CFネッツ代表[公式]「不動産投資成功の方程式」倉橋隆行のプロに学ぶアッと驚く不動産投資

実務経験豊富なプロの不動産コンサルタント、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼なども公開しています!

2017年04月08日

新会社、設立。

いよいよ、発表。



不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります‼️



昨日から、台湾に来ている。

本日、下記の通り、いよいよ台湾での講演する。


17458285_200076063820362_1603926928859391483_n


さて、一応、そろそろ発表してよいということで、発表する。

いよいよ新しい会社がスタートするが、この会社は、中国本土や台湾などのアジアの人たちに対して不動産投資、あるいは住居やリゾートなどを斡旋する会社である。

会社名は「日居不動産」いう会社である。


今回は初めての試みであるため、当社の経営陣の1部を株主にし、代表者は、「周 帆」と言う中国では、かなり有名な人物が行うことになった。

周帆氏のウィキペディアはこちら


彼とはもう1年近くの付き合いになるが、事業を一緒にやろうと言うのは、ここ最近決まったことである。

当社が新浪(シナ)ジャパンとの業務提携を行い、新浪不動産のウェブサイトについて、運営等も協力しながら行ってきたところ、新浪不動産はウェブサイトの会社であって、宅地建物取引業の免許がなく、直接的な取引ができない。

ウェブサイトについては、様々な不動産会社が提携行って物件情報を載せてはいるが、中国本土に対して、直接的にアプローチできる手段は、やはり日本に不動産会社を持つことから始めることが賢明であることを提案し、今回の不動産会社の立ち上げに至ったのである。

中国に行ってわかったことであるが、日本と中国の不動産投資に対する考え方は全く違うものであり、日本は長期運用を目的として金融機関から低利で借り入れし、レバレッジを活用して不動産投資を行うが、中国の場合は短期借入金によって、大きな不動産を動かし、売り抜けて利益を得ると言うキャピタルゲイン狙い、つまり日本で言うと転売業者やゼネコンとかデベロッパーそのものに投資するようなものである。

さらに中国の金利は、8%以上であり、中国での借り入れを使って日本の不動産でレバレッジをかけて投資をするということは難しい。

また中国では、日本でキャップレートが3% 4%の都心部の不動産に投資すると言うよりも、むしろ中国銀行に定期預金をつけているだけで5%オーバーの金利を得られ、かつ中国の本土は金利に対する課税がないので、キャッシュフローベースで考えると、わざわざ日本に不動産投資を行う事情は全くないのである。

しかしながら、現在、起きているのは、中国の資産家は資産を保全すると言う動きが活発化している。

日本の不動産は、外国人にも自由に売買ができると言う、外国人から見たら大変なメリットであるが、日本においては大変なリスクと言える。

そこで、やはり我々のような不動産コンサルタントは、社会と照らし合わせて日本に投資するスキームを考えることが重要である。

実際に中国の人は、日本に投資として不動産を保有すると言う方法も考えられるが、資産の保全と言う考え方もあり、日本の不動産の安定性を考えると、やはり、将来の為替変動による資産の目減りと言うことを考慮すれば、日本の不動産は魅力だと言う。

さらに日本の富裕層の人たちと言うのは、お金もあるけども時間のない方が非常に多い。

しかし中国の富裕層の人たちは、すでに労働の対価を得ることなく資産運用で暮らしているため、その暮らしぶりを海外に移転すると言う考え方も実はあったりする。

現在中国の富裕層の人で、日本に美術館を作りたいと言うオファーをいただいており、その土地の紹介をしようと考えているが、残念ながら希望するような規模の土地を紹介できるに至っていない。

また、現在、日本全国でリゾート地は非常に安くなっていて、日本人は、価値を見出していないが、中国の人たちに紹介をすると非常に気にいっていたいいただけたりする。

さらに現在進行中なのは、三浦市に観光の誘致を行うと言う動きがあり、今年の夏にひょっとすると実行できるかもしれない状況になっている。

日本人は日本国内の観光について、作られた観光地を重んじるが、海外の人たちは、むしろ作られたリゾート地よりも歴史を積み重ねた自然なものをや、自国で体感できないものを体感できると言うものを望んでいたりするので、新たなビジネスチャンスとして、日本の不動産の活用方法の1つとして提案ができのではないかと考えている

この勢いで、オールアジアでのビジネスサイクルが出来上がれば面白いと思う。

どうぞ、お楽しみに。

では。

※ CFネッツ採用情報はこちら






不動産投資ランキングへ





top_fairslide1_pc

CFネッツフェア2017
全ての不動産市場のニーズを捉え、実務に落とし込むスキルを養う!

CFネッツグループが総力をあげて開催する、年に一度の不動産市場の祭典「CFネッツフェア2017」を今年も開催いたします! 大型セミナー会場では、代表倉橋をはじめ、AM・PM事業部の各事業部による企画、関係企業のプレゼンテーション等々、今年も大注目企画が目白押し!中・小会場でも様々な不動産関連セミナーを実施いたします!

今年のフェアは会場ごとに、金融機関様・建材業者様・テナント業者様など、エリアごとにブースを配置しております。各ブースでは不動産資産の運用になくてはならない専門家が最新情報をご提供します。今年も不動産・不動産投資の祭典「CFネッツフェア」を是非お楽しみください。スタッフ一同、心よりお待ちしております。
◆詳細・お申し込みはこちらから


20170415yamauchi_apart_kisoのコピー

一棟アパートを勉強する上で、最初はどのような事を学んで実行すればいいのかわからないものです。数々の書籍も読めば読むほど、それが自分にとって正しい選択なのかどうかと不安にもなります。このセミナーでは、道を踏み外さないために知っておくべきアパート投資の基礎を学んでいただけます。アパート投資とはどういうものなのか、どういう見方をすればリスクの低い不動産投資ができるのか、そして自分自身にとって目指すアパート投資とは何か?をわかりやすくお伝えします。

◆詳細・お申し込みはこちらから





20170326_kkantei
どうしても先送りになってしまいがちな相続対策。でも、そのまま放っておくと、取り返しのつかないことになってしまうかもしれません。財産はあるのに、それを自由に使えず生活が苦しくなる。。。相続対策をしなければ土地の大半を売却しなければならなくなることが分かっているのに、何もすることができない。。。また「相続税が発生しても土地を売却すればいいや」と思ってる地主さん。2022年から順次生産緑地が解除されて、売地として市場に出てくることはほぼ確実です。そうなってから売却しようとしても、思った値段で売れません。当セミナーでは後見制度、民事信託、法人化、生産緑地などについてお話させていただきます。
◆詳細・お申し込みはこちらから


2017nakamoto_moukeru_tokyo
本セミナーの講師は、自身も10年超の不動産投資経験を持つアパマン大家でありながら、現場にて多くの不動産投資コンサルティングと資産取得提案の実績を持つ中元CPMとなります。
現場で徹底的に叩き上げられた氏の話だからこそ、決して教科書的ではない、より実践的な話が聞けるのではないでしょうか。そんな氏の「投資分析」というテーマにて絞って聞ける数少ない機会です。是非この機会にご参加下さい。

◆詳細・お申し込みはこちらから


人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

【筆者のプロフィール】
Y.C.A.(ヨコハマ.コンピューター.アカデミー)在学中、輸出関連会社を起こすも、ココム規制(COCOM=対共産圏輸出規制)により廃業。 その後、25歳で某不動産仲介業者に就職。その会社で営業部門でトップの業績を果たし、新入社員の時から広告に携わり、副店長を経て企画課課長に就任。C.I.戦略(コーポレート.アイデンティティー)導入や、社内のロゴマークのデザイン、新規出店計画やリクルート活動をこなし、また地域戦略を実践し、地域文化活動なども主宰する。 その後、新規事業の賃貸管理業務とコンサルティングを併せた事業を開発し、企画課長と並行して同事業部の所長に就任、経常利益率35%超の日本一と言われた事業構築に成功する。 1993年(平成5年)「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍し、日本全国で業界団体の講演などの活動が始まった。 1998年「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を出版。 北野たけし氏の番組「ここが変だよ日本人」に出演したことから、「ジェネレーションジャングル」「ワールドビジネスサテライト」など、テレビにも多数出演している。 2000年、CFネッツを軸としたグループ会社を立ち上げ「アッと驚く 不動産投資」(住宅新報社)を出版。あの「金持ち父さん貧乏父さん」(ロバートキヨサキ著 筑摩書房)の発売前に不動産投資の著書を日本で初めて出版したことから、全国的講演依頼が殺到し、その後、数々の不動産投資に関する著書を発表、現在では、不動産投資の世界でもカリスマ的な存在となっている。 また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて受験して取得しており、現IREN−JAPANを創設し、日本国内のプロパティマネジメントの近代化に取り組んでいる第一人者でもある。

主な経歴
(株)CFネッツ 代表取締役

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的な月貸し賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。同時に某不動産仲介業者を退職。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社16社、総社員数120名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。 実業家だけでなく不動産投資家としても著名であり、また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「炭火焼蔵」「六本木 遊ヶ崎」「手打ちそば葉山商店」などの飲食店を経営する美食家としても知られている。
 著書に「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」ほか多数。 現在、FMヨコハマとJ-COMテレビで「ここが知りたい不動産」、J-COMテレビ「大人の歩き方」にレギュラー出演し、その他、ニュース番組にも登場している。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
中国式ソフト整体院
東五反田にある痛くない中国式ソフト整体院
【CF Net's CHANNEL】

格安の動画制作はスタジオAOBA

格安動画制作ならスタジオAOBA

CF Net's CHANNELの動画の動画はスタジオAOBAが作成しています。

【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー
【執筆書籍】