CFネッツ代表[公式]「不動産投資成功の方程式」倉橋隆行のプロに学ぶアッと驚く不動産投資

実務経験豊富なプロの不動産コンサルタント、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼なども公開しています!

2008年04月

2008年04月30日

と、言うわけで、成田空港にいる!

きっと、ゴールデンウィークに突入するからと、早めに出たが、いつもと変わらず、早く着きすぎた!

 

人気ブログランキング 今日も投票はこちら

 

9時集合!ということだったので、早めに出たのだが、S2000でかっ飛んできたら、1時間半も前についてしまった。

今回のツアーでは、今後のビジネスモデルの打ち合わせと、工場内での指導方法などを打ち合わせるつもりだ。

取り急ぎ、日本での建築現場のプランができつつあるので、これを具現化する打ち合わせなのだが、品質管理と工程などの打ち合わせを進め、年内竣工をめざす。

昨日、突然の休日ができたので、久しぶりに、城ヶ島のホテルを紹介してもらった不動産業者に訪問し、セカンドハウス用地の紹介を受けた。

いろいろ紹介を受けたが、ま、しかし、地元情報は詳しく、ためになった。

結構、気に入った物件があり、残念ながら海は見えないのであるが、ホテル近くの高台で南道路、隣地も将来、購入できる可能性もある為、早速、値段の交渉に入ってもらうことにした。

今回は、当社で企画しているキングダムホームで建築することと、乗用車が数台はいる場所として紹介してもらったのだが、まあまあ、何とかなりそうだ。

その他、海が見える南傾斜の土地も紹介を受け、実は、これも検討したいと考えている。

休みのときも、不動産を見て歩くというのは、職業病ですか?

とは、夕食にいった寿司屋の親父の話。

いわれてみれば、そうかもな、と、ちょっと反省している。

あ、いろんな奴から電話がかかってくる。

「社長、いま、どこですか?」

やばい、では、行ってきます!

また、バンコクで。

 

人気ブログランキング 本日のランキングはこちら



2008年04月29日

実は、本日からゴールデンウィークで休みらしい。

倉橋いや、知らなかった。

 

人気ブログランキング 本日も投票はこちらを一押し!

 

あ、久しぶりに予定が空白だぞ!明日から、バンコクに出張&社内旅行に出かけるから、きっと気を利かせて、秘書らが予定を入れなかったのだろう、と思っていたら、何と、本日から連休になったそうだ。

先日、ご丁寧に、労働基準監督署がやってきて、いろいろと指導を受けた。

当社では、上場準備を一年間かけて行っており、勤務体系も前職会社より余裕あるものとしたのだが、それでも休日が少ないとの指摘を受け、今年の4月から年間120日弱に変更した。

へー、世の中の人たちって、働かないんだな、とは率直な意見だが、社長、役員は関係ないそうだから、いかにも勝手な理論である。

当社の場合、業務時間内で研修や外部研修の受講や資格受験などを行っており、実質、労働時間は他社と比べて少ないと思うが、これを機に、休日を増やすこととなった。

もちろん、管理物件などの管理は、コールセンターを設け、社員も交代で対応することになっているから、問題はないが、業務がとまることで、投資家にはご迷惑をおかけすることになる。

本日より5月の7日まで、休業させていただきますので、よろしくお願いします!

現在、横浜本社では、増床作業に追われている。

この機会に、隣接する事務所が開いたので、これを借り、増床している。

従来のオフィスも、そこそこ小さいものではなかったが、ここへきて社員の増員により、机の数が足りなく、やむを得ず増床した。従来のオフィスの1.5倍の広さになる為、結構、広い。また、従来の接客スペースも広げ、打ち合わせなども多くできるようにしている。

併せて、みなとみらいオフィスも増床する。

現在も広いのであるが、隣接するオフィスが開くことになり、将来を見据えて借りることになった。しばらくは会議室的な感じで利用するが、すぐに足りなくなってしまうような気がする。

また、新宿の月極倶楽部の受付センターが手狭になり、これもオフィスの移転を行い、PM事業部と合体させる予定である。

ま、今年もかなり変化する年だが、来年は、加盟店の全国展開、キングダムホームの全国展開と、とんでもないことになることになっている。

来年度の新卒採用は、15名を予定しているし、中途採用も10数名採用の予定をしている。

CFネッツグループの成長は、もう止めることができない。

先日、ある顧客から当社のグループの株を購入したいと申し入れがあった。

結構、多い質問なのだが、現在、当社が上場準備をとめているには訳があって、株の譲渡は控えている。むしろ買い取る方向で動いている。

当社のような小資本で動いている会社では、さほどの資本流入はいらず、上場する際には、せいぜいグループ全体で50億円程度。こんな金額であれば、不動産関連の上場企業であれば、簡単に買えてしまう額である。

これではつまらないし、現時点の上場準備会社の評価は適正評価の60%程度と落ち込んでいるので、さらにつまらない。

社内でも、株について無知なものが、上場、上場などと言っているが、なにか従来の株長者の夢だけを追っているとしか思えない。

株式というものは、上場した場合とそうでない場合で、それぞれメリットとデメリットがあり、現時点での当社では、まだまだデメリットのほうが多い。

事業規模の拡大を図っていく中で、よいタイミングが現れるかもしれないし、現れないかもしれない。

やはり株式総額100億以上にもっていかなければ、簡単に買い取られるだけの会社となってしまうのである。

いやいや、なんの話か分からなくなってきたが、明日朝からタイのバンコクにスチール住宅の関係で出張する。

今年は、そんな関係で社内旅行もタイに設定したわけだが、既にあるモデルハウスの見学も含め、社員旅行といえども向学に勤しみたいと考えている。

また、タイから報告しますので、お楽しみに!

 

日本全国セミナー開催!詳細はこちら

 

本ブログを楽しみにしている方は、こちらで投票!



2008年04月25日

IREM−JAPAN全国縦断講演続く!

いま、福岡空港です!

 

人気ブログランキング 応援の一票はこちら  

 

昨日、福岡でIREM−JAPANの会員+非会員向けのセミナーで講演を行った。

え?これって、業者向けだよな、と思ったのは、なんと、いつも私のセミナーに参加いただいている大家さんのHさんとAさんが参加していた。

懇親会で尋ねたところ「大家さん代表で、業界の中を知りたかった!」とのこと。

セミナーは午後5時から7時まで。

懇親会は2時間。その後、3次会で、よくわからない無国籍クラブにいったが、HさんAさんも一緒に来ていた。Hさんは女性なのだが、この無国籍クラブって、どうかな、と思っていたが、主催のIREM−JAPANの大崎さんも、女性であった。

その後、ものまねバー、そして締めの博多ラーメンと、深夜まで遊びほうけて、ホテルに着いたのは2時ころだったか。

現在、福岡空港で出発待ち。

いやいや、ここの所、社員送別会からやばい状況が続いている。

今日も、夕方から大阪に移動。数人の社員と同行するが、早めにずらかろうと考えている。

IREM−JAPANのホームページはこちら

本日のブログランキング 順位の確認はこちら



2008年04月23日

出張、続く!

昨日、埼玉、今日、名古屋、明日、福岡、明後日は横浜でコンサル後、夜、大阪に移動し、翌日、フィールドワークセミナー。

 

人気ブログランキング 本日も投票はこちら

 

相変わらず、日本全国を飛び回っている。

やたら講演などが続いているわけだが、来週はタイへ出張の為、いろんな意味でバタバタしている。

確か、将来の安泰を目指して不動産投資を行ってきたはずで、既に、普通の人より不動産を所有し、所得も高いが、安泰などとはほど遠く、朝早くから夜遅くまで仕事をしている。

ま、仕事が嫌いなわけじゃないから、かような事態になってしまっているのだが、移動などのスケジュール管理を複数人が行っているから、結構、辛いものがある。

今日は名古屋で講演、一度帰ってきて福岡へ明日移動。ん?これって、名古屋から新幹線で福岡に入ったほうが、良くない?

とか。

現在、どんどんコンサルタントを育成し、仕事を分散させる作戦に出ているのだが、やはり、どうせならということで、私宛に講演依頼が入ってしまう。

昨日は、エンジンルームの近江さんが寿退職し、送別会を行った。

社内結婚、剱持くんと結婚することで退職したのだが、社内結婚は私としては良いことだと考えているし、子供の代に、その子供が当社に入社したくなるような会社に育て上げてゆきたいと考えている。

私の娘たちも、もう成人になるし、マネージャークラスの子供も成長している。

前職会社の時代に新卒採用で入社させたものもおり、彼ら自体も成長して、当社のコンサルタントとして活躍していることを考えれば、あっという間に時は流れてしまったように感じる。

毎日毎日、忙しくすごしている。前職会社のときなどは、朝8時から夜中の2時頃まで仕事をしており、学校をでてから今日にいたるまで、びっしり仕事をこなしてきていることを考えれば、普通のひとより凝縮された人生を送っていることは間違いがない。

まもなく、品川だ。では、名古屋に行ってきます!

 

人気ブログランキング 今日の順位はこちら



2008年04月21日

本日、サイアムスチール住宅の説明会開催!

キングダムホームと称して、いよいよ日本上陸!

サイアムスチール住宅

人気ブログランキング 投票はこちらをクリック!

いよいよ、重量鉄骨コンクリートパネル、ユニット工法、頑強住宅の販売を開始する。

既に、横浜、茨城の水戸、函館で建築が決定しており、新潟も準備中、かなりの勢いで建築計画が進む様相である。

その後、外観のデザインや構造設計が進み、従来の工法と比して、強度や剛性を増す、さらに安全性、耐久性、居住性が増すことになっている。

この住宅が日本に上陸すると、多分、現在の建築業界に大きな影響を与えることは間違いがなく、そもそも地震に対して不安が残る日本国内においては、この住宅にすることで、地震が来るのを楽しみにできるほど頑強な構造だ。

確かに「無駄に強い」と言われるかもしれないが、経済設計によって強度がぎりぎりの住宅性能では、予想以上の地震や台風、大雪などで住宅は危険にさらされる。

高耐震住宅骨材などの費用は確かに高騰が続いているが、この住宅はタイのサイアムスチール社(自動車部品やスチール家具、オーストラリア向けの住宅は年間2000棟以上の実績がある会社)の工場で生産するから、一番高い人件費が圧縮できる為、素材自体をケチる必要はない。

今回、CFネッツのコンサルティングによって、明らかに洗練されたデザインになったし、強度も向上したし、さらに生産性も向上した。

いやいや、楽しみな話である。

現在、強度計算などを更に検討し、日本全国統一基準を設けて認定を受けようと考えている。

骨材で使用するスチールは、実は新日鉄製で、輸入住宅と言っても、品質的には日本基準の品質であり、JIS規制をクリアした部材を選択して使用することから、はっきり言って、日本製のようなものだ。

80%以上、工場生産を目指しており、住宅の工業化を図っているわけだが、日本の自動車メーカーのように、世界中にこの住宅を販売してゆこうと考えている。

住宅を建築しようと考えている方!

日本全国、対応しようと考えています。

まだ、日本全国100%できるとは限らないが、住宅建築をお考えの方は、一度、お気軽にご相談ください!

高耐震テラスハウスお問い合わせは 045−832−7440 CFネッツ本社 犀川、黒川まで

※本日の説明会の詳細はこちら

人気ブログランキング 投票はこちら



2008年04月20日

リゾート気分!

城ヶ島遊ヶ崎リゾート東屋城ヶ島ホテル 城ヶ島 遊ヶ崎リゾートが進化しています!

 

本日の人気ブログランキング 低迷中!

気になるランキングの確認はこちら!

 

2週間ほど前に到着した、タイで購入してきた品々が、徐々に組み立てが進んでいる。

これは海側に面した庭に完成直前の東屋。

今年の夏は、この庭がバーベキューガーデンとして活躍する予定であり、いまから楽しみにしている。

あわせて、対面の庭には、ジャグジーのあるプライベートテラスが完成する予定であり、いよいよプライベートリゾートのようなホテルに変わりつつある。

ま、もちろん、現時点でも、天気の良い日には庭先でビールを飲んだり、ちょっとした料理も楽しめる。

先日、当社の新人研修会では、この庭でバーベキュー大会を催したが、やはり黄昏時のガーデンパーティは、異国情緒があってたいへんよい。

ゴールデンウィークには、概ね完成予定で工事を進めている。

このころの城ヶ島も、釣りあり、サイクリングありで、楽しめると思う。

ホテル外観まだ、若干、予約ができそうなので、ゴールデンウィークにお出かけ先が決まっていない方は、ぜひ、一度、お試しください!

一度、ご利用いただいた方が、再度、利用して頂ける理由が分かると思います!

お問い合わせは 046―881−0220 城ヶ島 遊ヶ崎リゾート まで

ホテル 城ヶ島 遊ヶ崎リゾートのホームページはこちら

人気ブログランキング 投票はこちらをクリック!



2008年04月19日

続き!

倉橋今日も、朝早くから新潟に移動中!

 

人気ブログランキング 今日も一票をお願いします!

果たして、不動産コンサルタントとして、またプロパティマネージャーとしてのスキルのある人間は本当に少ないわけである。

私自身も、数多くの仕事をこなして現在に至っているのであるが、常に法律や税務などが変わってくるので知識のメンテナンスが必要となっている。

そして新しい知識を身につけると、関係専門職と打ち合わせをしながら検証し、実際に実務としてやっていくのであるが、私のように多くのクライアントを抱えていて実務経験をつめる立場ならこれができるが、意外にかような立場で仕事ができる人も少ない。

また普通、弁護士や税理士などは専門誌も充実しており、情報も正確で役立つものを入手できるが、不動産業の専門誌など、「これは儲かる」みたいな下世話な情報の新聞ばかりで、専門性の微塵もない。

業界の環境も、じつは人を育てる環境にないのだ。

現在、当社では、毎週、各部門の勉強会を行い、社内で教育を充実させている。

当社のように、専門性の高い人材がいるからできることで、一般的にはコンサルティングやPM、LM業務の仕事を深く掘り下げて検証するなど不可能に近い。

私自身、業界に少しでも貢献しようと、そのノウハウのすべてを開示してきたわけだが、よく考えると、興味のない人に学んでもらうこと自体、難しいわけで、万人に教育することも、仕事の仕方を教えるのも無理である。

そこで、現在、加盟店組織を準備し、理解できる人だけで不動産を通じた社会性の追及、社会貢献、そして地域の人たちにノウハウを提供して資産の防衛を図りながら、優良な賃貸物件、売買物件を供給していこうと考えている。

万人すべてが幸せになることは難しい。

当社のかかわる人たちだけ、何となく当社と付き合っていて良かったと思える程度の範囲で活動を集中するしかないと考えている。

ここの所、日本全国を飛び回っており、各地方の方たちの個別相談に乗っているわけだが、結局のところ、地方での相続対策は限界があり、首都圏の不動産を活用する手法がやはり有効であることから、我々が管理できる物件で相続対策を行うことになってしまっている。

本日、私自身は新潟に出張しているが、大阪のクライアントが横浜にやってくることになっている。

当社のソリューション事業部で対応することになっているが、まずは今回の手法で、2億円を越える相続税は0になってしまう。

 

あ、まもなく品川だ。では、いってきます!

※本年の宅建受験講習はこちら  

 

本日のブログランキング 気になる順位確認はこちら



2008年04月18日

メルマガ、充実!

号外!

今週号のメールマガジンから、内容が充実されました!

先ほど、システム部から原稿が回ってきましたが、とんでもない量になっています。

ぜひ、ご登録ください!

登録は、こちらから



成功者の条件は?

欧米では、成功する絶対条件として言われているのは、優秀な弁護士、税理士、そして不動産の専門家が必要であると言われている。

 

人気ブログランキング 今日も応援の一押しはこちら

 

にも拘らず、日本では不動産の専門家が存在しない。

私が「不動産コンサルタント会社」としてCFネッツを立ち上げたのは、そういう社会背景から、必要性を感じてのことだ。

不動産の専門家。

結構、これが難しい。

不動産の売買経験が10年以上あったところで専門家と言えない。

同様に賃貸経験、仲介経験などがあったところで、ひとつのことでは経験が長いということだけで、専門家ともいえない。

いつも言うことだが、1年生を10年やったところで、10年生にはならないのである。

そうすると、幅広いフィールドを作って、実務経験をつませることが専門家育成の手段なのであるが、不動産業とは、わりと専門性がなくとも食っていけてしまうから素養自体も欠落してしまうことが多い。

併せて、経営者においては、社員が優秀になれば独立してしまう可能性があるなど、ばかげた理論で教育や育成をしないから、いつまでたってもレベルが上がることがない。

仕方がないので、みずから専門性を追求する会社を作ろうと考えたわけである。

 

またもや、申し訳ない!間もなく中途採用の面接の為、きょうはここまで。

続きは、次回。では。

 

人気ブログランキング ぜひ投票はこちら



2008年04月17日

FM横浜、収録!

毎週、水曜日、FM横浜午前8時15分から、「ここが知りたい不動産」。

私が担当しています!

 

人気ブログランキング またもや順位下落!

気になる順位確認はこちらで!

今日、5月分の収録を終えた。

「不動産コンサルタントって、なに?」

というリスナーの質問があり、答えてきたが、不動産全般の相談相手であり、不動産業も行っている、といったところだろうか。

どうも、不動産コンサルタントというと、敷居が高く感じられるせいか、不動産の仲介については、普通の不動産業者と手数料が一緒であるということを知らない人が多い。

つまり、当社のように、専門性の高いコンサルタントでも、普通の仲介業者さんと手数料が一緒であるのだから、どう考えてもコンサルタントを活用しないてはない。

 

あ、すいません。次の予定で時間がない。

また続きは、次回。では。

 

人気ブログの投票はこちら



【筆者のプロフィール】
Y.C.A.(ヨコハマ.コンピューター.アカデミー)在学中、輸出関連会社を起こすも、ココム規制(COCOM=対共産圏輸出規制)により廃業。 その後、25歳で某不動産仲介業者に就職。その会社で営業部門でトップの業績を果たし、新入社員の時から広告に携わり、副店長を経て企画課課長に就任。C.I.戦略(コーポレート.アイデンティティー)導入や、社内のロゴマークのデザイン、新規出店計画やリクルート活動をこなし、また地域戦略を実践し、地域文化活動なども主宰する。 その後、新規事業の賃貸管理業務とコンサルティングを併せた事業を開発し、企画課長と並行して同事業部の所長に就任、経常利益率35%超の日本一と言われた事業構築に成功する。 1993年(平成5年)「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍し、日本全国で業界団体の講演などの活動が始まった。 1998年「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を出版。 北野たけし氏の番組「ここが変だよ日本人」に出演したことから、「ジェネレーションジャングル」「ワールドビジネスサテライト」など、テレビにも多数出演している。 2000年、CFネッツを軸としたグループ会社を立ち上げ「アッと驚く 不動産投資」(住宅新報社)を出版。あの「金持ち父さん貧乏父さん」(ロバートキヨサキ著 筑摩書房)の発売前に不動産投資の著書を日本で初めて出版したことから、全国的講演依頼が殺到し、その後、数々の不動産投資に関する著書を発表、現在では、不動産投資の世界でもカリスマ的な存在となっている。 また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて受験して取得しており、現IREN−JAPANを創設し、日本国内のプロパティマネジメントの近代化に取り組んでいる第一人者でもある。

主な経歴
(株)CFネッツ 代表取締役

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的な月貸し賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。同時に某不動産仲介業者を退職。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社16社、総社員数120名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。 実業家だけでなく不動産投資家としても著名であり、また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「炭火焼蔵」「六本木 遊ヶ崎」「手打ちそば葉山商店」などの飲食店を経営する美食家としても知られている。
 著書に「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」ほか多数。 現在、FMヨコハマとJ-COMテレビで「ここが知りたい不動産」、J-COMテレビ「大人の歩き方」にレギュラー出演し、その他、ニュース番組にも登場している。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
中国式ソフト整体院
東五反田にある痛くない中国式ソフト整体院
【CF Net's CHANNEL】

格安の動画制作はスタジオAOBA

格安動画制作ならスタジオAOBA

CF Net's CHANNELの動画の動画はスタジオAOBAが作成しています。

【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー
【執筆書籍】