CFネッツ代表[公式]「不動産投資成功の方程式」倉橋隆行のプロに学ぶアッと驚く不動産投資

実務経験豊富なプロの不動産コンサルタント、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼なども公開しています!

2015年09月

2015年09月29日

ビジネスの多くは、楽しくないとうまくいかない。

人生もそうだ。楽しむか、楽しまないかだ。



人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!





ビジネスって楽しみながらでないとうまくいかない。
楽しみながらうまくいくというのは一緒に仕事をする仲間。
仕事を楽しまない人に任せたところで、うまくいくはずがない。

自分がやっていることを自分自身で嫌だと思っているだけで、楽しいと思うかどうかの違い。
仕事を楽しくないと思ってやっている人はずっと楽しくないと思ったまま、楽しくない連鎖が始まるから仕事以外でも楽しいことがなくなってきちゃう。
多分一生楽しくないんだと思う。

楽しく物事を考えるひとは何でも楽しく考えるから何でもやる。だからうまくいく。

儲かる話をする人たちって仕事を楽しんでいるのかなって思う人がいる。
利益って後からついてくる。
いろんな人が損得でやるんだけれど、公的な助成金を目当てにしているから継続性がない。

うちのほうが収益構造としては確実に定着している、そしてこれから先も継続してやっていける形。
僕の考えでは助成金や補助金がなければ継続できないのは事業としては失格と思っている。

いま介護系の事業や低所得者向けの事業は、公的なもので継続させている。
今度、医療費負担率が上がったり、高齢者の介護費用の圧縮で継続不可能なものが多くなった。最初に継続できる仕組みで作っていなかったから、人件費を下げ、一人あたりの負担が上がってくる様になってしまった。結果、ストレスが掛かるようになって不祥事が起きたりする。

経済的に上手くいかないから、みんなか面白くない仕事だと思って面白く無いと思って仕事をしている。サービスを受ける側は、面白く無いと思っている人から受けるのだから大変なことになったりする。

これから日本経済がどんどん縮小していく。
何をやったらうまくいくと思う?思い当たるの成る?無いでしょ。ITも今後どうなっていく?
これからはサービス業で継続してコツコツと続けられるような事業しか残らないと思っている。

株価が下がって円高が進んでいる。
株価はもっと下がるかもしれない。
社会福祉費用が上がって、税収が足りない。
消費税が上がる。税収を増やそうとしても、
それでも賄えない社会がやってきている。

今、三浦市をサンプル事業として、いろいろとやっているのだけれど、助成金補助金を目当てとしない、持っている財産を運用して利益を上げるスタイルで。
これからの地方自治体は利益を上がることを考えたほうがいいと思う。
三浦市がパターンとして出来るようになり日本全国に広まれば、少なくとも地方財政は上手く回るようになると思う。
かけてしまった金に関しては返せないのだから未練を断ち切ってそこから立て直すような仕組みを。会社の立て直しでも債権の放棄、返せるお金は返す、物を処分して回転するようにすれば経済は立て直せる。

公共性のある事業プロジェクトをこれからもやっていきたいと思う。
会社でやっていることだから、三浦に来て見てもらって興味を持ってもらいたいと思う。



失敗しないための不動産投資理論を学ぶことが出来ます。

不動産投資ブームに警笛を鳴らし、誤った不動産購入の末、破綻をする人たちを救済することを目的として執筆した『不動産投資、成功の方程式』を2009年に発売してから6年経った今でも、「本書内の理論をもっと詳しく勉強したい」、「やっと自分が目指す不動産投資のあり方に出会えた」という方が後をたちません。当社に個別相談にいらっしゃる方の多くは、所有物件の空室率の増加に伴う収支の破綻の危険性を抱えています。

当社シー・エフ・ネッツの行う不動産投資は、国際ライセンスである米国公認不動産管理士(CPM)で用いられている理論に基づいており、購入予定物件に空室リスクなどを勘案して計算しています。そのため、購入を進めていった後に収支が破綻する危険性が少ないのです。今回は、その理論をシー・エフ・ネッツ代表取締役である倉橋自らがご説明します。現在当社コンサルタントが各地で開催しているセミナーの基になっている理論です。さらに、『不動産投資、成功の方程式』の内容も加え、現在の最新の市況についてもお伝えします。これだけの充実の内容で無料開催。これから不動産投資をはじめたい方、自宅購入などで不動産の知識を得たい方、現在持っている物件について改めて考えたい方、自分の投資に間違いがないか確認したい方必見の内容です。

ご希望の方には、CFネッツのオフィスに移動していただき、個別相談会を開催いたします。多忙で予約のとりにくい倉橋をはじめとするシー・エフ・ネッツコンサルタントの個別相談を無料で受けることが出来るチャンスです。
この機会に是非ご参加お待ちしています。
(個別相談会はお受けできる方の数に限りがございます。)



詳細はこちら


2015point_ziturei

個人で不動産投資を行う場合、その収益不動産から生じる利益は、不動産所得となり、所得税の対象となります。また、その不動産所得は所得税の計算上、総合課税として他の所得と合算して計算されてしまうのです。その所得税の税率は超過累進税率として所得が高ければ高いほど、高い税率が課税されることになります。
所得税の税率については、平成25年度の税制改正により最高税率は、なんと45%です。住民税と合わせると55%も課税されてしまいます。
つまり、給与所得などの他の所得が高い区分に属する方の場合には、不動産所得についても給与所得と同様に高い税率が課税されてしまうのです。そこで資産管理法人の活用です。

資産管理法人を設立し、個人と所得を分散させることにより税負担を軽減することができるようになります。また、資産管理法人は相続対策として重要なポイントの一つになります。

第1部セミナーでは、どういう人が資産管理法人を設立した場合にメリットがあるか、資産管理法人の種類と設立の手順、所得分散のやり方、相続対策としての活用方法等について、CFネッツグループ銀座タックスコンサルティングの保立(ほたて)税理士から詳しく解説させて頂きます。

また、第2部におきましては、「不動産投資プロの流儀(週刊住宅新聞社)」の著者でもあり、CFネッツにおいてアセットコンサルタントとして不動産投資の最前線にてコンサルティングと実務を行う中元CPMから、実際に資産管理法人を活用した資金調達と投資実例を解説して頂き、法人を活用した資産形成の手順を知って頂く内容となっております。


◆詳細・お申込みはこちらから!





2015cf_pro

皆様、大変お待たせいたしました!
いよいよ、不動産投資分析ソフト『CF-PRO』のお披露目いたします!昨年7月、不動産投資分析ソフトを作ろう!と決意してから、開発期間約1年。予想よりも大幅に開発に時間を費やすこととなってしまい、完成を待ってくださっていたお客様には大変ご心配をおかけしました。このお披露目会では、本ソフト開発までの経緯、機能や特徴について、3部に分けてお伝えいたします。


◆詳細・お申込みはこちらから!


人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!


2015年09月28日

街は、進化を求めている。

古い考えの「国土利用法」などを見直す時期なのではないか。



人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!






沖縄に新しい店舗の視察に行ってきた。
広大な敷地にショッピングアーケードや大きなオフィスや飲食店もあって街ができていた。
モノレールが出来て駅周辺から開発がかかってきている。


買い物が便利、飲食店がいっぱいあったり、教育のレベルが高かったりと色んな物が集約されて街ができている。居住する施設、商業施設、オフィス、飲食店、大事なのは全部が有ること。
日本は用途地域で決められているから、住宅地として指定されたところは商業施設がないから不便だったりするけれど、欧米ではそれを一つのパッケージングして街づくりをしている。

日本の文化と欧米の文化が混ざり合って沖縄は伸びている。いま地方都市が厳しい中で、ある一定規模のボリュームがある電車が関係ないエリアではパワーセンターが重要だと思っている。

今までみたいな住宅中心の活用だけだと厳しい、商業施設だけだというのも難しい。
六本木は商業施設、住宅、オフィスが集まっているエリアだから人気がある。
銀座も世界に通じるショッピングアーケドがあって、そこに住居やオフィスがあったりして、価値の高い街を形成している。

欧米型のスタイルをどうやって落とし込んでいるか。
人が作る環境は人でしかつくれないから、人が考える。
自然にほっておくとダメになる。
商店街も自然に放置して行ったら日本中でシャッターが閉まっていって無機質な建物だけになっていた。
そこに物を入れて行ったり商売を入れて物を動かすことで、その不動産が活用できていく。
これから人口が少なくなっていく中で、どうやってこれから残していくのか。
ハワイのような世界の人が憧れるリゾート地では地価がすごく高くて利回りが低い。今
までは住宅を中心にした投資をしてきたけれど、これからは商業施設も組み込んだ投資スタイルになっていく。

ラーメン屋さん、日本食料理店、美容院などいろいろやっているのは、多様なトラックレコードを研究するから商業施設でも怖くない投資のファンディングができるようになる。

PMの人たちも少し考えを変えて店舗のことも意識して勉強するようにしていってください。
店舗のコンサルも視野にしれて、行動すればノウハウは身につく。

これから会社の方向性が変わって自分たちの仕事も変わっていくから、個人のスキルを上げていってください。




失敗しないための不動産投資理論を学ぶことが出来ます。

不動産投資ブームに警笛を鳴らし、誤った不動産購入の末、破綻をする人たちを救済することを目的として執筆した『不動産投資、成功の方程式』を2009年に発売してから6年経った今でも、「本書内の理論をもっと詳しく勉強したい」、「やっと自分が目指す不動産投資のあり方に出会えた」という方が後をたちません。当社に個別相談にいらっしゃる方の多くは、所有物件の空室率の増加に伴う収支の破綻の危険性を抱えています。

当社シー・エフ・ネッツの行う不動産投資は、国際ライセンスである米国公認不動産管理士(CPM)で用いられている理論に基づいており、購入予定物件に空室リスクなどを勘案して計算しています。そのため、購入を進めていった後に収支が破綻する危険性が少ないのです。今回は、その理論をシー・エフ・ネッツ代表取締役である倉橋自らがご説明します。現在当社コンサルタントが各地で開催しているセミナーの基になっている理論です。さらに、『不動産投資、成功の方程式』の内容も加え、現在の最新の市況についてもお伝えします。これだけの充実の内容で無料開催。これから不動産投資をはじめたい方、自宅購入などで不動産の知識を得たい方、現在持っている物件について改めて考えたい方、自分の投資に間違いがないか確認したい方必見の内容です。

ご希望の方には、CFネッツのオフィスに移動していただき、個別相談会を開催いたします。多忙で予約のとりにくい倉橋をはじめとするシー・エフ・ネッツコンサルタントの個別相談を無料で受けることが出来るチャンスです。
この機会に是非ご参加お待ちしています。
(個別相談会はお受けできる方の数に限りがございます。)



詳細はこちら



人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!


2015年09月26日

またもや、人気セミナー復活!





人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!


詳しくは、下記をご覧ください!


さて、本日、鎌倉本店では、PM事業部のセミナーがあり、私の部屋への出入りができない為、3階の企画開発室のオフィスで仕事をしていた。

すると、明日のセミナーの申込者からの問い合わせがかなりあり、残念ながらお断りをせざるを得なくなっていた。

どうしても、鎌倉芸術館の会場が、60名くらいの部屋でしか取れていないため、直ぐに満席になってしまうのだ。

それなら、小ホールでやればよいのではないかと思うのだが、小ホールでは600人収用できる為、これでは100人くらい入っても、ちょっと気まずい。

ん〜、帯に短し、たすきに長し。

ま、明日、申込に間に合った方は、ぜひ、当日キャンセルのないようにお越しください!



そして、次回のセミナーは、ほとんど定番化してきた下記セミナーを開催します!




2015年10月25日(日)   東京会場

2015年11月3日(火・祝)  大船会場


詳細は、下記をご確認ください!




失敗しないための不動産投資理論を学ぶことが出来ます。

不動産投資ブームに警笛を鳴らし、誤った不動産購入の末、破綻をする人たちを救済することを目的として執筆した『不動産投資、成功の方程式』を2009年に発売してから6年経った今でも、「本書内の理論をもっと詳しく勉強したい」、「やっと自分が目指す不動産投資のあり方に出会えた」という方が後をたちません。当社に個別相談にいらっしゃる方の多くは、所有物件の空室率の増加に伴う収支の破綻の危険性を抱えています。

当社シー・エフ・ネッツの行う不動産投資は、国際ライセンスである米国公認不動産管理士(CPM)で用いられている理論に基づいており、購入予定物件に空室リスクなどを勘案して計算しています。そのため、購入を進めていった後に収支が破綻する危険性が少ないのです。今回は、その理論をシー・エフ・ネッツ代表取締役である倉橋自らがご説明します。現在当社コンサルタントが各地で開催しているセミナーの基になっている理論です。さらに、『不動産投資、成功の方程式』の内容も加え、現在の最新の市況についてもお伝えします。これだけの充実の内容で無料開催。これから不動産投資をはじめたい方、自宅購入などで不動産の知識を得たい方、現在持っている物件について改めて考えたい方、自分の投資に間違いがないか確認したい方必見の内容です。

ご希望の方には、CFネッツのオフィスに移動していただき、個別相談会を開催いたします。多忙で予約のとりにくい倉橋をはじめとするシー・エフ・ネッツコンサルタントの個別相談を無料で受けることが出来るチャンスです。
この機会に是非ご参加お待ちしています。
(個別相談会はお受けできる方の数に限りがございます。)



詳細はこちら



人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!


2015年09月24日

上場する、という選択肢と、上場しない、という選択肢。

様々なメリットとデメリットがあるものだ。


人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!




一時期、会社を上場させようとしていた時期もあったけれど、それだけの資本を集めてもうちの会社は成長できないかもしれないと思っている。
お金が有るだけでは人を成長させられるわけがない。

世の中の上場している株式会社というのは株価を投機筋に翻弄されたりする。
投機家は自分の利益を追求しているから、その会社のことを考えいない。
だから投資じゃなくて投機なのだ。
投資というのは実体経済と連動している。
僕なんかはそれを日本の国土の全体の額、いろんな数字があるけれど、それを実体経済の中で収益還元価格で計算した時に上がるところもあれば、下がるところもある。無価値なところも出てくるかもしれない。
国の借金が1000兆円を超えているのに、実際に入ってくるお金は50兆円に満たない。
借金がどんどん増えてきて、今では倍以上の額が借金になって実体経済に見合わなくなっている。そうなると国民の財産を巻き上げられるかもしれない。

今、世の流れが怖い方向になってきて、だからこそ私たちは実体経済に基づいた尺度で経営のスタイルでやっていくしか無い。
需要と供給の有るマーケットで価格をみながら投資をしていくこと。
投資をすれば物が動く。
それは物だから消失しない。金融表品と違っていきなり価値が消えたりするようなことはない。
株価の乱高下は投機筋の人たちが売って利益を確定させるから本当の経済と関係ないところで上がったり下がったりしている。
金融の世界ではいっぱい稼ぐことが美学みたいになっているけれど、それには疑問に思う。投資家というのは何かを育てる。会社に投資するというのは会社が成長するためにやる。
外からの資本を入れるということは投機になりかねない。登記する人は利益を確定するために会社に指図をして、それが実際に働いている人が望まないことだとしても断れない。上場している株式会社ってリスクだと最近の経済状況を見て思う。

上場しなくても、来年給料を増やすには売上規模を大きくしないといけない。売上規模を伸ばすにはどうすればいいか。いろんなことを考えて人を育てていく。そういった成長の路線に載せないとダメと思う。
過去20年とこれからの20年は全く違うものにいなっていくと思う。いま、地に足をつけて仕事をやるということ。

おかげさまで、うちの社員は専門職のひとが多い。専門職は正社員でいいと思う。会社の具合が悪くなってきた時に、全部が正社員でかかえているとリスクが高く成る。そこの部分で仕事の分担を少しづつ考えようとおもっている。
新しい会社をまた一つ買って、又次にもう一社買う。それはなにかといったら今度は雇用リスクを分散したい。責任の分担を個別で一つ一つやってもらって、更にグループで強化して伸ばそう。

人が育たなかったら事業は拡大できない。そこが根本的なところ。物事は利益を上げるというのは、まずは自分でやって収益を上げてみる。頭でっかちになって行動しない人にならない。
仕事をやるのは、自分自身が動いて実体経済の中にのせないと商売はうまくいかない。

自分の能力を高めて、やれる仕事の幅を広げる。職人に意識を持たないとこれから生き残れないと思っている。

物事は現場、地に足をつけて行動する。全社員がそれを頭に入れて行動してもらいたい。
これから来年新卒の人が入ってくる。
上の人がそういう意識を持って成長してないと後から入ってきた人に対して恥ずかしいよね。
今、僕達がやっている仕事は範囲が広いからこそひとつひとつのことを作り上げていくことが大事だと思う。



20150621_1fudousan_houzin

事業拡大を図りたい方に是非聞いていただきたいセミナーです。

不動産投資を進めていくと、おのずと累進課税の増税と相続対策にぶつかることになる。私自身、まだ若かりし頃に不動産投資を進め、40歳を越える頃には、気が付けば5億円以上の不動産に投資していた。サラリーマン時代には所得も向上し、不動産所得も増え続け、将来的な老後には全くの不安を感じてもいなかった。
ところが、である。資産を拡大させるには、不動産投資は明らかに有利なのだが、拡大させればさせるほど、総合所得で所得税がとてつもなく拡大し、さらに純資産は過剰になり、相続対策を意識せざるをえなくなる。気が付いてみれば、当社に相続対策で相談に来る人達以上の資産を築きあげてしまったが、振り返ってみるともっと早くからやっておかなくてはならなかったことが沢山あったことに気付いた。
世の中には、相続対策の仕事をしている人達が多くいるが、その中で自ら相続対策が必要なほどの資産を持っている人はいない。世の中には、不動産投資を勧めている人たちは多くいるが、その人達に事業的規模で行っている人は非常に少ない。世の中には、経営コンサルタントと名乗る人達は多くいるが、その人たちに事業で成功した人は皆無である。
私自身、実業でも不動産投資でも成功してきたが、唯一最初にやっておけばよかったと思われること。それは、不動産投資も事業と捉えて資産の拡大を図ればよかった、ということを本講演でお話ししたいと思います。
やってみてわかった「不動産投資法人」のメリット。今後、事業拡大を図りたいひとはぜひご参加ください。

詳細:お申込はこちらから






tayouka2

今、不動産投資を取り巻く環境は大きな変化の渦中にあります。「市場や環境の変化にどう対処していくか」そして、そのための「原理・原則の理解」は投資家にとって欠かせないものとなっています。
新築・中古、一棟・区分、都心・地方、フルローン・現金買いあるいは駐車場・商業店舗・太陽光発電・借底地・再建築不可など様々な選択肢について、その特徴と優位性・問題点・使い方について「不動産投資の正体<改訂版>」著者が解説します。



◆詳細・お申込みはこちらから!



2015point_ziturei

個人で不動産投資を行う場合、その収益不動産から生じる利益は、不動産所得となり、所得税の対象となります。また、その不動産所得は所得税の計算上、総合課税として他の所得と合算して計算されてしまうのです。その所得税の税率は超過累進税率として所得が高ければ高いほど、高い税率が課税されることになります。
所得税の税率については、平成25年度の税制改正により最高税率は、なんと45%です。住民税と合わせると55%も課税されてしまいます。
つまり、給与所得などの他の所得が高い区分に属する方の場合には、不動産所得についても給与所得と同様に高い税率が課税されてしまうのです。そこで資産管理法人の活用です。

資産管理法人を設立し、個人と所得を分散させることにより税負担を軽減することができるようになります。また、資産管理法人は相続対策として重要なポイントの一つになります。

第1部セミナーでは、どういう人が資産管理法人を設立した場合にメリットがあるか、資産管理法人の種類と設立の手順、所得分散のやり方、相続対策としての活用方法等について、CFネッツグループ銀座タックスコンサルティングの保立(ほたて)税理士から詳しく解説させて頂きます。

また、第2部におきましては、「不動産投資プロの流儀(週刊住宅新聞社)」の著者でもあり、CFネッツにおいてアセットコンサルタントとして不動産投資の最前線にてコンサルティングと実務を行う中元CPMから、実際に資産管理法人を活用した資金調達と投資実例を解説して頂き、法人を活用した資産形成の手順を知って頂く内容となっております。


◆詳細・お申込みはこちらから!





2015cf_pro

皆様、大変お待たせいたしました!
いよいよ、不動産投資分析ソフト『CF-PRO』のお披露目いたします!昨年7月、不動産投資分析ソフトを作ろう!と決意してから、開発期間約1年。予想よりも大幅に開発に時間を費やすこととなってしまい、完成を待ってくださっていたお客様には大変ご心配をおかけしました。このお披露目会では、本ソフト開発までの経緯、機能や特徴について、3部に分けてお伝えいたします。


◆詳細・お申込みはこちらから!


人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!


2015年09月23日

タモリカップに参加して、思うこと。

人には人の、コミュニティが形成されている。


人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!




タモリカップに翔鴎で参加してきた。
去年は二日間を今年は一日に凝縮されていてすごかった。
横浜のど真ん中でBBQに2000人、船は189艇もいろいろな所からヨットが来ていた。
それなのに、日本では文化が違うからかヨットの大会が縮小方向になっている。
2020年に江ノ島でレースが始まる。その時点ではどうなるかわからないけれど、文化が根付くためには昨日みたいなイベントは大事。
せっかく会社で船があるのだから、社員でレースに参加したりレジャーに使ったりして社員にも参画してもらおうと思っている。
ヨットのイベントに来ている人たちが有名な会社の社長さんや役員の人とか。
そんな人達がセーラ服をきてイベントに参加して歩いたりしている。
FBをチェックしたら知り合いが3,4人ほど参加していて、この雰囲気って面白いコニュニティーに成るなと思う。

最後にBBQや音楽イベントをやっているときに、うちのお客さん同士の話を聞いたら皆さん銀座に務めていた。そのうちいろんな人が集まってきてその人達もみんな銀座で、テーブルの周りの人たちの半分以上が銀座勤めだった。
外で事業をやっていて銀座に引っ越してきた人もやっぱり銀座に来てよかったと実感していると言っている。
うちの会社も銀座に移ってから雰囲気が変わってきた。
求人募集も銀座に勤めるというのもステータスとしてあるし、みんな銀座に来てしまう。
日本中、世界中の人たちがあの土地に集まってきている。
ヨットのレースに参加している人は銀座の人が結構多い。つまり生息地域が違うってことだ。

僕は横浜で生まれ育って起業して、横浜でやっていこうと思っていたけれど、いろんなことを考えて、縁があっていろんな土地を見たけれど銀座はやはりまったく違う

ヨットの人たちの中でオーナーは一流の人が多い。うちの翔鴎も元のオーナーはリクルートの江副さんが作った船。リクルートも銀座。
銀座に東京本社を出してよかったと思っている。
銀座で不動産のコンサルをしている。銀座では何かしている。世界中の人達が注目しているのは常に銀座。
今のオフィスもたまたまそんな御縁があったから借りられたけれど、今から借りようと思ってもなかなか難しい。タイミングよくそういうところに移動できた。風が吹いている時に乗る船は早いし快適だ。
風がいつ吹くかわからない。うちも小さい会社の時から風が吹いた時のことを考えて帆の準備をしていたから、風を捕まえることが出来た。準備をしていなかったら風が吹いても捕まえることなんて出来ない。風を受けなかったらマストなんてただの棒。

風と船と同じように会社と世間の風が同じようにマッチしている。この時期にもっと推進力をもたせて力をつける。

今、新しい会社でいろんなことをしている。風待ちの会社もあれば、風待ちじゃないのもいる。また、何やっていいかわからないのもいる。それもやっていくうちに、物事を懸命にやっていれば風は受けやすい。物事は準備が必要。
風が吹く準備をするから風を捕まえられる。

この一年でまた来年の準備をしてヨットのスタッフの社員の人数を増やして、タモリカップに出たいと思っている。
興味ある人は参加してください。



20150621_1fudousan_houzin

事業拡大を図りたい方に是非聞いていただきたいセミナーです。

不動産投資を進めていくと、おのずと累進課税の増税と相続対策にぶつかることになる。私自身、まだ若かりし頃に不動産投資を進め、40歳を越える頃には、気が付けば5億円以上の不動産に投資していた。サラリーマン時代には所得も向上し、不動産所得も増え続け、将来的な老後には全くの不安を感じてもいなかった。
ところが、である。資産を拡大させるには、不動産投資は明らかに有利なのだが、拡大させればさせるほど、総合所得で所得税がとてつもなく拡大し、さらに純資産は過剰になり、相続対策を意識せざるをえなくなる。気が付いてみれば、当社に相続対策で相談に来る人達以上の資産を築きあげてしまったが、振り返ってみるともっと早くからやっておかなくてはならなかったことが沢山あったことに気付いた。
世の中には、相続対策の仕事をしている人達が多くいるが、その中で自ら相続対策が必要なほどの資産を持っている人はいない。世の中には、不動産投資を勧めている人たちは多くいるが、その人達に事業的規模で行っている人は非常に少ない。世の中には、経営コンサルタントと名乗る人達は多くいるが、その人たちに事業で成功した人は皆無である。
私自身、実業でも不動産投資でも成功してきたが、唯一最初にやっておけばよかったと思われること。それは、不動産投資も事業と捉えて資産の拡大を図ればよかった、ということを本講演でお話ししたいと思います。
やってみてわかった「不動産投資法人」のメリット。今後、事業拡大を図りたいひとはぜひご参加ください。

詳細:お申込はこちらから






tayouka2

今、不動産投資を取り巻く環境は大きな変化の渦中にあります。「市場や環境の変化にどう対処していくか」そして、そのための「原理・原則の理解」は投資家にとって欠かせないものとなっています。
新築・中古、一棟・区分、都心・地方、フルローン・現金買いあるいは駐車場・商業店舗・太陽光発電・借底地・再建築不可など様々な選択肢について、その特徴と優位性・問題点・使い方について「不動産投資の正体<改訂版>」著者が解説します。



◆詳細・お申込みはこちらから!



2015point_ziturei

個人で不動産投資を行う場合、その収益不動産から生じる利益は、不動産所得となり、所得税の対象となります。また、その不動産所得は所得税の計算上、総合課税として他の所得と合算して計算されてしまうのです。その所得税の税率は超過累進税率として所得が高ければ高いほど、高い税率が課税されることになります。
所得税の税率については、平成25年度の税制改正により最高税率は、なんと45%です。住民税と合わせると55%も課税されてしまいます。
つまり、給与所得などの他の所得が高い区分に属する方の場合には、不動産所得についても給与所得と同様に高い税率が課税されてしまうのです。そこで資産管理法人の活用です。

資産管理法人を設立し、個人と所得を分散させることにより税負担を軽減することができるようになります。また、資産管理法人は相続対策として重要なポイントの一つになります。

第1部セミナーでは、どういう人が資産管理法人を設立した場合にメリットがあるか、資産管理法人の種類と設立の手順、所得分散のやり方、相続対策としての活用方法等について、CFネッツグループ銀座タックスコンサルティングの保立(ほたて)税理士から詳しく解説させて頂きます。

また、第2部におきましては、「不動産投資プロの流儀(週刊住宅新聞社)」の著者でもあり、CFネッツにおいてアセットコンサルタントとして不動産投資の最前線にてコンサルティングと実務を行う中元CPMから、実際に資産管理法人を活用した資金調達と投資実例を解説して頂き、法人を活用した資産形成の手順を知って頂く内容となっております。


◆詳細・お申込みはこちらから!





2015cf_pro

皆様、大変お待たせいたしました!
いよいよ、不動産投資分析ソフト『CF-PRO』のお披露目いたします!昨年7月、不動産投資分析ソフトを作ろう!と決意してから、開発期間約1年。予想よりも大幅に開発に時間を費やすこととなってしまい、完成を待ってくださっていたお客様には大変ご心配をおかけしました。このお披露目会では、本ソフト開発までの経緯、機能や特徴について、3部に分けてお伝えいたします。


◆詳細・お申込みはこちらから!



人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!


2015年09月22日

昔とった、杵柄(きねづか)。

おぉ、懐かしい!と思った方は、既に長い付き合いである。

DSC_0051

人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!


DSC_0049

これは、7年位前に某海外法人で、一緒に研究したコンテナを活用した住宅の写真である。

私なりにデザイン力を高める為に、様々な工夫を凝らし、概ね完成に近い状況まではもってきたのだが、その後、国際情勢の変化により、価格帯が合わなくなって断念した。

コンテナハウス 071228


通常、コンテナハウスの場合は、ローコストに走るのだが、私の場合、そもそも違う視点で設計を行っていた。

この研究では、ユニット工法で特許も取得し、日本国内での施行方法も具体的に事業化が進められるようになっていたものだが、ここへ来て、この技術をつかって、日本国内で事業展開を行うこととした。

日本での建築確認申請の制度なども踏まえ、デザイン性能は保ちつつ、重量の軽量化と、組み立て方式の変更により、もっと汎用性のある建物に変化させ、多様なニーズに対応できるようにする。

ま、見てて。

新たな土地有効活用と、建築システムの構築を目指す。

本日、これから大阪に出張。

明日からは、しばらく休みをとっていないので、夏休み代わりのバカンスへ。


といっても、海外じゃないけどね。


では、行ってきます!



20150621_1fudousan_houzin

事業拡大を図りたい方に是非聞いていただきたいセミナーです。

不動産投資を進めていくと、おのずと累進課税の増税と相続対策にぶつかることになる。私自身、まだ若かりし頃に不動産投資を進め、40歳を越える頃には、気が付けば5億円以上の不動産に投資していた。サラリーマン時代には所得も向上し、不動産所得も増え続け、将来的な老後には全くの不安を感じてもいなかった。
ところが、である。資産を拡大させるには、不動産投資は明らかに有利なのだが、拡大させればさせるほど、総合所得で所得税がとてつもなく拡大し、さらに純資産は過剰になり、相続対策を意識せざるをえなくなる。気が付いてみれば、当社に相続対策で相談に来る人達以上の資産を築きあげてしまったが、振り返ってみるともっと早くからやっておかなくてはならなかったことが沢山あったことに気付いた。
世の中には、相続対策の仕事をしている人達が多くいるが、その中で自ら相続対策が必要なほどの資産を持っている人はいない。世の中には、不動産投資を勧めている人たちは多くいるが、その人達に事業的規模で行っている人は非常に少ない。世の中には、経営コンサルタントと名乗る人達は多くいるが、その人たちに事業で成功した人は皆無である。
私自身、実業でも不動産投資でも成功してきたが、唯一最初にやっておけばよかったと思われること。それは、不動産投資も事業と捉えて資産の拡大を図ればよかった、ということを本講演でお話ししたいと思います。
やってみてわかった「不動産投資法人」のメリット。今後、事業拡大を図りたいひとはぜひご参加ください。

詳細:お申込はこちらから






tayouka2

今、不動産投資を取り巻く環境は大きな変化の渦中にあります。「市場や環境の変化にどう対処していくか」そして、そのための「原理・原則の理解」は投資家にとって欠かせないものとなっています。
新築・中古、一棟・区分、都心・地方、フルローン・現金買いあるいは駐車場・商業店舗・太陽光発電・借底地・再建築不可など様々な選択肢について、その特徴と優位性・問題点・使い方について「不動産投資の正体<改訂版>」著者が解説します。



◆詳細・お申込みはこちらから!



2015point_ziturei

個人で不動産投資を行う場合、その収益不動産から生じる利益は、不動産所得となり、所得税の対象となります。また、その不動産所得は所得税の計算上、総合課税として他の所得と合算して計算されてしまうのです。その所得税の税率は超過累進税率として所得が高ければ高いほど、高い税率が課税されることになります。
所得税の税率については、平成25年度の税制改正により最高税率は、なんと45%です。住民税と合わせると55%も課税されてしまいます。
つまり、給与所得などの他の所得が高い区分に属する方の場合には、不動産所得についても給与所得と同様に高い税率が課税されてしまうのです。そこで資産管理法人の活用です。

資産管理法人を設立し、個人と所得を分散させることにより税負担を軽減することができるようになります。また、資産管理法人は相続対策として重要なポイントの一つになります。

第1部セミナーでは、どういう人が資産管理法人を設立した場合にメリットがあるか、資産管理法人の種類と設立の手順、所得分散のやり方、相続対策としての活用方法等について、CFネッツグループ銀座タックスコンサルティングの保立(ほたて)税理士から詳しく解説させて頂きます。

また、第2部におきましては、「不動産投資プロの流儀(週刊住宅新聞社)」の著者でもあり、CFネッツにおいてアセットコンサルタントとして不動産投資の最前線にてコンサルティングと実務を行う中元CPMから、実際に資産管理法人を活用した資金調達と投資実例を解説して頂き、法人を活用した資産形成の手順を知って頂く内容となっております。


◆詳細・お申込みはこちらから!





2015cf_pro

皆様、大変お待たせいたしました!
いよいよ、不動産投資分析ソフト『CF-PRO』のお披露目いたします!昨年7月、不動産投資分析ソフトを作ろう!と決意してから、開発期間約1年。予想よりも大幅に開発に時間を費やすこととなってしまい、完成を待ってくださっていたお客様には大変ご心配をおかけしました。このお披露目会では、本ソフト開発までの経緯、機能や特徴について、3部に分けてお伝えいたします。


◆詳細・お申込みはこちらから!


人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!


2015年09月20日

お陰様で、満席になりました!

2015年9月27日(日)開催、不動産投資法人のメリットとは?

人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!


お陰様で、本セミナーは追加講演の依頼が多く、今回、鎌倉芸術館で行うのだが、今回も、すでに満席のようだ。

そこで、お願いなのが、当日、ひょっとして参加ができない場合、事前にご連絡を頂きたい。

私の講演の場合、以前は有料で行っていたのだが、CFネッツの代表者ということで、顧客サービスのつもりで無料としている。

だからといって、手を抜いているわけではないから、参加者のメリットは大きい。

にもかかわらず、若干の方が、当日、不参加となるケースがあり、それならば、本当に参加したい人に席を譲ってもらえたのにと残念な結果となる。


現在も、間もなくキャンセル待ちの状態になる。

ぜひ、当日、ご参加できそうにない方は、できるだけ早めのご連絡を頂きたい。
※ 当日ドタキャンが続く方は、今後、参加をお断りすることがありますので、ご注意ください。



また、無料セミナーの為、レジュメ等の配布は行っていないのだが、講演中、写真を撮ったり、録音する人が発生していて、どうも、モラルの低下が著しい。

この場合、残念ながら、講演を中止することも考えられるので、ぜひ、かような行為は行わないようにしていただきたい。

さらに、私の講演の場合、来場者数が多いため、同業他社が会場の外で勧誘行為をするということも発生している。

今後、そのようなことがあった場合は、当社にご連絡を頂ければ、厳重な対応を致しますので、おしらせいただけると助かります。

いずれにしても、今後も、無料セミナーの提供は行っていくつもりでおりますので、ご協力願いたい。



20150621_1fudousan_houzin

事業拡大を図りたい方に是非聞いていただきたいセミナーです。

不動産投資を進めていくと、おのずと累進課税の増税と相続対策にぶつかることになる。私自身、まだ若かりし頃に不動産投資を進め、40歳を越える頃には、気が付けば5億円以上の不動産に投資していた。サラリーマン時代には所得も向上し、不動産所得も増え続け、将来的な老後には全くの不安を感じてもいなかった。
ところが、である。資産を拡大させるには、不動産投資は明らかに有利なのだが、拡大させればさせるほど、総合所得で所得税がとてつもなく拡大し、さらに純資産は過剰になり、相続対策を意識せざるをえなくなる。気が付いてみれば、当社に相続対策で相談に来る人達以上の資産を築きあげてしまったが、振り返ってみるともっと早くからやっておかなくてはならなかったことが沢山あったことに気付いた。
世の中には、相続対策の仕事をしている人達が多くいるが、その中で自ら相続対策が必要なほどの資産を持っている人はいない。世の中には、不動産投資を勧めている人たちは多くいるが、その人達に事業的規模で行っている人は非常に少ない。世の中には、経営コンサルタントと名乗る人達は多くいるが、その人たちに事業で成功した人は皆無である。
私自身、実業でも不動産投資でも成功してきたが、唯一最初にやっておけばよかったと思われること。それは、不動産投資も事業と捉えて資産の拡大を図ればよかった、ということを本講演でお話ししたいと思います。
やってみてわかった「不動産投資法人」のメリット。今後、事業拡大を図りたいひとはぜひご参加ください。

詳細:お申込はこちらから



tayouka2

今、不動産投資を取り巻く環境は大きな変化の渦中にあります。「市場や環境の変化にどう対処していくか」そして、そのための「原理・原則の理解」は投資家にとって欠かせないものとなっています。
新築・中古、一棟・区分、都心・地方、フルローン・現金買いあるいは駐車場・商業店舗・太陽光発電・借底地・再建築不可など様々な選択肢について、その特徴と優位性・問題点・使い方について「不動産投資の正体<改訂版>」著者が解説します。



◆詳細・お申込みはこちらから!



2015point_ziturei

個人で不動産投資を行う場合、その収益不動産から生じる利益は、不動産所得となり、所得税の対象となります。また、その不動産所得は所得税の計算上、総合課税として他の所得と合算して計算されてしまうのです。その所得税の税率は超過累進税率として所得が高ければ高いほど、高い税率が課税されることになります。
所得税の税率については、平成25年度の税制改正により最高税率は、なんと45%です。住民税と合わせると55%も課税されてしまいます。
つまり、給与所得などの他の所得が高い区分に属する方の場合には、不動産所得についても給与所得と同様に高い税率が課税されてしまうのです。そこで資産管理法人の活用です。

資産管理法人を設立し、個人と所得を分散させることにより税負担を軽減することができるようになります。また、資産管理法人は相続対策として重要なポイントの一つになります。

第1部セミナーでは、どういう人が資産管理法人を設立した場合にメリットがあるか、資産管理法人の種類と設立の手順、所得分散のやり方、相続対策としての活用方法等について、CFネッツグループ銀座タックスコンサルティングの保立(ほたて)税理士から詳しく解説させて頂きます。

また、第2部におきましては、「不動産投資プロの流儀(週刊住宅新聞社)」の著者でもあり、CFネッツにおいてアセットコンサルタントとして不動産投資の最前線にてコンサルティングと実務を行う中元CPMから、実際に資産管理法人を活用した資金調達と投資実例を解説して頂き、法人を活用した資産形成の手順を知って頂く内容となっております。


◆詳細・お申込みはこちらから!





2015cf_pro

皆様、大変お待たせいたしました!
いよいよ、不動産投資分析ソフト『CF-PRO』のお披露目いたします!昨年7月、不動産投資分析ソフトを作ろう!と決意してから、開発期間約1年。予想よりも大幅に開発に時間を費やすこととなってしまい、完成を待ってくださっていたお客様には大変ご心配をおかけしました。このお披露目会では、本ソフト開発までの経緯、機能や特徴について、3部に分けてお伝えいたします。


◆詳細・お申込みはこちらから!



人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!


2015年09月15日

「利口ぶるやつ」が、一番の馬鹿。

駄目な考え方が、駄目な人を増産することになる。
概ね「利口ぶる人」は、駄目な考え方をする人だ。


人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!





地域には地域の社会がありコミュニティがある。
子供は成長するときにコミュニティに育てられている。
そのコミュニティが消えてきている。
親が社会で成功していないから成功する方法を教えられない。
本当は人間の能力は優秀な人とそうでない人の能力の差はそれほどの違いはない。

生きている社会や物事の考え方が違う。
楽して金を儲けたい。努力しないで成功したい。ダメな考え方をするから。
コツコツと積み重ねたことは必ずうまく行く。
すぐ上手くいったようにみえるような奴はすぐに足元を救われるからすぐに駄目になる。
自分ができているつもりでも、時間と共に周りはコツコツと積み重ねてきている。
それを積み重ねた人は強い。
アセットマネジメントの人がPMを学んでみるのもいい。OMを学ぶのもいい。


経験以外に学力は高まらない。
出来る人から学ぶ事以外にノウハウはない。本で学ぶノウハウなんて殆ど無い。経験と実績を積むこと。

経理から税理士の資格を目指すとか、会計を深く学ぶのもいい。
エンジンの仕組みからシステムで書類を作れるようにする。何年もやっていてまだやれることは多い。
オンサイトマネジメントもシステム化を進めている。ノウハウをシステム化する。これもまだまだよちよち歩き。

よちよち歩きだから面白いってことがあるわけ。
それは、起業するっていう気持ち。若い人と一緒に仕事をすると気持ちがいい。若返ったような気になる

新しいことを始めた時に中心になって引っ張れるか。うちの会社はやれことがいっぱいあるから、中心になる人がいっぱい居ていいんです。
その中からリーダーシップとって引っ張っていけば会社全体がどんどん成長できる。

朝の朝礼を聞いている人と聞いていない人では考え方が違う。物事の考え方がちゃんと出来ているか。自分で殻を作っているから割れない。
実際に何かをするときは自分の殻を割らないと前に進めない。

人間、全員馬鹿なんだから。
自分も含めて馬鹿だと思っていろんなことを学ばないと。
利口ぶることほど馬鹿なことはない。
いろんなことを考えて、前に進む。時間とともに前に進まない人生って無意味だと思う。
だからどんどん伸ばすようにしてください。



20150621_1fudousan_houzin

事業拡大を図りたい方に是非聞いていただきたいセミナーです。

不動産投資を進めていくと、おのずと累進課税の増税と相続対策にぶつかることになる。私自身、まだ若かりし頃に不動産投資を進め、40歳を越える頃には、気が付けば5億円以上の不動産に投資していた。サラリーマン時代には所得も向上し、不動産所得も増え続け、将来的な老後には全くの不安を感じてもいなかった。
ところが、である。資産を拡大させるには、不動産投資は明らかに有利なのだが、拡大させればさせるほど、総合所得で所得税がとてつもなく拡大し、さらに純資産は過剰になり、相続対策を意識せざるをえなくなる。気が付いてみれば、当社に相続対策で相談に来る人達以上の資産を築きあげてしまったが、振り返ってみるともっと早くからやっておかなくてはならなかったことが沢山あったことに気付いた。
世の中には、相続対策の仕事をしている人達が多くいるが、その中で自ら相続対策が必要なほどの資産を持っている人はいない。世の中には、不動産投資を勧めている人たちは多くいるが、その人達に事業的規模で行っている人は非常に少ない。世の中には、経営コンサルタントと名乗る人達は多くいるが、その人たちに事業で成功した人は皆無である。
私自身、実業でも不動産投資でも成功してきたが、唯一最初にやっておけばよかったと思われること。それは、不動産投資も事業と捉えて資産の拡大を図ればよかった、ということを本講演でお話ししたいと思います。
やってみてわかった「不動産投資法人」のメリット。今後、事業拡大を図りたいひとはぜひご参加ください。

詳細:お申込はこちらから






tayouka2

今、不動産投資を取り巻く環境は大きな変化の渦中にあります。「市場や環境の変化にどう対処していくか」そして、そのための「原理・原則の理解」は投資家にとって欠かせないものとなっています。
新築・中古、一棟・区分、都心・地方、フルローン・現金買いあるいは駐車場・商業店舗・太陽光発電・借底地・再建築不可など様々な選択肢について、その特徴と優位性・問題点・使い方について「不動産投資の正体<改訂版>」著者が解説します。



◆詳細・お申込みはこちらから!



2015point_ziturei

個人で不動産投資を行う場合、その収益不動産から生じる利益は、不動産所得となり、所得税の対象となります。また、その不動産所得は所得税の計算上、総合課税として他の所得と合算して計算されてしまうのです。その所得税の税率は超過累進税率として所得が高ければ高いほど、高い税率が課税されることになります。
所得税の税率については、平成25年度の税制改正により最高税率は、なんと45%です。住民税と合わせると55%も課税されてしまいます。
つまり、給与所得などの他の所得が高い区分に属する方の場合には、不動産所得についても給与所得と同様に高い税率が課税されてしまうのです。そこで資産管理法人の活用です。

資産管理法人を設立し、個人と所得を分散させることにより税負担を軽減することができるようになります。また、資産管理法人は相続対策として重要なポイントの一つになります。

第1部セミナーでは、どういう人が資産管理法人を設立した場合にメリットがあるか、資産管理法人の種類と設立の手順、所得分散のやり方、相続対策としての活用方法等について、CFネッツグループ銀座タックスコンサルティングの保立(ほたて)税理士から詳しく解説させて頂きます。

また、第2部におきましては、「不動産投資プロの流儀(週刊住宅新聞社)」の著者でもあり、CFネッツにおいてアセットコンサルタントとして不動産投資の最前線にてコンサルティングと実務を行う中元CPMから、実際に資産管理法人を活用した資金調達と投資実例を解説して頂き、法人を活用した資産形成の手順を知って頂く内容となっております。


◆詳細・お申込みはこちらから!





2015cf_pro

皆様、大変お待たせいたしました!
いよいよ、不動産投資分析ソフト『CF-PRO』のお披露目いたします!昨年7月、不動産投資分析ソフトを作ろう!と決意してから、開発期間約1年。予想よりも大幅に開発に時間を費やすこととなってしまい、完成を待ってくださっていたお客様には大変ご心配をおかけしました。このお披露目会では、本ソフト開発までの経緯、機能や特徴について、3部に分けてお伝えいたします。


◆詳細・お申込みはこちらから!



人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!


2015年09月14日

単細胞は、変化に弱い。

会社経営も同じで、多細胞経営を行うべきだ!



人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!




昨日、三崎港ラーメンの新しいプロジェクトのため土地を購入してプランニングをしてきた。

隣の店舗に交渉して、その場ですべて決着をつけてきた。
帰りがけに三崎の方を回って、夏が終わったから業態変更をしようと考えている。
その場で建設業者さんを呼んでプランニングをしてきた。
炭火焼き蔵は二階に蕎麦コーナーをつくるため、設計士を呼んでいろいろと話し合ってきた。
色々と話しているうちに連絡をとったりしていた。

時間てすごく大事だから、判断したら決断するのは早い。
どんどん決めれば周りも懸命に動くし、リーダーシップを持って責任とって発注して、工期を決めていろんなことをやる。
行動しているから最後に仕上がる。
今やったら、二週間後に結果が出ているかもしれないし、一ヶ月後かもしれない。
同時並行でいつも事業をやっている。
会社は今16社ある。
その社員、みんなが頑張っている。
今回、山田屋を買ったことでラーメン屋さんを店舗展開する。
みんなで出資してこの会社を何とかしようと、新しい商品開発をしたりして給料を取らずに働いていたりする。

同時並行でやり続けているのはなぜかというと、外付けの会社だから僕の利益にはならない。
今までいろんなことをやり続けていたから利益は十分に享受している。だから、新しい会社ができる。若い人が頑張る。その人達を応援する。この事業は次の代、次の代と受け継いでいく。

創業者でもなく出資者でもなくプロデュースをする。
その会社が育ったことによって、その会社をプロディースをした作品というのが仕事。
会社を今いくつもやっている、全部が将来の夢にむかって動いている。
夢にむかっているからみんなで頑張っていける。会社のために働ける情熱というのが大事。
人というのは自分のやって来た事に対して自分の価値観をどう見出すか。
若いうちは経験が足りないから、そこを経験してきたからこそ鳥瞰的に物事を見て判断ができる。
長年youtubeで動画を公開してきて、アイデアを共有してきていると思う。
全社員に言っていることがわかるように公開をしてきている。
社長が考えている方向性がわかるかどうか。会社の方向性はいつも言い続けている。
サラリーマン14年やってきた、起業家も長年やっている。
これから経営コンサルもやるし著書もやっていく。
今、スタートすれば必ず結果が出る。夢ってのは現実化するには志が必要。
決断して実行しなければ夢は実現しない。

今いろんな事が動いている。
小さい希望を育て上げてグループ化する。これほど強いものはない。
小さいのを育てて大きくする。大きくしたらまた小さくする。それをもっと育てる。
単細胞はちょっとした事で死んでしまうけれど多細胞は強い。
せっかく作ったのだから100年、千年を生き残るような会社にしたい。
その会社の途中の経過として今があると思ってほしい。



20150621_1fudousan_houzin

事業拡大を図りたい方に是非聞いていただきたいセミナーです。

不動産投資を進めていくと、おのずと累進課税の増税と相続対策にぶつかることになる。私自身、まだ若かりし頃に不動産投資を進め、40歳を越える頃には、気が付けば5億円以上の不動産に投資していた。サラリーマン時代には所得も向上し、不動産所得も増え続け、将来的な老後には全くの不安を感じてもいなかった。
ところが、である。資産を拡大させるには、不動産投資は明らかに有利なのだが、拡大させればさせるほど、総合所得で所得税がとてつもなく拡大し、さらに純資産は過剰になり、相続対策を意識せざるをえなくなる。気が付いてみれば、当社に相続対策で相談に来る人達以上の資産を築きあげてしまったが、振り返ってみるともっと早くからやっておかなくてはならなかったことが沢山あったことに気付いた。
世の中には、相続対策の仕事をしている人達が多くいるが、その中で自ら相続対策が必要なほどの資産を持っている人はいない。世の中には、不動産投資を勧めている人たちは多くいるが、その人達に事業的規模で行っている人は非常に少ない。世の中には、経営コンサルタントと名乗る人達は多くいるが、その人たちに事業で成功した人は皆無である。
私自身、実業でも不動産投資でも成功してきたが、唯一最初にやっておけばよかったと思われること。それは、不動産投資も事業と捉えて資産の拡大を図ればよかった、ということを本講演でお話ししたいと思います。
やってみてわかった「不動産投資法人」のメリット。今後、事業拡大を図りたいひとはぜひご参加ください。

詳細:お申込はこちらから






tayouka2

今、不動産投資を取り巻く環境は大きな変化の渦中にあります。「市場や環境の変化にどう対処していくか」そして、そのための「原理・原則の理解」は投資家にとって欠かせないものとなっています。
新築・中古、一棟・区分、都心・地方、フルローン・現金買いあるいは駐車場・商業店舗・太陽光発電・借底地・再建築不可など様々な選択肢について、その特徴と優位性・問題点・使い方について「不動産投資の正体<改訂版>」著者が解説します。



◆詳細・お申込みはこちらから!



2015point_ziturei

個人で不動産投資を行う場合、その収益不動産から生じる利益は、不動産所得となり、所得税の対象となります。また、その不動産所得は所得税の計算上、総合課税として他の所得と合算して計算されてしまうのです。その所得税の税率は超過累進税率として所得が高ければ高いほど、高い税率が課税されることになります。
所得税の税率については、平成25年度の税制改正により最高税率は、なんと45%です。住民税と合わせると55%も課税されてしまいます。
つまり、給与所得などの他の所得が高い区分に属する方の場合には、不動産所得についても給与所得と同様に高い税率が課税されてしまうのです。そこで資産管理法人の活用です。

資産管理法人を設立し、個人と所得を分散させることにより税負担を軽減することができるようになります。また、資産管理法人は相続対策として重要なポイントの一つになります。

第1部セミナーでは、どういう人が資産管理法人を設立した場合にメリットがあるか、資産管理法人の種類と設立の手順、所得分散のやり方、相続対策としての活用方法等について、CFネッツグループ銀座タックスコンサルティングの保立(ほたて)税理士から詳しく解説させて頂きます。

また、第2部におきましては、「不動産投資プロの流儀(週刊住宅新聞社)」の著者でもあり、CFネッツにおいてアセットコンサルタントとして不動産投資の最前線にてコンサルティングと実務を行う中元CPMから、実際に資産管理法人を活用した資金調達と投資実例を解説して頂き、法人を活用した資産形成の手順を知って頂く内容となっております。


◆詳細・お申込みはこちらから!





2015cf_pro

皆様、大変お待たせいたしました!
いよいよ、不動産投資分析ソフト『CF-PRO』のお披露目いたします!昨年7月、不動産投資分析ソフトを作ろう!と決意してから、開発期間約1年。予想よりも大幅に開発に時間を費やすこととなってしまい、完成を待ってくださっていたお客様には大変ご心配をおかけしました。このお披露目会では、本ソフト開発までの経緯、機能や特徴について、3部に分けてお伝えいたします。


◆詳細・お申込みはこちらから!




人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!


2015年09月13日

結果は、ともあれ。タモリカップ、出場&完走!

IMG_1469


朝、若干、ぐずり気味の「翔鴎(カモメトブ)号」。
ようやく会場に姿を現したが、やはり、でかい!


人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!


IMG_1474

正面の3本マストの船には、主催者のタモリさんが乗っていて、この前を出場艇がパレードをする。

そしてレースが始まるのだが、今回、3グループに分けてのスタートで、我々、3番目のスタート。


IMG_1476

なにせ、189艇の参加。

バーベキューの参加者が2000人というから、とんでもない数の人たちが、このレースに参加しているわけだ。

また、基本的に、3つのポイントを周回して順位を競うのだが、ヨットは風向きでまっすぐ進むことができないから、いろいろな方向の風を受けてポイントへ向う。

あ、結構、いい線いってるじゃん。

と思いきや、タックして方向を変えた途端、あ、我々の位置、負けてるじゃん、ということが起こり出す。

一時期、風が止まり、我が「翔鴎」は、風向きと同じ向きに向いてしまい、せっかく風が吹き出しても、帆に風が入らず、苦戦。

あ〜ぁ、ゴールできないかもな、と思ったところで、神風が吹く。

ちょっとした強風が吹き、小さいヨットは苦戦する中、翔鴎号は急加速してゴールへ。

ま、順位は不明だが、ゴールできたことはよかった!


その後、夜は順位発表とバーベキュー大会。


今回、我々のヨットには21名。

その他、昨年、一緒に参加した人達も、別のヨットで参加していた為、合流。

来年は、この「翔鴎号」で優勝を狙おうなどと、大きな夢に向って大騒ぎとなり、気がつけば「飲みすぎモード」に入り、大会終了時には、ちょっとやばい状況に。

いやはや、





















また、やってしまった!


ま、しかし、

とても楽しいひとときを過ごすことができた!



来年は、社内でもクルーを育成して、ヨットレースに挑みたい!


では。


20150621_1fudousan_houzin

事業拡大を図りたい方に是非聞いていただきたいセミナーです。

不動産投資を進めていくと、おのずと累進課税の増税と相続対策にぶつかることになる。私自身、まだ若かりし頃に不動産投資を進め、40歳を越える頃には、気が付けば5億円以上の不動産に投資していた。サラリーマン時代には所得も向上し、不動産所得も増え続け、将来的な老後には全くの不安を感じてもいなかった。
ところが、である。資産を拡大させるには、不動産投資は明らかに有利なのだが、拡大させればさせるほど、総合所得で所得税がとてつもなく拡大し、さらに純資産は過剰になり、相続対策を意識せざるをえなくなる。気が付いてみれば、当社に相続対策で相談に来る人達以上の資産を築きあげてしまったが、振り返ってみるともっと早くからやっておかなくてはならなかったことが沢山あったことに気付いた。
世の中には、相続対策の仕事をしている人達が多くいるが、その中で自ら相続対策が必要なほどの資産を持っている人はいない。世の中には、不動産投資を勧めている人たちは多くいるが、その人達に事業的規模で行っている人は非常に少ない。世の中には、経営コンサルタントと名乗る人達は多くいるが、その人たちに事業で成功した人は皆無である。
私自身、実業でも不動産投資でも成功してきたが、唯一最初にやっておけばよかったと思われること。それは、不動産投資も事業と捉えて資産の拡大を図ればよかった、ということを本講演でお話ししたいと思います。
やってみてわかった「不動産投資法人」のメリット。今後、事業拡大を図りたいひとはぜひご参加ください。

詳細:お申込はこちらから






tayouka2

今、不動産投資を取り巻く環境は大きな変化の渦中にあります。「市場や環境の変化にどう対処していくか」そして、そのための「原理・原則の理解」は投資家にとって欠かせないものとなっています。
新築・中古、一棟・区分、都心・地方、フルローン・現金買いあるいは駐車場・商業店舗・太陽光発電・借底地・再建築不可など様々な選択肢について、その特徴と優位性・問題点・使い方について「不動産投資の正体<改訂版>」著者が解説します。



◆詳細・お申込みはこちらから!



2015point_ziturei

個人で不動産投資を行う場合、その収益不動産から生じる利益は、不動産所得となり、所得税の対象となります。また、その不動産所得は所得税の計算上、総合課税として他の所得と合算して計算されてしまうのです。その所得税の税率は超過累進税率として所得が高ければ高いほど、高い税率が課税されることになります。
所得税の税率については、平成25年度の税制改正により最高税率は、なんと45%です。住民税と合わせると55%も課税されてしまいます。
つまり、給与所得などの他の所得が高い区分に属する方の場合には、不動産所得についても給与所得と同様に高い税率が課税されてしまうのです。そこで資産管理法人の活用です。

資産管理法人を設立し、個人と所得を分散させることにより税負担を軽減することができるようになります。また、資産管理法人は相続対策として重要なポイントの一つになります。

第1部セミナーでは、どういう人が資産管理法人を設立した場合にメリットがあるか、資産管理法人の種類と設立の手順、所得分散のやり方、相続対策としての活用方法等について、CFネッツグループ銀座タックスコンサルティングの保立(ほたて)税理士から詳しく解説させて頂きます。

また、第2部におきましては、「不動産投資プロの流儀(週刊住宅新聞社)」の著者でもあり、CFネッツにおいてアセットコンサルタントとして不動産投資の最前線にてコンサルティングと実務を行う中元CPMから、実際に資産管理法人を活用した資金調達と投資実例を解説して頂き、法人を活用した資産形成の手順を知って頂く内容となっております。


◆詳細・お申込みはこちらから!





2015cf_pro

皆様、大変お待たせいたしました!
いよいよ、不動産投資分析ソフト『CF-PRO』のお披露目いたします!昨年7月、不動産投資分析ソフトを作ろう!と決意してから、開発期間約1年。予想よりも大幅に開発に時間を費やすこととなってしまい、完成を待ってくださっていたお客様には大変ご心配をおかけしました。このお披露目会では、本ソフト開発までの経緯、機能や特徴について、3部に分けてお伝えいたします。


◆詳細・お申込みはこちらから!


人気ブログランキングへ
↑応援して頂くと更新の励みになります!


【筆者のプロフィール】
Y.C.A.(ヨコハマ.コンピューター.アカデミー)在学中、輸出関連会社を起こすも、ココム規制(COCOM=対共産圏輸出規制)により廃業。 その後、25歳で某不動産仲介業者に就職。その会社で営業部門でトップの業績を果たし、新入社員の時から広告に携わり、副店長を経て企画課課長に就任。C.I.戦略(コーポレート.アイデンティティー)導入や、社内のロゴマークのデザイン、新規出店計画やリクルート活動をこなし、また地域戦略を実践し、地域文化活動なども主宰する。 その後、新規事業の賃貸管理業務とコンサルティングを併せた事業を開発し、企画課長と並行して同事業部の所長に就任、経常利益率35%超の日本一と言われた事業構築に成功する。 1993年(平成5年)「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍し、日本全国で業界団体の講演などの活動が始まった。 1998年「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を出版。 北野たけし氏の番組「ここが変だよ日本人」に出演したことから、「ジェネレーションジャングル」「ワールドビジネスサテライト」など、テレビにも多数出演している。 2000年、CFネッツを軸としたグループ会社を立ち上げ「アッと驚く 不動産投資」(住宅新報社)を出版。あの「金持ち父さん貧乏父さん」(ロバートキヨサキ著 筑摩書房)の発売前に不動産投資の著書を日本で初めて出版したことから、全国的講演依頼が殺到し、その後、数々の不動産投資に関する著書を発表、現在では、不動産投資の世界でもカリスマ的な存在となっている。 また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて受験して取得しており、現IREN−JAPANを創設し、日本国内のプロパティマネジメントの近代化に取り組んでいる第一人者でもある。

主な経歴
(株)CFネッツ 代表取締役

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的な月貸し賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。同時に某不動産仲介業者を退職。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社16社、総社員数120名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。 実業家だけでなく不動産投資家としても著名であり、また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「炭火焼蔵」「六本木 遊ヶ崎」「手打ちそば葉山商店」などの飲食店を経営する美食家としても知られている。
 著書に「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」ほか多数。 現在、FMヨコハマとJ-COMテレビで「ここが知りたい不動産」、J-COMテレビ「大人の歩き方」にレギュラー出演し、その他、ニュース番組にも登場している。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
中国式ソフト整体院
東五反田にある痛くない中国式ソフト整体院
【CF Net's CHANNEL】

格安の動画制作はスタジオAOBA

格安動画制作ならスタジオAOBA

CF Net's CHANNELの動画の動画はスタジオAOBAが作成しています。

【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー
【執筆書籍】