CFネッツグループ代表[公式]倉橋隆行「不動産のプロに学ぶ」最新情報ブログ!

CFネッツグループCEO倉橋隆行のブログ。実務経験豊富なプロの不動産コンサルタントの意見や、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼や動画、出演番組なども公開しています!

2013年07月31日

古典的な「ヌキ」。

私の妻が買った物件での出来事。
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!


「○○様所有の○○マンションについて、重要なお尋ねしたいことがあります。」

と書かれた封書が届いた。

「何か、気持ち悪くない?」

ということで、仕方なく私が電話してみた。


「○○の代理のものですが、こういう内容の書面が届いたのですが」

「あ、失礼しました」と担当者と名乗る人物。

「実は、この物件が空いている様子だったので、ご連絡しました」

「まぁ、ようやく内装が終わったばかりで、いま、CFネッツと言う会社に任せているけどね」

私がCFネッツの社長とは告げない。

「実は、この物件を借りたいと言うお客様がいるのですが」

「じゃあ、CFネッツの担当者に連絡させようか?」

「いや、当社としては、直接○○様とお取引させていただきたいと思いまして・・・・・」

ん〜、よくある話だ。

実は、この行為は、法律上は何ら規定されているわけではないが、普通の会社は倫理的にやらない、いわゆる業界用語で「ヌキ」という。

物件の依頼を受けた業者は、結構なコストをかけて広告活動するのと同時に、業者間にも情報を流すことになる。
すると、かような業者が「ヌキ」に入って、自分の手数料を増やそうと試みるのである。

ん〜、いまだに、この古典的な手法で営業している会社があるとは。


「悪いけど、そんな用件なら重要なお尋ねみたいな文書を送らないでよ」

「・・・・」


「ばぁか!」とは、さすがに言わなかったが、悪質である。

悪質な営業活動をする会社は、決して満足な仕事ができない。


その昔、前職の会社のときも「大手の住宅販売会社」が公然と、この「ヌキ」で業績を伸ばしたことがあった。
しかし、結局、長続きすることはなく、最後は支店長レベルが地元の会社に誤りまわって、再度、取引ができるようになったが、コンプライアンスと企業倫理を踏み外せば、継続して仕事を失うことになるものである。


あ、そういえば、8月の10日に「名古屋」で、普通とは違うセミナーイベントを行う。

現在、50名くらいの参加予定だが、80名会場なので、まだ入れます!

ぜひ、お時間のある方は、下記の詳細を確認の上、ご参加ください!



▼ノウハウを情報開示するセミナー▼

--------------------------------------------------------------------------  
不動産投資 〜リレー形式で不動産のプロと投資家が熱く語ります〜 名古屋開催
1Dayセミナーin 名古屋 入場無料!!入退場自由!!
--------------------------------------------------------------------------  
日付:2013年8月10日(土) 開催:名古屋
講師:CFネッツグループ代表 倉橋 隆行CPM
講師:不動産コンサルタント 山内 真也CPM/CCIM
講師:不動産コンサルタント 中元 崇CPM/CCIM


【内容】
毎年東京と大阪で開催される不動産投資業界でも一大イベントとなった
「CFネッツフェアin東京」「CFネッツフェアin大阪」「他のエリアでの開催を!」との
熱いご要望にお応えしついに8月10日名古屋にて開催することが決定いたしました!
今回はより実践的な内容とするため、
装いを新たに「1日で不動産投資の本質が全てわかる不動産1dayセミナー」を
合言葉とする「出張!!不動産投資1dayセミナーin名古屋」をお届けいたします。
注目すべきは豪華な講師、卓越したセミナー内容そして個別相談充実です

詳細はこちら


-------------------------------------------------------------------------- 
倉橋のあの人気セミナー復活開催!
   
『不動産投資、成功の方程式』の著者が語る
          
「不動産投資の基礎知識」
           株式会社シー・エフ・ネッツ   代表取締役社長 倉橋 隆行

-------------------------------------------------------------------------- 

【開催日時】
2013年8月31日(土)
受  付:13:15
セミナー:13:30〜16:00
質問会:16:00〜16:30
個別相談会:16:30〜17:00


【開催場所】
有楽町国際ビジネスセンター 4階大会議室
東京都千代田区有楽町1-6-3
JR線「有楽町」駅日比谷口より徒歩2分
東京メトロ丸の内線「銀座」駅C1出口より徒歩1分


【内容目次】
1.居住用不動産は住むことが目的である が、不動産投資は色々な目的に分かれる
2.不動産保有のメリット
3.不動産投資の基本理論
4.事業用物件選定方法の3原則
5.不動産の価格を決めるもの
6.不動産投資は、売値を想定しなければ、確定できない
7.不動産投資指標
8.レバレッジ効果

【内容紹介】
 当社シー・エフ・ネッツの行う不動産投資は、国際ライセンスである米国公認不動産管理士(CPM)で用いられている理論に基づいており、購入予定物件に空室リスクなどを勘案して計算しています。そのため、購入を進めていった後に収支が破綻する危険性が少ないのです。今回は、その理論をシー・エフ・ネッツ代表取締役である倉橋自らがご説明します。現在当社コンサルタントが各地で開催しているセミナーの基になっている理論であり、同タイトルのセミナーは5年ぶりの開催になります。さらに、『不動産投資、成功の方程式』の内容も加え、現在の最新の市況についてもお伝えします。これだけの充実の内容で無料開催。これから不動産投資をはじめたい方、自宅購入などで不動産の知識を得たい方、現在持っている物件について改めて考えたい方、自分の投資に間違いがないか確認したい方必見の内容です。

 講演後には、皆様からのご質問にお応えする"質問会"をご用意。不動産に関することでしたら何でもご質問下さい。さらに、ご希望の方には、セミナー会場でお応えする個別相談会も開催いたします。多忙で予約のとりにくい倉橋をはじめとするシー・エフ・ネッツコンサルタントの個別相談を無料で受けることが出来るチャンスです。この機会に是非ご参加お待ちしています。(個別相談会はお受けできる方の数に限りがございます。申し訳ありませんがご了承願います)

詳細・お申込みはこちら!

-------------------------------------------------------------------------- 
CFネッツ流 毎年満席の人気企画               今年は四国!
『優秀企業視察ツアー2013in四国』
株式会社シー・エフ・ネッツ 代表取締役社長     倉橋 隆行
                 ゼネラルマネージャー  猪俣 淳
--------------------------------------------------------------------------

開催スケジュール:
2013年9月9日(月)
 

11:00 高松空港集合  
11:45 昼食 
13:00〜16:30
「あなぶきPMアカデミー」視察 
19:00 懇親会(松山周辺) 
20:00 ホテルチェックイン

2013年9月10日(火)

9:00 ホテル発 
9:30〜12:00
「日本エイジェント」視察 
12:30 昼食 
14:00〜16:00「三福不動産」視察 
16:30 松山空港着 
大阪駅着


お待たせしました! 毎年恒例の人気企画「CFネッツ優秀企業視察ツアー」が行われます。
全国各地でCFネッツにより厳選された優秀企業に足を運び、弊社代表「倉橋」GM「猪俣」と
ともに「見て・触れて・聴く」この企画。
今年の舞台は「四国」となりました。
「CFネッツ優秀企業視察ツアー」は、厳しい経済環境下において、独自の経営戦略や企画
で勝つづけている地元優秀企業の「本質」を学び、それを自社に落とし込む事によりご参加
される皆様の企業経営にお役にたてて頂く事を目的としております。今
回は四国でも特に皆さまに学んで頂きたい「3社」となります。
今回の企業は不動産業界においても大変注目を集める「超優良企業」となっております。
前回も申込み締切前に満席となり、参加者の皆さまにも大好評の本ツアー。
今年も満席になり次第終了とさせて頂きますので、お早めにお申し込みください。
詳細はこちら


人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

【筆者のプロフィール】
1958年生まれ。CFネッツ代表取締役兼CFネッツグループ最高責任者であり、グループ企業十数社を率いる現役の実業家。20社を超える起業に携わり、複数の事業再生案件も成功させている。
また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて取得しており、現IREN−JAPANの創生に携わり、2002年の会長に就任している。また、1993年(平成5年)には日本で初めてPMマニュアル「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍し、日本全国で業界団体の講演などの活動が始まった。
1998年「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を出版。北野たけしさんの番組「ここが変だよ日本人」に出演し、その後、バラエティ番組にタレントとしても活動する。
2000年に日本で初めての不動産コンサルタント会社CFネッツを創業。不動産コンサルティング業界の第一人者であり、いまだグループ企業の創生を続けている。
不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動やテレビ、ラジオにも多数出演し、日本全国で講演なども行っている。
また、不動産投資家としても著名であり、2000年には日本で初めての不動産投資の著書「プロが教えるアッと驚く不動産投資」(住宅新報社刊)を出版し、「不動産投資成功の方程式」(朝日新聞出版社刊)など多くの著書も上梓している。
また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、澤田痴陶人美術館も所有運営し、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「三崎港蔵」「六本木 遊ヶ崎」「三崎港ラーメン」「伊万里ちゃんぽん」などの飲食店の経営やプロデュースする美食家としても知られ、プロデュースした店舗がミシュランガイドに2店舗が掲載されている。
またユーチューブを活用したオンラインセミナーやCFネッツで行われている朝礼なども公開しており、多くのファンが存在する。
テレビ出演では「ここが変だよ日本人」「ジェネレーションジャングル」「ワールドビジネスサテライト」「ジョブチューン」「大人の歩き方」「ここが知りたい不動産」などに出演し、ラジオではFMヨコハマ「ここが知りたい不動産」にレギュラー出演している。  著書には「賃貸トラブル110番」「やっぱり不動産投資が一番」「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」「生島ヒロシの相続一直線」「都市農地はこう変わる」「教訓」「賃貸トラブル解決の手続きと方法」「不動産投資 新プロの流儀」ほか多数。

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的なウイークリー・マンスリー賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社18社、総社員数130名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
【CF Net's CHANNEL】
CFチャンネル
【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー