CFネッツグループ代表[公式]倉橋隆行「不動産のプロに学ぶ」最新情報ブログ!

CFネッツグループCEO倉橋隆行のブログ。実務経験豊富なプロの不動産コンサルタントの意見や、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼や動画、出演番組なども公開しています!

2006年05月

2006年05月21日

「実際に使える!金融電卓修得講座」

【CFネッツ セミナー事業部からのお知らせ】

プロの指導を直接受けて、金融電卓の使い方をマスターしてみませんか?

不動産投資のプロは現場でどのように投資分析を行っているのか?
当社のコンサルタントが普段使用している金融電卓(ヒューレットパッカード社製10B供砲鮖箸ぁ⊆尊櫃卜通している物件を、バッサバッサと投資分析を行います。 同時に受講者の方々が自ら投資分析ができるよう、不動産コンサルタントがグループ 単位で担当し、金融電卓の使い方を一から指導いたします。
本講座修了後には、「実際に使える金融電卓」という不動産投資における最強の武器 を得ることになるはずです。

【開催日時】 平成18年6月4日(日)講演:AM10:00〜4:30

※セミナー終了後、懇親会を予定しております。
   (要別途費用)

【会 場】 EBIS303 東京都渋谷区恵比寿1−20−8 (JR山手線「恵比寿」駅東口徒歩3分)
【受講料】 30,000円 (※金融電卓、昼食費込み)
【講義内容】 金融電卓を使用した投資分析
【お申込】 メール・お電話にて、下記CFネッツセミナー事業部までご連絡下さい。
お申込の締め切りは、5/30(火)とさせて頂きます。お申込確認後、ご案内書をお送り致します。

※お振込の確認が取れ次第、お申込とさせて頂きます。
※当日、受講料のお受取は致しませんのでご了承下さい。  

2006年05月20日

本当に、やばい!

現状の日本は、いまの所、貿易黒字、世界に債権を保有しているから、なんとなく大事にされているが、このお金は米ドルであり、米ドルの価値が喪失すれば債権はチャラ、一からでなおすには、体力がない。
食料すら、馬鹿げた農政によって、国内受給ができない状況だから、秤量攻めに合えば、北朝鮮とかわらないのである。
現状の日本は、いたって危険な状態であり、国民の一人一人が選挙の際、騙されることなく、官僚をコントロールでき、外交に強い体質が構築できる政治家を選挙で選ぶ他ない。
もっとも、現状を維持していては、同じことの繰り返しにならざるをえないから、全部の体質を変えるためにも、政権の交代、いや民主党では頼りないから、党派をこえて、優秀な人をあつめて、新しい政党を作ってしまったほうが良い。つまりプロジェクト型の政治のシステムを構築して、国民の利益の為になる政治を行なってもらうしかない。
先にも書いたが、マネジメントの基本では、やる気があって能力のない奴が一番恐い、という考え方があるが、政治の世界でも同じことで、自民党の選挙の姿勢はおかしく、人気者で得票して議員などにするから政治能力は非常に低下している。かように議員バッジをつけた奴に限って、頑張って余計なことをしでかしたりするからたちが悪い。
今後、選挙では、少なくとも、政治能力のない人に投票するのはやめよう。

いずれにしても、私のブログを読んでいる賢い読者においては、自己防衛をすすめることをお勧めする。

※今後、毎月、プラチナ会員向の定例会などを行い、定例的な情報を発信して行きたいと思います。今後、ゴールド会員制度なども設けて、さらにサービスを充実して行きたいと考えています。ぜひ、ご参加ください。
http://www.cfnets.co.jp/seminar/platinum/index.html

2006年05月19日

かなり、やばい。

20年も前から分かっていた年金問題なども、何も手を打たなかったばかりか、人のお金を使って損ばかりを繰り返し、気が付いたら財布の中身は空っぽの状態、竹島問題も、既に日本の法律をもっても時効が成立するくらい韓国の占有を許しつづけ、今度は中国が日本の領土の海底油田までも侵害してきているのに、結局、なにもできないでいて、我々、国民は、何で税金払って、かような無能な人たちをやとっているの?との疑問をもたざるを得ない。
人の税金は湯水のように使いきり、お金が足りなくなれば国債を発行して借金を繰り返し、お金が足りないから増税をする、という構図の日本政府の体質はかわらない。
こんな状況に納得できない企業は、安い税金の国に移動するから、さらに税収は下がることになる。
小泉総理は、自民党をぶっ壊す、といいながら、実は日本の国をぶっ壊してしまったのではないか、とも考えられる。
考え方は悪くはないが、外交能力に欠ける。おまけに就任直後、田中真紀子を外務大臣に就任させて、ロシア関係などの関係を悪化させてしまったし、靖国参拝問題でも、アジア諸国から総スカンをうけて、結局、諸問題が頓挫している。この間、アジア諸国は日本をないがしろにして経済圏を広げ、日本を都合よく利用して発展している。
靖国神社の参拝は、確かに個人的には理解できるが、それと引き換えに日本の外交を頓挫できる権利は、総理大臣にはないはずだ。

・・・・・続く

cfnets at 09:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年05月18日

かなり、まずい。

平成7年頃から講演でお話しつづけてきた現実が、具現化しつつある。
ハイパーインフレという言葉をもじって「ハイパワードインフレ」、つまりハイパワードマネーがもたらすインフレの懸念は、日本経済に大きな影響をもたらすとの見解とその内容を懸念材料としてお話してきた。私が作った、俗語である。
これは、日本経済だけでなく、米ドル、つまり米国との係わり合いのある国のマネーが膨らみつづけ、そのマネーの数でインフレが生じる現象を指摘し続けてきた訳だが、これらの予測が具現化しつつある。
貿易赤字と借金を繰り返すアメリカ経済に嫌気がさした全世界が、外貨準備金をドルからユーロに切り替わりつつある。ご承知の方もいるかと思うが、今回の湾岸戦争の発端は、フセインがオイルの決済金をユーロに切り替えることを強行に行なおうとしたことが一つの原因であった。アメリカは軍事力を持って、それを阻止したわけだが、結局、マーケットは軍事力で抑制できるわけはなく、各国は徐々に乱暴もののアメリカに内緒で外貨準備金をユーロに切り替えつつある。
したがって、ここのところのオイルの高騰は異常なものであり、また鉄鉱石などのマテリアルも高騰の一途を辿っている。
小泉政権によって、改革(改悪?)が進み、自由経済の旗印をもとに二極化がすすむ日本経済、つまり強者がより強くなり、弱者が死ぬほど辛くなっている経済は、さらに加速し、景気が回復しないままマネーゲームによって膨張しつづけた通貨がもたらすインフレがさらに加速する。

・・・・・続く

2006年05月17日

不動産投資倶楽部プラチナ会員定例会のお知らせ!

不動産投資倶楽部プラチナ会員定例会を下記のとおり、開催致しますのでご案内させて頂きます。
今回の定例会は、先月開催致しました「フィールドワークセミナー」の事務所版ということで、実際に投資物件を図面上ですがご覧頂き、弊社コンサルタントが物件についてコメントさせて頂くといった内容となっております。
現在、銀行の評価待ちの物件が多数ございますので、当日は評価が出たばかりの投資物件もご紹介できると思います。
もちろん気に入った物件がございましたら、その場で買付を入れて頂くことも可能です。
皆様のご参加お待ちしております。

日 時:平成18年5月19日(金)PM7:00〜
    ※簡単なお食事はご用意させて頂きます。
   
会 場:CFネッツ南青山オフィス      
http://www.cfnets.co.jp/branch/m_aoyama/index.html

会 費:2,000円

お申込:CFネッツセミナー事業部 岡本までご連絡ください。
    mail:seminar@cfnets.co.jp
    tel:045-832-7440

※次回の開催は、横浜本部です。詳細は、お問い合わせください。


【筆者のプロフィール】
1958年生まれ。CFネッツ代表取締役兼CFネッツグループ最高責任者であり、グループ企業十数社を率いる現役の実業家。20社を超える起業に携わり、複数の事業再生案件も成功させている。
また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて取得しており、現IREN−JAPANの創生に携わり、2002年の会長に就任している。また、1993年(平成5年)には日本で初めてPMマニュアル「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍し、日本全国で業界団体の講演などの活動が始まった。
1998年「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を出版。北野たけしさんの番組「ここが変だよ日本人」に出演し、その後、バラエティ番組にタレントとしても活動する。
2000年に日本で初めての不動産コンサルタント会社CFネッツを創業。不動産コンサルティング業界の第一人者であり、いまだグループ企業の創生を続けている。
不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動やテレビ、ラジオにも多数出演し、日本全国で講演なども行っている。
また、不動産投資家としても著名であり、2000年には日本で初めての不動産投資の著書「プロが教えるアッと驚く不動産投資」(住宅新報社刊)を出版し、「不動産投資成功の方程式」(朝日新聞出版社刊)など多くの著書も上梓している。
また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、澤田痴陶人美術館も所有運営し、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「三崎港蔵」「六本木 遊ヶ崎」「三崎港ラーメン」「伊万里ちゃんぽん」などの飲食店の経営やプロデュースする美食家としても知られ、プロデュースした店舗がミシュランガイドに2店舗が掲載されている。
またユーチューブを活用したオンラインセミナーやCFネッツで行われている朝礼なども公開しており、多くのファンが存在する。
テレビ出演では「ここが変だよ日本人」「ジェネレーションジャングル」「ワールドビジネスサテライト」「ジョブチューン」「大人の歩き方」「ここが知りたい不動産」などに出演し、ラジオではFMヨコハマ「ここが知りたい不動産」にレギュラー出演している。  著書には「賃貸トラブル110番」「やっぱり不動産投資が一番」「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」「生島ヒロシの相続一直線」「都市農地はこう変わる」「教訓」「賃貸トラブル解決の手続きと方法」「不動産投資 新プロの流儀」ほか多数。

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的なウイークリー・マンスリー賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社18社、総社員数130名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
【CF Net's CHANNEL】
CFチャンネル
【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー