CFネッツグループ代表[公式]倉橋隆行「不動産のプロに学ぶ」最新情報ブログ!

CFネッツグループCEO倉橋隆行のブログ。実務経験豊富なプロの不動産コンサルタントの意見や、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼や動画、出演番組なども公開しています!

2008年02月25日

またもや、出張中!

結局、今も新幹線で移動中である。

 

人気ブログランキング 気になる順位はこちらで確認

 

昨日、富山の講演を終え、懇親会のときに主催者の朝日不動産の社員から

「先生、飛行機が遅れているみたいですよ!」と、うれしそうに報告を受けた。「これなら、懇親会、最後までいれますよ。」

ん〜、確かにありがたい話のようだが、これから帰る身になれば、さしてありがたい話でもない。

7時10分の羽田行きが、8時40分に変更。

ま、いいか、と思って、ご案内のとおり、懇親会最後までお付き合いをした後、石橋社長自ら空港まで送っていただき、やれやれと空港でチェックインして飛行機を待った。

・・・・・・・・・・こない!                                    

いつまでたっても、来ないばかりか、どんどん予定時刻は遅れ、挙句の果てに

「22時を超えて、出発のめどが立たない場合、欠航もありえますので、どうぞ、ご了承ください」

えっ?

ここまで待って、ゲートで待機しているのに、それはないでしょう?。と少々唖然としていたわけだが、すでに食料系の品物は売店にはなく、レストランもクローズだ。

まして、翌日は、結構重要な仕事がつかえている。

「何だ、こんなことなら新幹線で移動すればよかった!」とは、後の祭りである。

いまさら、石橋社長を呼び戻すこともできないから、運に任せるしか方法はない。

お土産屋さんで、つまみ系を物色して、うにの瓶詰めを買い、日本酒を飲んだが、さすがに、うにの瓶詰めを一本食べると、口の中はおかしくなる、ということを学習しながら、行列のできる法律相談などという番組を見ながら、飛行機を待つことになった。

「いま、羽田行きの飛行機は、羽田を出発しました!」

アナウンスの声は、多分、責められ続けて、快報をもとめていたのだろう声をあげていたので、ひょっとすると帰れるかもしれないとの期待をもち、すれすれ9時55分ころに飛行機は羽田に向けて飛んでくれた。

やれやれと、深夜に帰宅し、本日は、多忙な業務に終われ、今日こそは早めに帰って、ゆっくり風呂にでも入ろうと考えていたが

「社長、明日は6時30分ころの新幹線で大丈夫ですよ」不動産綜建の犀川が言う。明日は、大阪に出張であった。

「それって、朝だよな」あたりまえのような質問をしてしまった所

「間に合いますよ」犀川が言った。

駄目だ、間に合わない。

犀川は間に合うが、私は間に合わない。

そんなわけで、現在、新幹線の中で、このブログを書いている。

ちょっと早めに大阪入りして、居酒屋で食事でもしようと考えていたが、到着時刻は10時近くになる。

で、あれば、と、久しぶりに野毛界隈(最寄り駅は、JR京浜東北線「桜木町」か「関内」)で食事をしてから移動しよう!ということで、久しぶりに「横浜くじら屋」で食事をしてきた。

野毛界隈は、19歳で独立した際、社員をつれて、しょっちゅう飲み歩いた場所だが、現在は、かなり閉店箇所が増えて、活気が失われつつある。

私の行きつけの場所に限って、どんどん潰れている訳だが、その理由は、頑固さゆえに頑張り、採算度外視して経営しているから潰れてしまう。土地柄、高いものは売れない。

尾張屋の白子どうふも潰れたし、行きつけのバーも多数潰れた。

実は、この「横浜くじら屋」も、一度は閉店してしまったのだが、両親の心意気を感じた娘さんが引き継いでがんばっている。

もう、何年か前だが、ふらっと店の前を通ったとき、閉店したはずの「くじらや」に電気がともっており、懐かしさのあまり覗いてみたら、なんとくじら屋の親父さん自慢の服飾デザイナーの次女が店をやっているではないか。

昔話が弾み、熱燗を頼んで待つ瞬間、あろうことか、熱燗が爆発して、その娘さんが大怪我をしてしまい、救急車で運ばれていった。

しかたなしに、2〜3時間ばかり、くじら屋の店番をした経験がある。

結局、無事、店には帰ってきたのだが、その娘さんは、数年後、癌で倒れ、亡くなってしまった。

しばらく店は閉じたままだったが、ある日、復活した。

それは、次女から長女が店を引き継ぎ、営業を開始してくれたからだ。

すでに、30年も通っている店だから、潰すわけにはいかない。

私のできることは、どうせ野毛に行ったなら、必ず寄って帰ろうと心に決めて実行するしかなく、しょっちゅう顧客を連れて行って驚かせているわけだが、そんなわけで、本日も「横浜くじら屋」に寄ってきたわけである。

まず、この店のお勧めは「くじらのユッケ」。

私がこれを食べたときは「危なく、これを食わずに死ぬところだった!」と思ったくらい、旨い。

また、金曜日限定は、フライデーをかけた、くじらのフライ。

本日のお勧めは、なんと裏メニューのくじら焼き。

生で食べられる鯨肉を、自分で網焼きして食べるという絶品。

いやいや、皆さん、横浜にきたら、これらを食べなければいけない。

くじらのユッケ。これを食べずに死ぬ人がいると思うと不憫でならない。

お勧めは、5〜6人程度で行って、2階を占領し、赤軍派のアジトのように気ままに注文して、2階の冷蔵庫を空にするのが私のやり方。

また、夏場は、店の前の道路にビールケースを積んで、夕涼みをしながらユッケを肴にビールを飲む。しかし、これは、職業を変えてからは数年やっていない。

あとは、小さいカウンターだが、人見知りの激しいくじら屋の長女(今は女将さん?ママ?、ん〜、呼び方がわからない)との会話を楽しみながら、くじら料理を楽しむのが、粋。

土曜、日曜はやっていないし、家庭の事情があると店は閉めてしまうので、行くときは確認してから行っていただきたい。

今日は、私のほかに3人のお客さんが入っていたから、ちょっとホッとしたが、結構、くじらは高くつくから、昔のように大衆的なものではなくなってしまったのかもしれない。

でも、ビール、日本酒を飲んで、くじらユッケ、焼きくじら、つまみをとって、3500円。

決して高くはないと、私は思う。

安居酒屋が流行っているが、命がほしければ、極力、安全性の高い食品を食べなければならない。

ぜひ、寄ってやってもらいたい。

女将さん?は、最初、人見知りは激しいけれど、常連になると、本当は面白い人だ。

あ、そろそろ、名古屋に着く。

ん〜、寝る・・・・・・。

 

横浜くじら屋のホームページ

 

人気ブログランキング 応援の一押しはこちら



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

【筆者のプロフィール】
1958年生まれ。CFネッツ代表取締役兼CFネッツグループ最高責任者であり、グループ企業十数社を率いる現役の実業家。20社を超える起業に携わり、複数の事業再生案件も成功させている。
また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて取得しており、現IREN−JAPANの創生に携わり、2002年の会長に就任している。また、1993年(平成5年)には日本で初めてPMマニュアル「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍し、日本全国で業界団体の講演などの活動が始まった。
1998年「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を出版。北野たけしさんの番組「ここが変だよ日本人」に出演し、その後、バラエティ番組にタレントとしても活動する。
2000年に日本で初めての不動産コンサルタント会社CFネッツを創業。不動産コンサルティング業界の第一人者であり、いまだグループ企業の創生を続けている。
不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動やテレビ、ラジオにも多数出演し、日本全国で講演なども行っている。
また、不動産投資家としても著名であり、2000年には日本で初めての不動産投資の著書「プロが教えるアッと驚く不動産投資」(住宅新報社刊)を出版し、「不動産投資成功の方程式」(朝日新聞出版社刊)など多くの著書も上梓している。
また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、澤田痴陶人美術館も所有運営し、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「三崎港蔵」「六本木 遊ヶ崎」「三崎港ラーメン」「伊万里ちゃんぽん」などの飲食店の経営やプロデュースする美食家としても知られ、プロデュースした店舗がミシュランガイドに2店舗が掲載されている。
またユーチューブを活用したオンラインセミナーやCFネッツで行われている朝礼なども公開しており、多くのファンが存在する。
テレビ出演では「ここが変だよ日本人」「ジェネレーションジャングル」「ワールドビジネスサテライト」「ジョブチューン」「大人の歩き方」「ここが知りたい不動産」などに出演し、ラジオではFMヨコハマ「ここが知りたい不動産」にレギュラー出演している。  著書には「賃貸トラブル110番」「やっぱり不動産投資が一番」「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」「生島ヒロシの相続一直線」「都市農地はこう変わる」「教訓」「賃貸トラブル解決の手続きと方法」「不動産投資 新プロの流儀」ほか多数。

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的なウイークリー・マンスリー賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社18社、総社員数130名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
【CF Net's CHANNEL】
CFチャンネル
【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー