CFネッツグループ代表[公式]倉橋隆行「不動産のプロに学ぶ」最新情報ブログ!

CFネッツグループCEO倉橋隆行のブログ。実務経験豊富なプロの不動産コンサルタントの意見や、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼や動画、出演番組なども公開しています!

2016年01月27日

今年は、私が相続対策と土地活用などを直接、担当します!

jyuku_top02[1]

またもや、今年度も「不動産コンサルタント養成講座」が始まる。




人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!


世の中には、名ばかりのコンサルタントが山ほどいる。

前職会社では、某経営コンサルタント会社を崇拝しており、私の担当部署にもさまざまな形でかかわっていたが、あまりの無能ぶりに、私の担当部署からは外れてもらった。

どこからか聞いてきたことをわが社に落とし込もうとするだけで、法外な金額を要求される。

優秀企業視察にも参加したが、私が参加した頃の企業は、ほとんど倒産してなくなっている。

実は、経営コンサルタントという人たちが成功するなら、起業して、とっくに成功できるはずである。

私自身、41歳で起業した時は、経営コンサルタントとして、7社ほど見させてもらったり、大手のハウスメーカーやゼネコン、不動産会社の営業研修などをやらせてもらっていた経験がある。

その時には、前記のようなコンサルタントと勘違いされていたのか、最初は面倒くさい参加態度だったが、具体的な実務経験の中での講義や、いま持っている案件に対し、具体的な指示をして業績が上がってきたころには、毎月、訪問するのを楽しみにしてくれていた。

しかし、何となく実業から離れて、コンサルタントなどやっていると、前記のようなコンサルタントのような誤解を受けるし、前職会社で行ってきたことは、前職会社があったからでしょ、みたいな陰口もたたかれたり、なんとなく不快な一年間を過ごしていた。

では、自分の実力を、実業で証明しないとダメだな、と思い、実業に費やす時間を増やしたことで、現在に至っている。

あっという間に、16社の起業に携わり、多くの会社の代表や役員を務めている。

私の場合、不動産投資だけではなく、実業の投資も行っており、いまとなっては、以前のように他社のコンサルまではできないが、結構、教育というものは好きなほうなのだ。

で、仕方がないので、不動産コンサルタント養成講座なるものの前身である「倉橋塾」という形で講義することになり、私自身が訪問するのではなく、皆さんに来ていただくようにしたのである。

これからの不動産業の行方や建設業の行方は不透明であるが、確実にニーズをつかんで実業に落とし込むことができる。

それが、従来の不動産業や建設業でなく、コンサルの入り口を設けいることだ。

以下は、不動産コンサルタント養成講座の募集の文面。

今回、4年連続で参加する人もいたりするので、ご希望の方は、ぜひ、お早めにお申し込みください!

では。


日本で初めて不動産コンサルを業として根付かせた会社、それが私達シー・エフ・ネッツです。
シー・エフ・ネッツは、日本より10年進んでいると言われる不動産投資の先進国、アメリカにいち早く目を向け、全米不動産管理協会が公認する全米不動産経営管理士の理論体系を日本市場に落とし込むことで他社にはまねする事ができない不動産コンサルで成功を収めています。これからの不動産コンサルは、既存不動産業からの知識や経験だけでは成功する事はできません。

不動産コンサルでは「虫の目」「鳥の目」「魚の目」の3つの目が必要といわれています。
1つ目は「虫の目」分析力の目です。不動産投資論に基づき投資分析を図ります。虫の目の複眼を用い様々な角度から対象物件へアプローチします。もちろん物件調査などの項目は多岐にわたります。クライアントへ明確に提案するには定性的だけではなく定量的なアプローチが重要になります。

2つ目は「鳥の目」俯瞰的に物事を見る目です。目先の数字だけでの提案では適正なコンサルは行う事ができません。全体を見る事ができて初めて不動産コンサルになります。税理士・弁護士でもコンサルは出来ます。ただし、全体をみてアプローチが出来るのは不動産コンサルです。全体を見ることがより成功につながることになります。

3つ目は「魚の目」流れ、トレンドを見る目です。マーケットは常に劇的かつ流動的に動いています。過去に打った手や将来打つ手も常に変化する可能性があります。通り一辺倒ではその時代にあったコンサルをする事はできません。不動産コンサルは幅広い知識と経験が必要とされ、またスピード感をもって知識と経験の積み重ねが必要となります。

当講座はこれらの不動産コンサルに必要な全てのノウハウを取得する事を目的とした教育プログラムです。各プログラムの講座担当講師は実際にコンサルを実務として行う不動産コンサルタントとなります。投資論や法律に基づく講義と合わせ現場レベルに落とし込みをした実践形式の講座となりますので、すぐに現場に帰り実践する事が可能となります。もちろん、講座修了後も各担当講師陣だけではなくシー・エフ・ネッツが全社的にサポートいたします。参加対象は不動産コンサルを目指す方だけではなく不動産の知識を深めたい方、また社外研修でのご参加も可能です。

当講座は全9講座となっておりますが、1講座からのご参加も可能となっております。受講料には弊社が運営する城ヶ島遊ヶ崎リゾートのへの宿泊や炭火焼「蔵」などでの夕食を兼ねた懇親会も含まれております。懇親会には、CFネッツグループ代表倉橋や各担当講師も参加しますので、講座では聞けないコンサル秘話などを聞く事ができるかもしれません。アベノミクスや東京オリンピックの開催決定など不動産投資市場は活況となっている今だからこそ、本当のコンサルが必要されます。本当のコンサルを学んでみませんか?お申込みをお待ちしております

詳細はこちら



2016fudousan_houjin

世の中には、相続対策の仕事をしている人達が多くいるが、その中で自ら相続対策が必要なほどの資産を持っている人はいない。世の中には、不動産投資を勧めている人たちは多くいるが、その人達に事業的規模で行っている人は非常に少ない。世の中には、経営コンサルタントと名乗る人達は多くいるが、その人たちに事業で成功した人は皆無である。私自身、実業でも不動産投資でも成功してきたが、唯一最初にやっておけばよかったと思われること。それは、不動産投資も事業と捉えて資産の拡大を図ればよかった、ということを本講演でお話ししたいと思います。やってみてわかった「不動産投資法人」のメリット。今後、事業拡大を図りたいひとはぜひご参加ください。

◆詳細・お申し込みはこちらから


人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!


トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

【筆者のプロフィール】
1958年生まれ。CFネッツ代表取締役兼CFネッツグループ最高責任者であり、グループ企業十数社を率いる現役の実業家。20社を超える起業に携わり、複数の事業再生案件も成功させている。
また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて取得しており、現IREN−JAPANの創生に携わり、2002年の会長に就任している。また、1993年(平成5年)には日本で初めてPMマニュアル「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍し、日本全国で業界団体の講演などの活動が始まった。
1998年「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を出版。北野たけしさんの番組「ここが変だよ日本人」に出演し、その後、バラエティ番組にタレントとしても活動する。
2000年に日本で初めての不動産コンサルタント会社CFネッツを創業。不動産コンサルティング業界の第一人者であり、いまだグループ企業の創生を続けている。
不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動やテレビ、ラジオにも多数出演し、日本全国で講演なども行っている。
また、不動産投資家としても著名であり、2000年には日本で初めての不動産投資の著書「プロが教えるアッと驚く不動産投資」(住宅新報社刊)を出版し、「不動産投資成功の方程式」(朝日新聞出版社刊)など多くの著書も上梓している。
また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、澤田痴陶人美術館も所有運営し、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「三崎港蔵」「六本木 遊ヶ崎」「三崎港ラーメン」「伊万里ちゃんぽん」などの飲食店の経営やプロデュースする美食家としても知られ、プロデュースした店舗がミシュランガイドに2店舗が掲載されている。
またユーチューブを活用したオンラインセミナーやCFネッツで行われている朝礼なども公開しており、多くのファンが存在する。
テレビ出演では「ここが変だよ日本人」「ジェネレーションジャングル」「ワールドビジネスサテライト」「ジョブチューン」「大人の歩き方」「ここが知りたい不動産」などに出演し、ラジオではFMヨコハマ「ここが知りたい不動産」にレギュラー出演している。  著書には「賃貸トラブル110番」「やっぱり不動産投資が一番」「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」「生島ヒロシの相続一直線」「都市農地はこう変わる」「教訓」「賃貸トラブル解決の手続きと方法」「不動産投資 新プロの流儀」ほか多数。

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的なウイークリー・マンスリー賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社18社、総社員数130名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
【CF Net's CHANNEL】
CFチャンネル
【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー