CFネッツ代表[公式]「不動産投資成功の方程式」倉橋隆行のプロに学ぶアッと驚く不動産投資

実務経験豊富なプロの不動産コンサルタント、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼なども公開しています!

2012年05月

2012年05月31日

すべてが儲からない仕組みを供給してきたから駄目なのである。

先日、個別相談で訪問させて頂いたが、これは無理だろうというビジネスモデルを押し付けている建築会社がいるわけである。


人気ブログランキングへ
↑ 本日も応援して頂くと励みになります!


というような朝礼です。


本日、朝一で三崎の下町の店舗を買って、いま、事務所についた。

ん〜、時間に追われている。

やばい。

6月2日のレジュメ、まだ完成していない!


※ 三浦を楽しもうキャンペーンの詳細はこちら

 ぜひ、お時間のある方は、ご参加ください!当社の行っている地域活性化がわかります!


人気ブログランキングへ


<2012.05.28.CFネッツグループ 代表 倉橋隆行 朝礼講和>



ホームページ http://www.cfnets.co.jp/
CFネッツグループ 代表 倉橋隆行による朝礼講和。
以前の会社で賃貸管理を行っていた時、ビジネスモデルが成り立たず儲からないと考えていた。
金融機関が中心となってオーナーとなる人に相続対策でアパートの提案を行い、そこと繋がりのある建設会社が建物を建てる。その際自分たちの利益のためになるべく高い建物を建てようとする。そのためなるべく高い査定をする。そのあと賃貸を管理をする会社が入るが、そんな物件は無理ではだと思いながらいやいや仕事を行う。
そして最終的には仲介会社におりてくるがそこでいくら頑張っても成果が出ない。
もともと最初から貸せない家賃の物件ばかりだからだ。
逆にその仕組を変えて、賃貸管理の会社である自分たちがオーナーに対して建築や土地活用のを提案してきた。そうすることでまるで収益構造が変わった。
これから動き出すテナント・法人営業についてもそうだが、普通の仲介会社・不動産会社には素養がなくそういった事を行うことができない。
CFネッツではテナントの要望に応じた建物を建てるなど他の会社ではできないコンサルティングができる。
日本は都市計画法のせいでおかしくなってしまった。
住宅・商業施設・勤務先があって人が住みやすい街になる。
これからできる範囲で商業・医療などがそろった住みやすい街をつくる都市計画を行っていく。
また新しいビジネスを始めようと考えている。
家賃滞納処理などの債権回収の部門があるが、もっと大きいマーケットが債権整理にはある。
今度弁護士を募集しようと思う。
総合的な法務を行えるようになれば今以上の実力になるだろう。
CFネッツは土台がしっかりしているので、その上に新たなビジネスモデルを構築すればまだまだ伸びる。


エリアコミュニケーションズ 代表取締役 西村様 ご挨拶



人気ブログランキングへ

2012年05月30日

ほんとうに、日本は、不幸な国になってしまった。

現状の日本経済の行方は、終戦後から仕組まれていたと感じる。

人気ブログランキングへ
↑ 本日も応援して頂くと励みになります!


というような朝礼です。


本日、会社は休みなのだが、6月2日の「三浦を楽しもうキャンペーン」のレジュメ製作。

ん〜、時間に追われている。


※ 三浦を楽しもうキャンペーンの詳細はこちら



<2012.05.27.CFネッツグループ 代表 倉橋隆行 朝礼講和>



ホームページ http://www.cfnets.co.jp
CFネッツグループ 代表 倉橋隆行による朝礼講和。
昨日もPM事業部に応募されてきた方の面接を行った。
思ったのは日本は不幸な国だなと感じた。政治と経済がダメになってきて将来がみえないと言うことだ。
働いていても将来が見えない会社、それどころか会社自体がなくなってしまうこともある。将来の分析ができない政治家が方向性を間違ってしまっている。
新卒の初任給が20年も変わっていないと言う事は、経済成長が無いということだ。それどころか、技術は海外に流出しその国が台頭してきている。日本は業界団体が官僚と一緒になって、成長を阻害するような自分たちを守るための政策を行っている。日本の教育においては、就職は大手志向で中小企業では働ける人材を育成できない。本来の自由な経済で生き続けられるしくみを作っていなかった。だから日本の経済は不幸である。
いま三浦市の仕事を行っているが、市の助成金などに頼らず自分たちで付加価値を得られるようなかたちにしていかなければならない。
当たり前だが欧米では官僚や政府が産業に対して補助はするが口は出さない。
経済は経済人がやるべきだが日本は終戦後の弱い経済の中でつくられた政策のままずっとやってきた。
そのしわ寄せが今きている。
だから逆に中小企業に幅広く対応できるCFネッツは勝ち残れる。

人気ブログランキングへ


2012年05月29日

京都の料亭の「鱧」(はも)は、淡路島のものが多いらしい。

城ヶ島 遊ヶ崎リゾートで鱧を一昨日、淡路島のレインボー不動産の山形さんから「鱧」が届き、早速、いただきました!

人気ブログランキングへ
↑ 応援して頂くと、更新の励みになります!



先週の水曜日、IREM−JAPANの総会後の懇親会に出席し、結構、懐かしい連中の話が弾んで食事ができず、このままでは腹が減って眠れないということで、夫婦で横浜駅近くの料理屋で食事。


その際、「鱧」のメニューがあり、えっ、ちょっと早いんじゃないかと思ったが、そこは「鱧」好きの性。

とりあえず注文して日本酒を飲んでいたときに、妻が
「鱧って言えば、淡路島の山形さん、また贈ってくれるかな」

などと、ちょっと注文した「鱧」に不満だったらしく、そんな話をしていたときに


「こんばんわ。鱧漁が始まっています。いつにお送りすればよろしいでしょうか」


「・・・・・・・」


夫婦で顔を見合わせるくらいびっくりし、いかにも、その光景が見られているかのようだった。

いつも遠慮をしていたのであるが、いつも、そうは言ってもと贈って頂いているので、今回も、お言葉に甘えて早速贈って頂くことに。


ということで、一昨日、最終の仕事が、城ヶ島 遊ヶ崎リゾートだったので、今回は、ホテルのスタッフと、元Jリーガーの鈴木将太君と一緒に美味しく頂いた。


そもそも「鱧」というのは、魚偏に豊かと書き、縁起物である。

初夏に京都の料亭では、高級魚として扱われているが、他の地域では、骨が硬くて多いから、加工して食べるものとされていた。

最近では、輸入品の割安な鱧が出回っていて、スーパーや居酒屋などでは、この高級な淡路島の鱧は使われない。


また、淡路島の鱧は、この時期、産卵前で卵がいっぱい入っており、これが、また、美味。

おまけに、調理は城ヶ島 遊ヶ崎リゾートの料理長にしてもらっているから、大変、幸せな気分である。

今回も、鱧なべと天ぷらでいただいたのであるが、いやぁ、やっぱり鱧は、淡路島産のものが旨い。



ということで、その日、またもや日本酒を飲みすぎてしまった!


日赤のドクターチーム、すいません。






「鱧」が旨すぎて、悪いんです。




人気ブログランキングへ


2012年05月28日

フェイスブックの活用方法!

凄い時代になったと、あらためて感じる。

人気ブログランキングへ
↑ 応援して頂くと、更新の励みになります!



昨日、城ヶ島 遊ヶ崎リゾートで、淡路島の「鱧」パーティ。


ちょっと、二日酔いで、いま、横浜本社に出勤。


その模様は、明日に。



今日は、フェイスブックの活用について。


<2012.05.26.CFネッツグループ 代表 倉橋隆行 朝礼講和>



ホームページ http://www.cfnets.co.jp/
CFネッツグループ 代表 倉橋隆行による朝礼講和。
昨日のブログにも書いたが、メールに比べてfacebookは知っている人からしか連絡が来ないからわかりやすい。また、facebookの繋がりを使えば仕事においても動きが早い。部署の異動や事務所の移転など郵便物がいっぱい来るが、facebookがあればそういった事は関係なくすぐに連絡が取れる。昨日、昔からの知り合いのfac-ebookの投稿を見て思ったが、できない理由を他人や環境のせいにしてはいけない。学歴や親や周りの環境のせいにするのは負け犬の理論だ。何かをやるときに環境は関係ない。やろうとする人間ができる。できるできるという物事の考え方でやってみる事が重要だ。
ビジネスにおいては顔が見える事が一番大事だが、facebookでは直接的に連絡が取れるので活用できる。手紙や葉書では面倒だ。過去に繋がりがあった人や友達の友達などとすぐにやりとりができ有効な活用方法はまだまだあるので、facebookには力を入れた方がいい。
人気ブログランキングへ


2012年05月27日

環境が人を作るし、育て上げるものである。

したがって、ビジネスモデルの問題より組織の環境を考える。

人気ブログランキングへ
↑ 本日、順位下落。ぜひ、応援の一押しを。


というような朝礼を。


※ いよいよイベント盛りだくさん。
   イベントの詳細はこちら


<2012.05.25.CFネッツグループ 代表 倉橋隆行 朝礼講和>



ホームページ http://www.cfnets.co.jp/
CFネッツグループ 代表 倉橋隆行による朝礼講和。
昨日から徐々に面接を行っている。
応募者をみていて、仕事が積み重なっている人とそうでない人の差は分かりやすい。
重要なのは仕事に対する基本的な姿勢である。
どの仕事であれ、自分が携わっている仕事に社会性があると認識しているかどうか。仕事に対する基礎ができているかどうかで、同じ仕事を行っていても全く違う。その上に、仕事の環境と言うものがある。
組織を作る時、一番チカラが発揮できるような組織を作る。
その際にその組織の基盤がしっかりと作れるかどうかが重要である。その基盤ができると、そこで働く人たちの意思疎通が図られる。
環境は人が作る。
組織として考え方など明確でないと人はついてこない。
今後、テナントサービスという新しい文化がCFネッツに入ってくる。
今までの組織形態からもっと横断的に情報や仕事を共有できる組織の基盤を作っていかなければならない。
人気ブログランキングへ


2012年05月26日

よく考えると、周囲を大切にできないと大成できない。

昔、かなり親しい顧客から「友達を大切にしなさい」ということを言われたことがある。

人気ブログランキングへ
応援していただくと、更新の励みになります!


先日、久しぶりに「IREM−JAPAN」の総会に出席し、懐かしい面々と懇親を深めることができた。


もう、20数年、かような仕事をしてきて、財産は「ひと」であることに気付いている。


私が若いときには、本当に生意気だったと思うが、その行動については「間違っていない」と信じて、この業界を歩いてきた。

前職の会社でも、いろいろと学ばせて頂いたことに感謝はしているし、社内以外の人脈も、お陰さまで「出版」とか「講演」とかを通じて知り合った人たちとも、親しく付き合ってきていた。

その中で、結構、酷い目に合ったこともあったが、基本的に、いま付き合っている人たちは、一緒に成長してきている人たちだ。


実は、ひとは、同じ時間軸で成長していて、学生時代の同級生だけではなく、仕事で知り合ったりした人たちも、同じ時間軸で成長しているわけで、気がつくと周囲には、いろいろな人脈が出来上がっている。


その根底にあるのは、いつも仲良く楽しく過ごしていることが大切で、親しくしていた人の中には、ビジネス上、卑しい人間もいたりしたが、彼らとは自然に疎遠となってきて、仲間ではなくなってしまうから、自然、いまの仲間が洗練された仲間であるといえる。

私の「成功へのこころの科学」に、


幸福とは人伝えにやってくる
だから、人を大切にできない人は
決して幸福にはなれない

※ 成功へのこころの科学はこちら


というのがあるが、まさにその通りであって、友達のいないビジネスマンなどありえず、仕事を通じて一緒に楽しむように仕事ができて一流であるといえる。


会社の経営者も同様であって、社員から親しまれない社長の会社など楽しくもないし、上司、部下なども同様である。


また、顧客だって、楽しくもない営業マンなど、来てもらっても楽しくもないから、そういうひとはビジネスの世界でも成功などできない。

私自身は、仕事を仕事と割り来る生き方など、ありえないと思っていて、だから仕事も遊びも楽しむことができ、仲間も、どんどん増えるわけである。


今回、一緒にビジネスを立ち上げるエリアコミュニケーションズの西村社長も、私も彼も、前職のときからの知人であり、紆余曲折を味わって、今回、一緒に仕事を組むことになった。


よく、昔は福岡で飲んで回ったりして、何となく馬鹿馬鹿しい付き合いだったが、それでも何となく気が合うのか、今回の件も、では一緒にやろう!ということで新たなビジネスに取り組むことになった。


昔、私を育ててくれた顧客の一人が

「いまいる友達を大切にしなさい。すると、将来、一緒に助け合って仕事ができるときが来るから」


ということを言われたことを思い出している。


そういえば、九州といえば、もうお亡くなりになってしまったが不動産中央情報センターの濱村さんや三好不動産の三好会長にもたいへん可愛がってもらった。

よくよく考えれば、当時、駆け出しの私のようなものを大事にしてくれ、引き立ててくれた。

なんだか、やたら尖った話を講演していた若造の私に、こいつのいうことに間違いはない、と講演などをいろいろ依頼してくれていたし、紹介もしてくれていた。

お陰さまで、ほんとに幅広い人脈が出来上がり、いまでも仲良く付き合っている人たちが多い。

この西村社長も同様である。


現在、私自身も、少々、この業界では年配の部類に入りつつあるが、彼らのように業界の若手を育て上げる努力をしなければならないと感じている。

育ててもらったら、育てる義務が生じるという根本的なことがわからないと人脈などできない。

そろそろ、そういう年になったんだなと、先日の「IREM−JAPAN」の総会や懇親会に出席して感じた。



あれは、何処だったか。


確か、福岡で講演したときに、突然、癌で一度倒れたと聞いていた濱村さんから電話をもらい、一緒に食事をしようと誘われたことがあった。


「あんたは、すばらしい。ほんとに、よく頑張られた」

と褒められ、にこやかに食事をされた。


病気はもう治ったから大丈夫だということだったが、その後、再度、入院し、帰らぬ人となった。


この業界を支えてきた重鎮が亡くなられた訳だが、少なくとも「ひとを育てる魂」は引き継いでいるつもりだ。


ほんとうに、縁というものは、計り知れないものなのである。



※ CFネッツの今後のイベント確認はこちら


人気ブログランキングへ



2012年05月25日

会社は、考え方でできている。過去の成功体験は、通用しない!

新CPM授与者を前に、お話させて頂いた。

人気ブログランキングへ
応援していただくと、更新の励みになります!



今後の不動産業のあり方は、刻々と変化し、過去の成功体験を踏襲している所は、ほとんどが変化に対応できていない。


国際ライセンスのCPMを海外に渡航して取得した理由は、日本の不動産業の文化を変えてみようと思ったからだ。


というような内容の朝礼です!


ぜひ、ご覧ください。


あ、間もなく、6月2日の「三浦を楽しもうキャンペーン」開催である。


まだまだ、バスツアーの空席があります!
この機会に、当社が手がけている「三浦三崎下町&城ヶ島活性化プロジェクト」を現地でご覧ください!


※ 詳細はこちらから



<2012.05.24.CFネッツグループ 代表 倉橋隆行 朝礼講和>



ホームページ http://www.cfnets.co.jp/
CFネッツグループ 代表 倉橋隆行による朝礼講和。
昨日はIREM JAPANの総会と懇親会に出席した。
不動産業界に入ったとき、働いている人たちが生活に追われ夢を持てず、不安定な業界を変えなければいけないと思った。
物事はすべては不動産に通じているにもかかわらず、そこで働いている人たちは意識していなかった。例えばアパートを建てるとき、オーナーが何のために建てるのか理解してやっているかどうか。それまでは、金融機関から勧められて、皆が疑問に思うような建物を相続対策と称して建設しても、誰も注意しなかった。自分たちの利益しか考えていないからだ。
本来ならその建物が正しいかどうかの判断をするのは不動産会社だ。
賃貸を仲介・管理している人たちがその経験や技術力を使ってオーナーに提案すれば収益構造も社会性も全然違ってくる。
文化を作る時、必要不可欠な会社を作る事が一番重要だ。
CFネッツは必要不可欠な会社に近づいている。会社はお客にとって必要かどうか検証が必要だ。次に社員が楽しく仕事ができるか。お客さんの要望に応えようと言う意識があるから会社が成長する。 CPMの保有者は今300名くらいまで増えたが、業界の中に違う流れを持ってきたい。既存の業界は自分たちの身を守る事ばかり考えている。CPMという免許を持っていると言うだけでは意味がない。倫理を重んじてお客様のために働きましょうと言う事がCPMの一番重要な事だ。それは当り前のことだが、今の日本では当たり前ではなくなっている。
重要なのは考え方だ。
根底ある物事の考え方が正しいからCFネッツは成長している。

人気ブログランキングへ


2012年05月24日

昨日、IREM−JAPANの総会出席!

ところが、三浦の土地建物購入に向けて仕事が・・・・・。

人気ブログランキングへ
応援して頂くと、更新の励みになります。


どうしても、今月中に決済を希望ということで、私のスケジュールが目いっぱいのため、昨日しか時間が取れず、仕方がないので、午前中の総会に出席し、午後のCPM授与式まで参加し、その後の懇親会等はキャンセルしようと考えていたが、私自身、2002年に会長を務めていたこともあり、ぜひ、懇親会に参加して欲しいとの声。


急遽、あちこちの連絡を取って予定変更。


総会終了後、三浦に戻って打ち合わせと調査。

その後、とんぼ返りで懇親会の滑り込みセーフ。


いやぁ、久しぶりに参加したIREM−JAPANの面々と楽しいひと時を過ごすことができた。


ま、既に、この会発足から15年くらいになるのだが、設立当初の面々は、私同様、歳はとったが、まだまだ健在である。


本日、新CPMのメンバーが、せっかく横浜に来たのだからということで、当社に視察に来るらしい。


朝礼から出席するということらしいが、私自身、本日もスケジュールは目いっぱい。


呉山君らが対応してくれるということ。



CPMの皆さん、別に遠慮など要らないから、前もってスケジューリングしてくれれば、ちゃんと対応しますので、どんどん勉強に来てください!


ということで、今日も一日、パワー前回で。


では。

人気ブログランキングへ
本日も順位上位確保。ぜひ、応援の一押しを。

2012年05月23日

挑戦!・・・・・・・失敗に終わる。

昨日、FMヨコハマの収録後、日赤医療センターにて、健康診断。


人気ブログランキングへ
本日も順位上位確保。ぜひ、応援の一押しを。


3ヶ月前に検査した結果を元に、昨日は「チャレンジ」のつもりで再検査を申し込んでいたのであるが、すっかり忘れていて、あまり健康に気遣っておらず、目標数値、惨敗である。


よくよく考えてみれば、ゴールデンウィークには、オーストラリアのゴールドコーストに滞在。

以前に書いたとおり、景気が悪いせいか、和食レストランなどがなくなっていて、おまけに物価の上昇によって、野菜類が高いと言うことで、ほぼ毎日、野菜の付け合せのないOGビーフを食べて、ビールにワインと飲みすぎ、帰国後も、いろいろとイベントがあって、暴飲暴食。一応、サイドメニューでなるべく野菜類を食べてはいたが、巨大なOGビーフにはかなわず。


予定表を見て、あっと驚いたのが5日前。


「これは、あきらめよう」


と、あきらめ半分で検査に挑んだのであるが、案の定、やはり目標数値、惨敗。


おまけに体重は、なんと、ここ2週間ほどで2キロも増えている。


「体重もさることながら、皮下脂肪が・・・・・」

とは、栄養指導の先生。


知らず知らずに増え続けた皮下脂肪。


ちょっと、摂生しなければ。


いろいろと、ご指導いただいている先生方に

「不本意な結果で、申し訳ない」

と、あやまって、次回、3ヵ月後に再度、予約を入れて帰ってきた。



ん〜、これから夏に向けて、大丈夫なのか。


というわけで、昨日は「ノンアルコールビール」をば。

なんだかんだ、経済的理由とは無関係に、かような生活はエンゲル係数がさがざるをえない。


ま、あまり無理せず、3ヶ月間、徐々に目標数値に近づくよう努力したい。


今日は、久しぶりにIREM−JAPANの総会に顔を出す予定だが、既に急用があって時間通りにいけない。

ま、現在、役職はないから気楽なものである。


では。



人気ブログランキングへ
本日も順位上位確保。ぜひ、応援の一押しを。


2012年05月22日

昨日の続き。金環日食とビジネスについて

それは、希少性を追求して、付加価値を創造することである。

人気ブログランキングへ
本日も順位上位確保。ぜひ、応援の一押しを。


今朝は、早くからFMヨコハマの収録。

投稿が、いまになってしまった!


結構、参考になる話だと思いますので、ぜひ、ご聴講ください。


<2012.05.21.CFネッツグループ 代表 倉橋隆行 朝礼講和>


ホームページhttp://www.cfnets.co.jp
CFネッツグループ 代表 倉橋隆行による朝礼講和。
今日の朝は日食を見た。テレビ番組も全部金環日食の内容ばかりだったが、それは希少性が高いからだ。希少性には価値があるが、ビジネスの中の希少性には怖いものがある。今-、希少性があって販売されているものは価値があって売れているが、それがどんどん広まると他社の模倣がでてきて結果的には希少性がなくなる。薄型テレビは以前1インチ1万-円と言われていたが、現在はかなり値下がりした。産業の世界では、希少性に付加価値があり、希少性がなくなると付加価値がなくなる。
CFネッツの仕事についても同じことが言える。
不動産のコンサルタント会社はCFネッツがスタートした時には1つしかなかった。今は不動産コンサルタント会社を名乗っている会社はいっぱいある。
しかし彼らとCFネッツの違いは、実業であるかどうかだ。
実業の不動産コンサルタント会社はCFネッツしかない。
コンサルティング、賃貸・売買の仲介、賃貸管理、住宅販売など複合的に不-動産を行っている会社は滅多にない。今度さらに、テナントと法人向けのサービスを開始する。そこまで総合的にできる会社は無いので希少性がある。CFネッツには提案能力も-、地主の情報も、投資家の情報ある。多角的な提案ができるので事業展開は有利に進められるだろう。

人気ブログランキングへ


【筆者のプロフィール】
Y.C.A.(ヨコハマ.コンピューター.アカデミー)在学中、輸出関連会社を起こすも、ココム規制(COCOM=対共産圏輸出規制)により廃業。 その後、25歳で某不動産仲介業者に就職。その会社で営業部門でトップの業績を果たし、新入社員の時から広告に携わり、副店長を経て企画課課長に就任。C.I.戦略(コーポレート.アイデンティティー)導入や、社内のロゴマークのデザイン、新規出店計画やリクルート活動をこなし、また地域戦略を実践し、地域文化活動なども主宰する。 その後、新規事業の賃貸管理業務とコンサルティングを併せた事業を開発し、企画課長と並行して同事業部の所長に就任、経常利益率35%超の日本一と言われた事業構築に成功する。 1993年(平成5年)「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍し、日本全国で業界団体の講演などの活動が始まった。 1998年「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を出版。 北野たけし氏の番組「ここが変だよ日本人」に出演したことから、「ジェネレーションジャングル」「ワールドビジネスサテライト」など、テレビにも多数出演している。 2000年、CFネッツを軸としたグループ会社を立ち上げ「アッと驚く 不動産投資」(住宅新報社)を出版。あの「金持ち父さん貧乏父さん」(ロバートキヨサキ著 筑摩書房)の発売前に不動産投資の著書を日本で初めて出版したことから、全国的講演依頼が殺到し、その後、数々の不動産投資に関する著書を発表、現在では、不動産投資の世界でもカリスマ的な存在となっている。 また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて受験して取得しており、現IREN−JAPANを創設し、日本国内のプロパティマネジメントの近代化に取り組んでいる第一人者でもある。

主な経歴
(株)CFネッツ 代表取締役

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的な月貸し賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。同時に某不動産仲介業者を退職。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社16社、総社員数120名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。 実業家だけでなく不動産投資家としても著名であり、また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「炭火焼蔵」「六本木 遊ヶ崎」「手打ちそば葉山商店」などの飲食店を経営する美食家としても知られている。
 著書に「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」ほか多数。 現在、FMヨコハマとJ-COMテレビで「ここが知りたい不動産」、J-COMテレビ「大人の歩き方」にレギュラー出演し、その他、ニュース番組にも登場している。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
中国式ソフト整体院
東五反田にある痛くない中国式ソフト整体院
【CF Net's CHANNEL】

格安の動画制作はスタジオAOBA

格安動画制作ならスタジオAOBA

CF Net's CHANNELの動画の動画はスタジオAOBAが作成しています。

【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー
【執筆書籍】