CFネッツグループ代表[公式]倉橋隆行「不動産のプロに学ぶ」最新情報ブログ!

CFネッツグループCEO倉橋隆行のブログ。実務経験豊富なプロの不動産コンサルタントの意見や、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼や動画、出演番組なども公開しています!

2016年10月

2016年10月21日

「ひと」の「器(うつわ)」とは、いきなり大きくはならないものである。

だから、小さい努力を怠るものは、決して大きくなれないものである。



さて、本日は、何位?
下記、ブログランキングのクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ


不動産投資ランキングへ


サンディエゴの状況は、フェイスブックでリアルに更新!
友達申請も、お気軽にどうぞ。

倉橋のフェイスブックはこちら


 

 私の経験から言うと、小さい経験の積み重ねが小さな成功につながり、次に少しだけ大きな経験を積み重ね、同様に少しだけ大きな成功の体験をする。

 その繰り返しで、振り返ってみたら大きな成功に結びついているものである。

 勿論、大志は重要だ。目標は大きければ大きいほど人生は充実する。ただ、最近の傾向として、大きな結果を求めるが故に、失敗してしまう傾向が多い。それは、簡単なことだが、小さな努力を怠るからである。

 経験を積まない人の器は脆く、ちょっとしたことで挫折する。

 昭和の時代においては、敗戦からの復興を掛けて、日本の技術は他国に負けないように創意工夫を繰り返し、経済においても高度成長を遂げることができた。それは、中小零細企業が頑張って技術革新をしてきたからだ。また、サービス業においても、同様である。

 そんな中で、働く文化、技術を身につけようとする職人気質の文化が主流で、何処の世界も師弟関係で厳しく育てられた。

 分かりやすく言えば、例えば飲食店の世界では、横浜中華街で本場の中華料理を学ぼうとすれば弟子入りをし、厳しい環境の中で技術を学ぶ。学ぶほうも真剣だから、教えるほうも真剣だ。時には料理で使うお玉で叩かれたりして、体に覚えさせる。しかし、双方、後になってみれば喜びを分かち合える環境が出来上がっているのが職人の世界である。

 技術は、早く覚えさせる。すると、成果は永く享受できるのである。

 現在、それを暴力と見る傾向があり、また人権がどうだと始まる。さらに労働基準、労働時間などが細かく決められ、働く環境は、どんどん働けない環境、技術が身につかない環境が形成されている。

 平成の時代に入って、とっくに日本経済の仕組み自体が崩壊しているのに、気分だけは皆中流意識が蔓延し、先進国ぶっているだけである。

 また、ITバブルのときのように、IPO(initial public offering:証券新規株式公開)ブームによって、本末転倒な企業が上場して、若者の意識は一攫千金の夢に走り、能力もないのに働かない人が蔓延してしまった。

 私自身は、残念ながら、昭和の時代と現在の平成の時代では、明らかな変化が起きてしまった気がしてならない。平成に入ってからは、あまりにも豊かさを求め過ぎたが故に、精神的な豊かさ、国の豊かさが阻害されてしまってきているように思う。正直言って、方法論、教育が間違っているといわざるを得ない。

 どちらが正しいかと考えると、私自身は、仕事をしていて仕事ができないことが不幸だと考えている。

 不動産コンサルタントの仕事とは、法律、税務、建築など、多岐にわたった知識を経験で積んで行かなければならない。それを、なるべく早い段階で叩き込むには、並大抵の苦労ではない。当社に憧れて入社する人の中には、私をはじめとするコンサルタントの姿が、直ぐにでもなれると勘違いして入社する人がいる。面接の段階で、この人は無理だと判断する人は最初からお断りしているが、入社した人の中にも耐え切れずに辞めてしまう人もいる。

 それらの多くは、残念ながら小さな努力ができない、あるいは耐えられる能力がないのである。

 私自身、この制度を緩めるつもりもないし、職場から学ぶ姿勢を自由にするつもりもない。

 人の成長とは、いきなり大きくはならないことを知っているから、成長の速度を速める努力を怠ることはしない。

 結果、世の中に通用する不動産コンサルタントが、どんどん育っている事実を見れば歴然である。


では。

頑張ってブログ更新しています!


今日も応援の一押しをお願いします!


人気ブログランキングへ






今年度の総括と、来年度に打つべき手をご参加者様だけに特別教授!

CFネッツ会員の皆様に日頃の感謝を込めた、一年に一度の特別企画、毎年好評の「スペシャルセミナー&大忘年会」を開催致します!CFネッツ会員様限定で、100名様のみの募集となります!

第1部は、本年度の総括と、来年度の大胆市場予測を「社長倉橋」「副社長木内」が熱く語るスペシャルセミナー。来年度の投資戦略をお持ち帰りください。

第2部は、1年を締めくくる大忘年会。お客様の横にはCFネッツコンサルタントが同席します。不動産投資のヒントや、新たな投資情報が発見できるかもしれません!今回の特別企画は、多数在籍している会員様には申し訳ございませんが、応募人数の上限を100名様とさせて頂きます。是非、お早目のお申し込みをお勧め致します!年末のお忙しい時期ではありますが、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。





2016年10月20日

資本主義経済とは・・・・、サンディエゴにて。

本当に、それが正しいのかは疑問。


さて、本日は、何位?
下記、ブログランキングのクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ


不動産投資ランキングへ


サンディエゴの状況は、フェイスブックでリアルに更新!
友達申請も、お気軽にどうぞ。

倉橋のフェイスブックはこちら


IMG_2707


サンディエゴについた。

初日は、IREMのミーティングがないので、妻と街をぶらぶらしたり、食事をしたりして楽しんだ。

街を歩いていて、気になることがある。

かつて、日本では、昭和の時代に高度成長期を迎え、経済も所得も高みを味わい、その謳歌した時代が終焉し、バブル経済が崩壊した。

それから25年以上たったいま、現状の日本国はどうだろうか。

今回、サンディエゴというアメリカのなかでも有数といわれるリゾート地であるが、メキシコの国境に近いこともあるのか、何となく、以前来たことのある街とは、若干、雰囲気は変わった。

以前来た時には、街には活気があり、ひとがあふれていたが、今回、感じたことは、いまいち人が少ない。


IMG_2711


ホテルは、ヒルトン サンディエゴ ベイフロントだったので、歩ける範囲で、シーボートビレッジ、ウエストフィールド・ショッピングセンターにいったのだが、どちらもガラガラで、あまり買いたいものもなかった。

なんとなく、前回、オーストラリアのゴールドコーストに行った時のような雰囲気を感じた。

世界中で資本が還流し、発展しつづけた国際社会では、どうも仕組み的におかしくなってきているのではないか。

このサンディエゴで、多くの浮浪者を見かけた。

日本では、最近、あまり浮浪者を見かけない。

世界中では、インフレで苦しむ人たちが多い中、日本はデフレで苦しむ唯一の国だ。

日本では、働く場所がないなどといって働かずに家で引きこもっていても生活ができるが、世界では通用しない。

海外に出ると、いつも思うのだが、地域格差、所得格差は開く一方であり、資本主義経済社会の中では、生産性労働力の所得は下がる一方で、金融性付加価値の創造による所得が高い構造だから、本来の通貨という意味での価値が二極化することは仕方がないのかもしれない。

ん〜、悲観するわけではないが、楽観することもできない。

消費者に所得を与えないと右肩上がりの社会構造は作れない。

IMG_2717


こんなきれいな空を見ながら、ふつふつと日本の将来を考えていた。

答えは、なんとなく見えてきている。




では。

頑張ってブログ更新しています!


今日も応援の一押しをお願いします!


人気ブログランキングへ




今年度の総括と、来年度に打つべき手をご参加者様だけに特別教授!

CFネッツ会員の皆様に日頃の感謝を込めた、一年に一度の特別企画、毎年好評の「スペシャルセミナー&大忘年会」を開催致します!CFネッツ会員様限定で、100名様のみの募集となります!

第1部は、本年度の総括と、来年度の大胆市場予測を「社長倉橋」「副社長木内」が熱く語るスペシャルセミナー。来年度の投資戦略をお持ち帰りください。

第2部は、1年を締めくくる大忘年会。お客様の横にはCFネッツコンサルタントが同席します。不動産投資のヒントや、新たな投資情報が発見できるかもしれません!今回の特別企画は、多数在籍している会員様には申し訳ございませんが、応募人数の上限を100名様とさせて頂きます。是非、お早目のお申し込みをお勧め致します!年末のお忙しい時期ではありますが、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。





2016年10月19日

国際ライセンスCPM、昨日の続き。

とりあえず、ブログだとアップが面倒なので。


さて、本日は、何位?
下記、ブログランキングのクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ


不動産投資ランキングへ


サンディエゴの状況は、フェイスブックをご覧ください!

倉橋のフェイスブックはこちら


<昨日の続き>


実は、今だから言えるが、発足して2年目の2002年に私が会長を務めたわけだが、その時には、ほんとうにCPMの称号がとれるまでの正式な道のりはわかっていなかった。

私自身も、会長だったが、CPMは取得していなかった。

周囲から、何時になったらとれるんだ、との質問に対し、わからないけど、もう間もなくの辛抱だ、などと慰めていただけだった。

当時、CPMはマネジメントレポートを提出しないと取得できないということを主張する人がいて、かなり、そこには無理があったが、本当にそうであれば書くしかないなと思っていた。

ところが、それは嘘で、MPSAという試験を受ければ大丈夫だということがわかり、ハワイで受験してCPMを取得することができた。

そのときも、わけのわからない非難をあびたが、とりあえず数名で成功事例をつくった。

現在、MPSAでの取得は、100%である。

マネジメントプランの提出で取得する人は誰もいないし、私たちを非難した人たちも、結局はMPSAで取得していることを考えれば、我々の行動がいかに正しかったかがわかると思う。

あのまま非難をされたことで、MPSAを受けに行ってなければ、現在の状況はなかったのである。

ある一部の人たちの利権の為だけのものになっていた。

それでは、駄目なのである。

単なる資格ビジネスになるところだった。

今回、当社では7名で来ている。

多分、全部で20名以上いるのではないか。

多分、日本で一番、CPMホルダーの多い会社だと思う。

今回は、様々な角度から意見交換を行い、当社の新たなビジネスモデルの模索に役立てて頂きたいと思う。

私は、今回、上海の方々と交流をし、アジアでの不動産市場と、来月行われる上海のカンファレンスの打ち合わせと、今後の取り組みなどの意見交換がメインだ。


では。

頑張ってブログ更新しています!


今日も応援の一押しをお願いします!


人気ブログランキングへ





今年度の総括と、来年度に打つべき手をご参加者様だけに特別教授!

CFネッツ会員の皆様に日頃の感謝を込めた、一年に一度の特別企画、毎年好評の「スペシャルセミナー&大忘年会」を開催致します!CFネッツ会員様限定で、100名様のみの募集となります!

第1部は、本年度の総括と、来年度の大胆市場予測を「社長倉橋」「副社長木内」が熱く語るスペシャルセミナー。来年度の投資戦略をお持ち帰りください。

第2部は、1年を締めくくる大忘年会。お客様の横にはCFネッツコンサルタントが同席します。不動産投資のヒントや、新たな投資情報が発見できるかもしれません!今回の特別企画は、多数在籍している会員様には申し訳ございませんが、応募人数の上限を100名様とさせて頂きます。是非、お早目のお申し込みをお勧め致します!年末のお忙しい時期ではありますが、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。





2016年10月18日

アメリカ、サンディエゴへ行ってきます!

IREMのカンファレンスに出席するためだ。


さて、本日は、何位?
下記、ブログランキングのクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ


不動産投資ランキングへ


今日の夜の便で向かう。

2001年に発足したIREM−JAPANの前身であるJREMがスタートして、すでに15年という月日がたった。

当時、現在の国際ライセンスであるCPMを取得するには、欧米に行かなくてはならず、私自身、その取得費用は700万円を超えた。

当時、7人で渡米し、何時取得できるかどうかわからないCPM取得のプログラムを毎年数回のペースで行っていた。

行くたびに、一人100万円くらいかかり、一緒に行っていたメンバーは経営者ばかりだったが、私自身は、前職会社の社員だったから、結構な出費だった。

別に会社で負担してくれるのではなく、結構、たまった代休を消化し、費用はお陰様で家賃があったので、そこから捻出した。

こんな費用では、とても日本では普及できないと、当時、R社にお願いし、不動産業界発展のために尽力してもらえないかと打診したが、とても採算性が取れないということで却下された。

その後、1999年に前職会社を退職し、2000年に現在のCFネッツという会社を起業し、少し動きやすくなったことから、翌年にJREMを立ち上げたのである。

この時にも、様々な方々から批判を頂いたり、賃貸管理の団体も、こんな倫理規定が厳しいのでは商売にならないと参加を拒否されたりした。

しかしながら、当時の賃貸管理会社の多くに必要なのは、日本独自のものではなく、グローバルな管理の手法が必要だと考え、CFネッツのほかに、CFビルマネジメントという会社をつくったのである。

当時、不動産コンサルティング技能士(現在は不動産コンサルティングマスター)の普及を不動産流通近代化センターが推進していたが、不動産業者の多くはコンサルなんかで飯は食えないなどと言っていて、資格は取っても使えない時代が長く続いた。

CFネッツでは、その当時、不動産コンサルタント会社として起業し、実績を積み重ねたことから、日本全国の不動産業界団体から呼ばれて講演などさせていただいた。

すごい懐かしい思いがある。

現在、お陰様でCPM取得者は、400名を超え、IREMの支部のうち、かなりの地位の確立ができている。


あ、出張の準備をしなければ。

続きは、あすに投稿します!


では。

頑張ってブログ更新しています!


今日も応援の一押しをお願いします!


人気ブログランキングへ






今年度の総括と、来年度に打つべき手をご参加者様だけに特別教授!

CFネッツ会員の皆様に日頃の感謝を込めた、一年に一度の特別企画、毎年好評の「スペシャルセミナー&大忘年会」を開催致します!CFネッツ会員様限定で、100名様のみの募集となります!

第1部は、本年度の総括と、来年度の大胆市場予測を「社長倉橋」「副社長木内」が熱く語るスペシャルセミナー。来年度の投資戦略をお持ち帰りください。

第2部は、1年を締めくくる大忘年会。お客様の横にはCFネッツコンサルタントが同席します。不動産投資のヒントや、新たな投資情報が発見できるかもしれません!今回の特別企画は、多数在籍している会員様には申し訳ございませんが、応募人数の上限を100名様とさせて頂きます。是非、お早目のお申し込みをお勧め致します!年末のお忙しい時期ではありますが、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。





2016年10月17日

よく知らなかったが、「うちナビ」という会社が倒産したらしい。

負債額は負債総額7億1300万円だそうだ。


さて、本日は、何位?
下記、ブログランキングのクリックをお願いします!

人気ブログランキングへ


不動産投資ランキングへ


下記は、帝国データバンクの情報である。

「東京」 (株)うちナビ(渋谷区道玄坂2−11−1、代表角南圭氏、従業員140名)は、10月12日に東京地裁へ準自己破産を申請、同日同地裁より破産手続き開始決定を受けた。

 申請代理人は、井上裕史弁護士(千代田区内幸町1−1−7、弁護士法人関西法律特許事務所東京事務所)ほか2名。

 破産管財人は、岩崎晃弁護士(中央区八丁堀4−1−3、岩崎法律事務所)。

 当社は、1995年(平成7年)11月に設立された不動産賃貸仲介業者。都内の主要駅近辺を中心に直営店「うちナビ」約20店舗を展開するほか、賃貸物件検索サイト「うちナビ」を運営していた。取扱い物件は単身者用アパートからファミリー向けマンションまで居住用物件が大半を占め、特に20〜30代の学生・社会人を主要ターゲットとして大企業、大学生協などとの法人契約を重視、賃貸仲介業務を行っていた。

 首都圏での店舗網拡充を進めるとともに、2013年秋に大阪梅田と福岡、2015年春には横浜へ直営店を出店して営業エリアを拡大、2015年3月期には年収入高約10億円を計上していた。

 しかし、累積損失を抱えつつ、多額の先行投資を要する多店舗展開を短期間に進めたことで財務面は脆弱であり、株式公開を目指してベンチャー・キャピタルからの増資なども実施していたものの必要な事業基盤や社内体制を整えることが出来なかった。女性タレントを起用したTVCMなどの広告宣伝費や店舗増加に伴う人件費の上昇もあって、昨年以降は資金繰りが悪化。店舗閉鎖などリストラを進めていたが業況は改善せず、今夏には代表の動静が注目されるようになっていた。10月12日に営業活動を停止、当社役員の申し立てにより、今回の措置となった。

 負債は2016年3月期末で約7億1300万円。

従業員140名、資本金は5億7817万5000円(資本準備金含む)だそうだ。

事業内容は賃貸の仲介と物件検索サイト運営。

 これって、なかなか厳しいのではないかと察することができる。

既にビジネスモデル自体が成り立ちにくい上、利益確保できないまま増資を繰り返す会社は危険度が高い。

だいたい、かような会社は、そもそもビジネスモデルのノウハウがないのに、資金を集めて会社を回す。

資本増強は借入金と違って、返済する必要もなく、だいたいうまいことを言って資金集めに奔走する。

ITバブルもそうだが、他の会社がうまくいっていることをいいことに、自らもうまくいっているように装い資金を集める。

その多くは、倒産し、投資家が痛い目を見ることになる。

どうも、当社の物件の客付けも少しだけだがしていた模様だが、ま、当社の場合は、賃貸管理は当社が行っているから問題はない。

これが逆だったとすると、とんでもない被害が波及することになる。

その昔、某賃貸管理会社が倒産した時には、オーナー側の被害は甚大だった。

やはり、不動産賃貸管理という事業の性格上、会社を選ぶときには、自分の財産を預けることになるのだから、財政基盤のしっかりしたところを選ぶべきだ。


気になる方は、当社を帝国バンクで調べていただきたい。


ちなみに、現在、評点は59点。

不動産業界では、1000社中、3番以内に入る評点である。



では。

頑張ってブログ更新しています!


今日も応援の一押しをお願いします!


人気ブログランキングへ






今年度の総括と、来年度に打つべき手をご参加者様だけに特別教授!

CFネッツ会員の皆様に日頃の感謝を込めた、一年に一度の特別企画、毎年好評の「スペシャルセミナー&大忘年会」を開催致します!CFネッツ会員様限定で、100名様のみの募集となります!

第1部は、本年度の総括と、来年度の大胆市場予測を「社長倉橋」「副社長木内」が熱く語るスペシャルセミナー。来年度の投資戦略をお持ち帰りください。

第2部は、1年を締めくくる大忘年会。お客様の横にはCFネッツコンサルタントが同席します。不動産投資のヒントや、新たな投資情報が発見できるかもしれません!今回の特別企画は、多数在籍している会員様には申し訳ございませんが、応募人数の上限を100名様とさせて頂きます。是非、お早目のお申し込みをお勧め致します!年末のお忙しい時期ではありますが、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。





【筆者のプロフィール】
1958年生まれ。CFネッツ代表取締役兼CFネッツグループ最高責任者であり、グループ企業十数社を率いる現役の実業家。20社を超える起業に携わり、複数の事業再生案件も成功させている。
また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて取得しており、現IREN−JAPANの創生に携わり、2002年の会長に就任している。また、1993年(平成5年)には日本で初めてPMマニュアル「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍し、日本全国で業界団体の講演などの活動が始まった。
1998年「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を出版。北野たけしさんの番組「ここが変だよ日本人」に出演し、その後、バラエティ番組にタレントとしても活動する。
2000年に日本で初めての不動産コンサルタント会社CFネッツを創業。不動産コンサルティング業界の第一人者であり、いまだグループ企業の創生を続けている。
不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動やテレビ、ラジオにも多数出演し、日本全国で講演なども行っている。
また、不動産投資家としても著名であり、2000年には日本で初めての不動産投資の著書「プロが教えるアッと驚く不動産投資」(住宅新報社刊)を出版し、「不動産投資成功の方程式」(朝日新聞出版社刊)など多くの著書も上梓している。
また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、澤田痴陶人美術館も所有運営し、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「三崎港蔵」「六本木 遊ヶ崎」「三崎港ラーメン」「伊万里ちゃんぽん」などの飲食店の経営やプロデュースする美食家としても知られ、プロデュースした店舗がミシュランガイドに2店舗が掲載されている。
またユーチューブを活用したオンラインセミナーやCFネッツで行われている朝礼なども公開しており、多くのファンが存在する。
テレビ出演では「ここが変だよ日本人」「ジェネレーションジャングル」「ワールドビジネスサテライト」「ジョブチューン」「大人の歩き方」「ここが知りたい不動産」などに出演し、ラジオではFMヨコハマ「ここが知りたい不動産」にレギュラー出演している。  著書には「賃貸トラブル110番」「やっぱり不動産投資が一番」「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」「生島ヒロシの相続一直線」「都市農地はこう変わる」「教訓」「賃貸トラブル解決の手続きと方法」「不動産投資 新プロの流儀」ほか多数。

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的なウイークリー・マンスリー賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社18社、総社員数130名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
【CF Net's CHANNEL】
CFチャンネル
【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー