CFネッツグループ代表[公式]倉橋隆行「不動産のプロに学ぶ」最新情報ブログ!

実務経験豊富なプロの不動産コンサルタント、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼や出演番組なども公開しています!

2005年09月18日

成功へのこころの科学 34

8e3c828f.jpgイヤな予言、予知に怯えるな!

『起きもしないことに怯えない。来もしないことに、くよくよしないこと。』

以前、富士山が爆発するなどと、具体的に西暦何年と公に発表した人がいた。
たしか気象庁OBだったと思うが、雑誌かなにかに予告して、日本中が大騒ぎしたことがあったが、結局なにも起こらなかった。
20世紀末に人類が滅亡するというノストラダムスの予言も然り。
そうした予言・予知に乗じて、詐欺的な商売をするものが出て来たり、もっともらしく加工した類書が出まわったりして、普通の人たちをおびかすのは、とんでもないことである。
それをひとつのSF話しとして面白がっている人なら無害でいいが、中には、予言・予知を本当に信じ、そのために自殺する人もいるという。
二一世紀に入った現在も、そうした、予言・予知の類いが書店の棚にいっぱいならんでいるし、そうした予言や予告をまじめに唱える宗教的な団体、また良識を持つといわれる大学の教授等もいたりする。
なにも科学的な根拠がないのに、だれかが「X年X日に○○○が起きるゾ!」、という吹聴に惑わされて、本気でくよくよするのは、いかにそうした人の話に惑わされやすい人がいるかであり、だからまた、詐欺まがいの予言者が輩出するのかもしれない。
予言・予知に惑わされないためにも、自分のポリシー・マインドをはやく確立すべきである。
以前、不動産投資に迷っているお客さんのなかに、「大地震がきたらどうしよう(投資どころじゃない)」って聞いてくる人がいたけれど、大地震がくるかもしれない、ということが迷っている原因だったとしても、私は「起きたら、起きたでしょうがないでしょう」と、それしか答えようがないのだ。良くない予知を半信半疑にして、目の前の現実に対してリスクを背負わないで、こうなったらどうしよう、ああなったら大変だ、困っちゃうとか、ずっと考えている人がいるけれども、それではいつまでたっても、ものごとは前へ進むことはない。
すこし余談になるが、私自身、予言・予知といったもの大嫌いで、まったくといっていいほど信じていないのだが、たまたま仕事の関係者から占い師を紹介されたときに、将来を占ってもらったことがあった。それで、占う前に「悪いことは聞きたくないから、いいことだけを教えてくださいね」と前置きしてみてもらったら、「あなたは、これから先、ずっと成功し続ける」って言われ、その瞬間、ちょっと良い気分になった。
が、最後に「生きていればネ」と言われ、「バカヤロー」と心の中で叫んだことがあった。
また、新興宗教を装って、あなたは地獄に陥るぞ、みたいな予言をして、教祖が信者から五千万円だましとった事件など、よくお金を騙し取られる事件がニュースでとりあげられている。
予言・予知の類が好きで、信じたいという人でも、ほどほどに遊び心でとらえるべきである。
金を目的としたイカサマ宗教と、一般社会に認知されている宗教とは違うだろうが、宗教は、自分のためにならなくては、意味がない。少なくとも、お金を求めてばかりいる宗教は、どう考えても良い宗教とは言えない。
要は、良い事も悪い事も、起きそうもないことにおびえない、信じないことである。万一、どこかの予言があたっても、「それはマグレだ」と決めつけてしまえばいいのだ。
ちなみに、予感も予知・予言の類いだと思っている。
よく、本気か冗談かわからないが「オレの感が当たる」「オレのカンピューターだと」など、自分の感に基づいた話し方をする人がいるが、勘すなわち直感とは、合理的な認識がともなわないもので、科学的でないのである。
こころを科学するのが狙いである、本「成功へのこころの科学」に反するのである。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 

【筆者のプロフィール】
1958年生まれ。CFネッツ代表取締役兼CFネッツグループ最高責任者であり、グループ企業十数社を率いる現役の実業家。20社を超える起業に携わり、複数の事業再生案件も成功させている。
また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて取得しており、現IREN−JAPANの創生に携わり、2002年の会長に就任している。また、1993年(平成5年)には日本で初めてPMマニュアル「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍し、日本全国で業界団体の講演などの活動が始まった。
1998年「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を出版。北野たけしさんの番組「ここが変だよ日本人」に出演し、その後、バラエティ番組にタレントとしても活動する。
2000年に日本で初めての不動産コンサルタント会社CFネッツを創業。不動産コンサルティング業界の第一人者であり、いまだグループ企業の創生を続けている。
不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動やテレビ、ラジオにも多数出演し、日本全国で講演なども行っている。
また、不動産投資家としても著名であり、2000年には日本で初めての不動産投資の著書「プロが教えるアッと驚く不動産投資」(住宅新報社刊)を出版し、「不動産投資成功の方程式」(朝日新聞出版社刊)など多くの著書も上梓している。
また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、澤田痴陶人美術館も所有運営し、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「三崎港蔵」「六本木 遊ヶ崎」「三崎港ラーメン」「伊万里ちゃんぽん」などの飲食店の経営やプロデュースする美食家としても知られ、プロデュースした店舗がミシュランガイドに2店舗が掲載されている。
またユーチューブを活用したオンラインセミナーやCFネッツで行われている朝礼なども公開しており、多くのファンが存在する。
テレビ出演では「ここが変だよ日本人」「ジェネレーションジャングル」「ワールドビジネスサテライト」「ジョブチューン」「大人の歩き方」「ここが知りたい不動産」などに出演し、ラジオではFMヨコハマ「ここが知りたい不動産」にレギュラー出演している。  著書には「賃貸トラブル110番」「やっぱり不動産投資が一番」「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」「生島ヒロシの相続一直線」「都市農地はこう変わる」「教訓」「賃貸トラブル解決の手続きと方法」「不動産投資 新プロの流儀」ほか多数。

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的なウイークリー・マンスリー賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社18社、総社員数130名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
【CF Net's CHANNEL】
CFチャンネル
【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー
【執筆書籍】