CFネッツグループ代表[公式]倉橋隆行「不動産のプロに学ぶ」最新情報ブログ!

CFネッツグループCEO倉橋隆行のブログ。実務経験豊富なプロの不動産コンサルタントの意見や、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼や動画、出演番組なども公開しています!

2017年01月30日

相場の予測は、AIなどで判断できない。

結果から導き出されたビックデータでは、残念ながら将来予測はできていない。




不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!






※ CFネッツ採用情報はこちら

トランプ大統領が誕生することになって、まだ何もしていないのに憶測だけで株価が上がって円安が進んでいるいる。
株価は実体経済と関係なく動くから、将来価値を見込んで株価が動く。期待で物事が動くと、これから先もっと期待が外れると思う。そうすると日本の経済において株価で維持できている会社がいっぱいでてくる。
前にすごく優秀なデベロッパーが黒字倒産した事があった。収益構造は良くて商売も上手くいっていた。ところが株価が下がって融資がつかなくなった。会社というのはキャッシュフローやバランスシートがある。上場しているとバランスシートが株価の時価額で動く。株価が下がると、時価額が下がって、いくら利益が出ていても金融機関から融資を受けることができなくなってしまう。それで会社が倒産してしまって大変な事になった。

これから同じようなことがいっぱい起きると思う。それは株価の維持でなんとか生きている会社が、今年は倒産する企業が増えると思う。

株や貴金属類にも投資をした経験があるけれど、やっぱり不動産投資が良かった。何故かと言うと実体経済、商売として新たな事業をサラリーマンの人にやってもらう。それを買ってもらったものをうちが運営している。
今まで賃料が上がってこなかったけれど、これからは賃料が上がってくる。世界経済で見たら日本の賃料は不当に安い。これから二極化がもっと進みその中で勝つのは不動産だと思う。

所有物件を売りに出したら強烈な金額で売れた。これは持っているから利益になる。株価じゃなく実体経済としての不動産がこれから動きだす。どういうマーケットが有るかということを理解すれば、1Rマンションは安い物件は自己資金を少し入れると購入できる。これがこの不動産の価格が世界の標準の金額になったとすると、今の金額の比じゃないくらいの物価になると思う。

世界の経済が不安定になるから。不安定の理由は実体経済と違う商圏の不安定、資本主義が終焉する流れにおいて株価とは何か、収益還元ではない株価はかなり下がる確率が高い。
インフレというのは世界中のインフレは物価の上昇と同じに所得の上昇もあった。日本は物価の上昇は抑えられているけれど所得の上昇も抑えられている。
これをグローバルで考えると所得が低いまま物価の高騰がありえる。

日本の自給率が3割ぐらいだとして、日本で生産している分量で日本の国民は維持できない。海外から輸入しないと維持ができない。関税がTPPが撤廃になりそうだったり、トランプ大統領が隣接国や輸入する時に関税をかけるといっている。

それがグローバリスムに問題が有るからTPPで考えようというのを壊した。ヨーロッパも同じ動きになっている。日本は今まで気づきあげた信頼や流通がおかしくなる。アジアの問題、中国とロシアの経済領域についての問題が解決できるか。

中国の人口が山岳部と湾岸部での所得格差が開いて大変なことになっている。所得が上がらなくてはいけない。輸出ができなくなる。中国の経済が厳しくなる。消費はまだまだある。そうなるとマグロや鮭やカニが日本では食べられなくなるかもしれない。これから競争力が課せられる。日本の経済が相当変わる。

僕達がやるべきことというのは、もっと大きなマーケットに進もうとしている。そうしたらうちのお客さんが買ってくれたのだから、うちで売ってあげればいい。うちの努力で安く買えたのだから今の適正価格で売る。
投資家の人に物を買ってもらって出口はなるべく高く売れる技術があるのだからそこをアピールして。

売れたということはそれが相場。これから先は相場が上積みされていく、そこのところ駆け引き。
予測ができる形でコンサルをして売りについても踏み込んでいったほうが良い。
海外の方もこれから動きができる。
海外の方にも売るとするとこれから物価が上がる。生産緑地、三大都市圏の小規模宅地の評価減の使えるところはこれからもっと価値が上がる。銀行も、融資をしてくれる人が居ないのだから金融もついてくる。
これからやっていくことが社会に受け入れられる。
まずは相談をしてください。みんなが声をかけてやったほうが良い。これから先、来年再来年動きが変わってくるから、コンサルトしてちゃんと入ったほうが良い。
実体経済で僕たちは動いている。そういう意識で居てください。




不動産投資ランキングへ







20170128mihara_kakuteishinkoku


毎年1月1日から12月31日までの1年間において一定の所得がある場合には、翌年2月16日から3月15日までに確定申告・納税を行わなければなりません。 投資不動産を購入したはいいけれども、申告の仕方が分からない、節税をしたいけど方法が分からないという方のために、税理士による確定申告セミナーを行わせて頂きます。また、今後のために、法人化のメリットについてもお話しさせていただきます。

 ◆詳細・お申し込みはこちらから


2017tokyo_oneroom_purchase

首都圏でワンルームを購入するための、重要なポイントを分かりやすく解説いたします。円安効果や2020年のオリンピック開催に向けて、物件価格がますます上昇している中で、どのような物件を選定していけばいいか、また最近の融資状況についても、金融機関名を実名で教えちゃいます!ワンルーム購入を検討されている方必見のセミナーです。皆様のご参加をお待ちしております。

 ◆詳細・お申し込みはこちらから



20170211yokohama_basic_seminar


不動産投資を始めたい!!でも、自分はどんな物件を買えるのか?ローンはどこの銀行でどうやって組むの? 購入に必要な自己資金は?物件の選定方法は?どれくらいのキャッシュフローが出るのか?みんなはどんな物件を買っているのか? 不動産投資関連の書籍やセミナーでは、みんな言っていることがバラバラで、何が正しいのか全くわからず、 なかなか購入まで踏み込めない、という方も多いのではないでしょうか? 当セミナーでは、堅実に資産を築くために成功するポイントをわかりやすくご説明いたします。

 ◆詳細・お申し込みはこちらから

人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!


cfnets at 07:30│Comments(0)TrackBack(0)clip!朝礼講話 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

【筆者のプロフィール】
1958年生まれ。CFネッツ代表取締役兼CFネッツグループ最高責任者であり、グループ企業十数社を率いる現役の実業家。20社を超える起業に携わり、複数の事業再生案件も成功させている。
また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて取得しており、現IREN−JAPANの創生に携わり、2002年の会長に就任している。また、1993年(平成5年)には日本で初めてPMマニュアル「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍し、日本全国で業界団体の講演などの活動が始まった。
1998年「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を出版。北野たけしさんの番組「ここが変だよ日本人」に出演し、その後、バラエティ番組にタレントとしても活動する。
2000年に日本で初めての不動産コンサルタント会社CFネッツを創業。不動産コンサルティング業界の第一人者であり、いまだグループ企業の創生を続けている。
不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動やテレビ、ラジオにも多数出演し、日本全国で講演なども行っている。
また、不動産投資家としても著名であり、2000年には日本で初めての不動産投資の著書「プロが教えるアッと驚く不動産投資」(住宅新報社刊)を出版し、「不動産投資成功の方程式」(朝日新聞出版社刊)など多くの著書も上梓している。
また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、澤田痴陶人美術館も所有運営し、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「三崎港蔵」「六本木 遊ヶ崎」「三崎港ラーメン」「伊万里ちゃんぽん」などの飲食店の経営やプロデュースする美食家としても知られ、プロデュースした店舗がミシュランガイドに2店舗が掲載されている。
またユーチューブを活用したオンラインセミナーやCFネッツで行われている朝礼なども公開しており、多くのファンが存在する。
テレビ出演では「ここが変だよ日本人」「ジェネレーションジャングル」「ワールドビジネスサテライト」「ジョブチューン」「大人の歩き方」「ここが知りたい不動産」などに出演し、ラジオではFMヨコハマ「ここが知りたい不動産」にレギュラー出演している。  著書には「賃貸トラブル110番」「やっぱり不動産投資が一番」「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」「生島ヒロシの相続一直線」「都市農地はこう変わる」「教訓」「賃貸トラブル解決の手続きと方法」「不動産投資 新プロの流儀」ほか多数。

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的なウイークリー・マンスリー賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社18社、総社員数130名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
【CF Net's CHANNEL】
CFチャンネル
【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー