CFネッツ代表[公式]「不動産投資成功の方程式」倉橋隆行のプロに学ぶアッと驚く不動産投資

実務経験豊富なプロの不動産コンサルタント、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼なども公開しています!

2006年02月21日

現在、不動産投資の実践本、執筆中!

現在、今月の月末締め切りで、新刊書の原稿を書き進めている。
当初の予定では、3月末位の出版予定であったが、私の都合で、ちょっと遅れ気味である。
セミナーの参加者などが「今度は、どんな本なんですか?」というようなことを聞かれるが、今度の書籍は、かなり実務的な行動のプランがわかるようなものになっている。
とりあえず、本書の<はじめに>を掲載しますので、どうぞ、出版をお楽しみに!
ちなみに、まだ題名は決まっていませんが、今回の出版も「これであなたも大家さん」と同様に「週刊住宅新聞社」から発刊される。

はじめに
私は、実践的な不動産コンサルタントとして、自らも不動産投資を行い、また7つの会社を経営するかたわら、10年ほど前から、横浜、東京を拠点に全国各都市で不動産投資に関わるセミナー講師をつとめてきた。もともとセミナーの講師など、不動産関連団体の招請で行なっていたのであるが、私の著書の読者の要請で、ここ最近では、直接、個人向けのセミナーなども多く行なっている。
そんな関係でサラリーマンやOL、また自営業者の方などフツーの人たちの不動産投資に対する関心が年々高まっていくのを肌で感じとっており、セミナーに参加する皆さんが熱心に勉強していることも実感している。
しかし現実問題として、頭の中で勉強したことを活かし、すぐに不動産投資を実践できるかというと、なかなか難しい。せっかく勉強したのだから、さあ、実践しようという気持ちはわかるが、不動産投資を「やりたい」というレベルと、「できる」「成功する」というレベルとは異なる次元で考えたほうがいい。
まずは、「やりたい」という入口を突破しなければ、何も始まらない。基本編をマスターした後に、あらためて実務編をしっかりとマスターし、「できる」レベルまで達しなければ何も始まらないのである。
不動産投資は株式投資等と違い、インフラが整い、予めレールが敷かれているわけではなく、物件の選び方、銀行ローンの受け方など、実務的なノウハウを一つひとつ事前にある程度把握していかなければ、スタートを切ることさえもできない。
当社では、そのような人たちをフォローする為、セミナーの受講者や著書の読者に限定して、個別相談会というのを月に2回ほどやっているのであるが、総じて、参加者の方々は、「もっと早く、当社に来ればよかった。」という結論に達することになる。
つまり、不動産投資の著書は多く発刊されているが、実務の伴なわない著書があふれており、結局、欲求不満のまま、不動産投資を諦めかけてしまう人が多い、ということである。お陰さまで、規模の大小はあるものの、当社で不動産投資をはじめた方の紹介で来社さる方も益々増加し、実際に不動産投資をはじめている事実は、やはり不動産投資を開始できるノウハウに他ならない。
そこで、今回、不動産投資の入口でスタートできないでいる人たちに当社コンサルタントのノウハウを紹介し、より安全で楽しい不動産投資を実践してもらおう、という狙いで執筆してみた。
ここでは、私の著書『これであなたも大家さん!』(週刊住宅新聞社発行)を読み、不動産投資の基本的な知識を頭に入れた初心者が、実践の舞台に上がるための初歩的なノウハウと成功事例を中心にまとめている。
私と、当社でアセットマネジメント(資産運用管理)部門を担当している5人の社員の実務経験をもとにして、どういう形で初心者が不動産投資を始めているのかを、成功事例とともに、初心者が困っている部分を確認し、補助しながら、基本的な実践ノウハウを提供している内容を記述している。
本書を通じて、読者の方が、不動産投資の知識の領域から第1のステージに上がり、そして将来、ステップアップして豊かな生活が送れるようになることを望んでいる。
  
執筆不動産コンサルタントメンバー
CFネッツ・グループ代表 倉橋 隆行
CFネッツ ゼネラルマネージャー 猪俣 淳
CFネッツ コンサルタント    安斎 信行
CFネッツ コンサルタント    野崎 恭一
CFネッツ コンサルタント    山田 哲也
CFネッツ コンサルタント    木内 哲也


cfnets at 11:20│Comments(0)TrackBack(0)clip!不動産投資 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

【筆者のプロフィール】
Y.C.A.(ヨコハマ.コンピューター.アカデミー)在学中、輸出関連会社を起こすも、ココム規制(COCOM=対共産圏輸出規制)により廃業。 その後、25歳で某不動産仲介業者に就職。その会社で営業部門でトップの業績を果たし、新入社員の時から広告に携わり、副店長を経て企画課課長に就任。C.I.戦略(コーポレート.アイデンティティー)導入や、社内のロゴマークのデザイン、新規出店計画やリクルート活動をこなし、また地域戦略を実践し、地域文化活動なども主宰する。 その後、新規事業の賃貸管理業務とコンサルティングを併せた事業を開発し、企画課長と並行して同事業部の所長に就任、経常利益率35%超の日本一と言われた事業構築に成功する。 1993年(平成5年)「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍し、日本全国で業界団体の講演などの活動が始まった。 1998年「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を出版。 北野たけし氏の番組「ここが変だよ日本人」に出演したことから、「ジェネレーションジャングル」「ワールドビジネスサテライト」など、テレビにも多数出演している。 2000年、CFネッツを軸としたグループ会社を立ち上げ「アッと驚く 不動産投資」(住宅新報社)を出版。あの「金持ち父さん貧乏父さん」(ロバートキヨサキ著 筑摩書房)の発売前に不動産投資の著書を日本で初めて出版したことから、全国的講演依頼が殺到し、その後、数々の不動産投資に関する著書を発表、現在では、不動産投資の世界でもカリスマ的な存在となっている。 また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて受験して取得しており、現IREN−JAPANを創設し、日本国内のプロパティマネジメントの近代化に取り組んでいる第一人者でもある。

主な経歴
(株)CFネッツ 代表取締役

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的な月貸し賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。同時に某不動産仲介業者を退職。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社16社、総社員数120名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。 実業家だけでなく不動産投資家としても著名であり、また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「炭火焼蔵」「六本木 遊ヶ崎」「手打ちそば葉山商店」などの飲食店を経営する美食家としても知られている。
 著書に「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」ほか多数。 現在、FMヨコハマとJ-COMテレビで「ここが知りたい不動産」、J-COMテレビ「大人の歩き方」にレギュラー出演し、その他、ニュース番組にも登場している。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
【CF Net's CHANNEL】
CFチャンネル
【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー
【執筆書籍】