償却やガソリン代などが経費で落とせるとすれば、車も売れるだろうし、第一、パソコンなどは、普通、個人で使うほうが少ないのだから経費で認められるようにすればいい。

文房具なども、そうだ。

そうすれば、所得税は多少下がるかもしれないが、消費税は格段に収税できるのである。

家族と食事するときなども、一定の経費を認めてあげたり、地方の公務員の給料の支払い分の一部を、地元の地域振興券にして地元にお金を落とさせるなどすれば、お金は回る。

ん〜、少し、頭をひねるひと、いないのか。

なんか、嫌な感じだ。



では。



というわけで、読み終わった方は

下記の応援を、お願いします!


不動産投資ランキングへ

人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!

※ 最新の著書はこちら


※ CFネッツ採用情報はこちら


三浦三崎のブルース。
時の魔法&大人の恋の遊ヶ崎
絶賛発売中!


_SL1500_

アマゾンで予約開始。

※ 
ご購入はこちら





↓ 読み終えた方は、ぜひ、下記のクリックを忘れずに!







不動産投資ランキングへ


人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!

※ 最新の著書はこちら



この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

【筆者のプロフィール】
Y.C.A.(ヨコハマ.コンピューター.アカデミー)在学中、輸出関連会社を起こすも、ココム規制(COCOM=対共産圏輸出規制)により廃業。 その後、25歳で某不動産仲介業者に就職。その会社で営業部門でトップの業績を果たし、新入社員の時から広告に携わり、副店長を経て企画課課長に就任。C.I.戦略(コーポレート.アイデンティティー)導入や、社内のロゴマークのデザイン、新規出店計画やリクルート活動をこなし、また地域戦略を実践し、地域文化活動なども主宰する。 その後、新規事業の賃貸管理業務とコンサルティングを併せた事業を開発し、企画課長と並行して同事業部の所長に就任、経常利益率35%超の日本一と言われた事業構築に成功する。 1993年(平成5年)「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍し、日本全国で業界団体の講演などの活動が始まった。 1998年「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を出版。 北野たけし氏の番組「ここが変だよ日本人」に出演したことから、「ジェネレーションジャングル」「ワールドビジネスサテライト」など、テレビにも多数出演している。 2000年、CFネッツを軸としたグループ会社を立ち上げ「アッと驚く 不動産投資」(住宅新報社)を出版。あの「金持ち父さん貧乏父さん」(ロバートキヨサキ著 筑摩書房)の発売前に不動産投資の著書を日本で初めて出版したことから、全国的講演依頼が殺到し、その後、数々の不動産投資に関する著書を発表、現在では、不動産投資の世界でもカリスマ的な存在となっている。 また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて受験して取得しており、現IREN−JAPANを創設し、日本国内のプロパティマネジメントの近代化に取り組んでいる第一人者でもある。

主な経歴
(株)CFネッツ 代表取締役

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的な月貸し賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。同時に某不動産仲介業者を退職。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社16社、総社員数120名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。 実業家だけでなく不動産投資家としても著名であり、また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「炭火焼蔵」「六本木 遊ヶ崎」「手打ちそば葉山商店」などの飲食店を経営する美食家としても知られている。
 著書に「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」ほか多数。 現在、FMヨコハマとJ-COMテレビで「ここが知りたい不動産」、J-COMテレビ「大人の歩き方」にレギュラー出演し、その他、ニュース番組にも登場している。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
【CF Net's CHANNEL】
CFチャンネル
【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー
【執筆書籍】