CFネッツグループ代表[公式]倉橋隆行「不動産のプロに学ぶ」最新情報ブログ!

実務経験豊富なプロの不動産コンサルタント、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼や出演番組なども公開しています!

2010年10月25日

現実タイム?復活!

先週、水曜日から温泉タイムが長すぎたか、ちょっとテンポが良くない。


人気ブログランキング 本日も応援の一押しは
こちらをクリックしてください!
↑ ここを押してもらえると、きっと順位は上がります!


水曜日は、地元の温泉。


木曜日から一昨日まで、大分の別府&豊後高田、で、温泉。
さすがに、昨日は、ちょっと現実モードというか現実タイムというか、ちょっと調子が取り戻せない。
海外には、サマータイムという制度を取り入れている国が多いが、日本も数度、取入れを検討したようだが実現せず。
それは、私のような性格の人が多いせいだろう。
よく「海外の人たちは、仕事を調整してバカンスを楽しんでいる」とか
「ヨーロッパでは、夏季休暇が長い為、長期のバカンスを楽しんでいる」
とか、いうが、ビジネスマンで、そんな人は少ない。
きっと日本人は勘違いさせられているのだと思うが、成功しているビジネスマンや経営者で、そんな、のんびりバカンスを楽しんでいる人など皆無である。
日本では、何でも役所が決める制度になっているから、役所の希望が国民の希望であるような錯覚を作り出して国力低下を招いているわけだが、再度、昭和の日本の時代のモチベーションを復活させるべきだ。
国民の多くは、必死に生きていた。
貧しいながら、復興を目指して、政府も国民も一緒になって造り上げてきた日本の国は、残念ながら造られた制度によって「平和ボケ」「エコ疲れ」などで、全国民が疲弊しきっている。
終身雇用制度はとっくに崩壊しているのに、大手企業、公務員希望者が相変わらず多く、起業する意思すら全くない。
就職浪人が多く存在するのに、相変わらず中小零細企業は蔑まされている。
私自身は、新入社員は「丁稚」であると、考えている。
私自身も、多くの会社で働いたことがあるが、最初は丁稚。
いろいろな仕事を覚えるのに、貪欲になった。
それがあるから、少しは一人前になるのに、現代は、
「教えてくれないから、分からない」などというものがいたり、
「それって、私の仕事じゃないじゃないですか」とか、自ら自分の仕事のテリトリーを狭めてしまう。
結局、かような人たちは、会社がなくなったり、解雇されたりして仕事がなくなっているのにも拘らず、あいかわらず「丁稚」はできない。
失われたモチベーションを取り戻さなければ、この日本という国は、再生できないのではないだろうか。

政治家の諸君、役所の諸君も、まずは自分の出来る仕事からモチベーションを高めてもらいたいものである。
結局、過去の過ちは露呈されており、さらに露呈される。
全国民が呆れ果てているのは、誰でも分かっているのだが、
「じゃぁ、こうしよう!こうすれば、日本の国民の利益は確保できる!」
というような夢のある話は出てこない。
かつて、田中角栄が、
「新潟と東京に繋がる山を切り開いて、豪雪をなくす。その切り崩した土は、東京湾の埋め立てに使えばいいんだ!」
みたいな演説を聴いたことがあるが、誰だって、そんなこと、あるわけないじゃんと思いつつも、笑いながら聞けた。
何となく、明るい気持ちになったものだ。
良い悪いは別にして、政治家は、そんなロマンがなければダメである。


そうしないと、国民のモチベーションは保てないと思うのだが。



人気ブログランキング 本日の順位確認は
人気ブログランキング

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

【筆者のプロフィール】
1958年生まれ。CFネッツ代表取締役兼CFネッツグループ最高責任者であり、グループ企業十数社を率いる現役の実業家。20社を超える起業に携わり、複数の事業再生案件も成功させている。
また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて取得しており、現IREN−JAPANの創生に携わり、2002年の会長に就任している。また、1993年(平成5年)には日本で初めてPMマニュアル「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍し、日本全国で業界団体の講演などの活動が始まった。
1998年「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を出版。北野たけしさんの番組「ここが変だよ日本人」に出演し、その後、バラエティ番組にタレントとしても活動する。
2000年に日本で初めての不動産コンサルタント会社CFネッツを創業。不動産コンサルティング業界の第一人者であり、いまだグループ企業の創生を続けている。
不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動やテレビ、ラジオにも多数出演し、日本全国で講演なども行っている。
また、不動産投資家としても著名であり、2000年には日本で初めての不動産投資の著書「プロが教えるアッと驚く不動産投資」(住宅新報社刊)を出版し、「不動産投資成功の方程式」(朝日新聞出版社刊)など多くの著書も上梓している。
また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、澤田痴陶人美術館も所有運営し、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「三崎港蔵」「六本木 遊ヶ崎」「三崎港ラーメン」「伊万里ちゃんぽん」などの飲食店の経営やプロデュースする美食家としても知られ、プロデュースした店舗がミシュランガイドに2店舗が掲載されている。
またユーチューブを活用したオンラインセミナーやCFネッツで行われている朝礼なども公開しており、多くのファンが存在する。
テレビ出演では「ここが変だよ日本人」「ジェネレーションジャングル」「ワールドビジネスサテライト」「ジョブチューン」「大人の歩き方」「ここが知りたい不動産」などに出演し、ラジオではFMヨコハマ「ここが知りたい不動産」にレギュラー出演している。  著書には「賃貸トラブル110番」「やっぱり不動産投資が一番」「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」「生島ヒロシの相続一直線」「都市農地はこう変わる」「教訓」「賃貸トラブル解決の手続きと方法」「不動産投資 新プロの流儀」ほか多数。

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的なウイークリー・マンスリー賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社18社、総社員数130名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
【CF Net's CHANNEL】
CFチャンネル
【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー