CFネッツ代表「不動産投資成功の方程式」倉橋隆行のプロに学ぶアッと驚く不動産投資

実務経験豊富なプロの不動産コンサルタント、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼なども公開しています!

2006年05月

2006年05月29日

ん?、危ない!

久しぶりの個別相談での相談内容である。
たまたま不動産投資の本に出会って興味をもち、いろいろ研究した結果、泣け出しの資金の全額を不動産投資につぎ込むことになった。
そこで、いろいろ相談先を探したのだが、どこへ行ってよいかが分らず、結局、自宅を購入したときに世話になった不動産会社に相談した。本人は投資物件を購入する予定でいたのに、その会社から土地の購入を勧められ、新築のマンションを建てるよう勧められ、言われるがままに契約した。
ところが、契約した後、まずは賃料設定に誤りがあり、また、諸経費等の計算、建築費の見積もりもかなり食い違いが生じていて、当初の約束と違うものになってしまっている。計画段階でのシミュレーションが狂い、途中で何度も止めようとしたのに営業マンに押し切られてずるずると話が進んでしまったが、現在、毎日、夜も眠れず、寝れば寝たで自殺する夢ばかりみている、というような内容である。
なんとも悲しい話だが、これも無知からくる損失である。
もちろん、買い手は無知でも仕方がないが、売る側が無知にあってしまうと、このような損害を蒙ってしまうことになる。
とても親切にしてくれた営業マンが、解約の話をした途端、「違約金を支払え」というように変貌し、買主も、かなり感情的になっているのであるが、冷静に考えれば、改善策を講じるしか手立てはなく、将来的なシミュレーションをもとに計画の建て直しを図るしかないないのである。
不動産投資は「事業」である。
長期的な展望を持って取り組めば、成功に導けることができるのである。
結局、無能な営業マンを恨んでも仕方がないし、自分で計画した事業が失敗しそうなのに違約金を請求するような倫理観のない会社を相手に不毛な訴訟をやっても仕方がない。
それより、人間、生きていて価値があるわけだから、不動産投資で体を悪くしてもしかたがない。
ちょっと違う気がするが、他の会社がやった失敗の建て直しをコンサルすることになった。
なんでこんなに失敗する人がいるんだろうと、ふと思うが、まだまだかような会社が存在する以上、不動産投資の文化は定着しない。

まず、私の講演に参加するか、ビデオ、DVDを見るかをすれば、とりあえず失敗しないようにはなるので、不動産投資に踏み切る前には、必ず勉強するようにしてください!

※講演ビデオは http://www.cfnets.co.jp/seminar/video/index.html

 著書は http://www.cfnets.co.jp/books/index.html

2006年05月28日

個別相談会開催しました。

ここの所、地方講演などが続いており、個別相談会を行なっていなかったが、昨日、久しぶりに行なった。
概ね、いつもそうであるように、不動産投資を行ないたいが、どうしてよいか分からない、物件を買いたいけど買えない、いろいろな本を読んだり講演を聴いたが、結局、何が正しいかわからない、などの相談であるから、相談を終えた人たちは、「もっと早く相談にくれば良かった!」といって帰って行く。
簡単な話であるが、不動産投資は、投資であるが「事業」に近い要因があり、ただ買えばよいというものではない。
当社の場合、購入、ファイナンス、運用、リーシング、賃貸管理まで、すべて行なっており、当社で管理できないものは売らない、つまり、売った後に困るようなものは売らないから、不動産投資で失敗することはない。
本来、不動産投資はリスクが低い投資である。
従って、不動産投資で失敗する確率は低いのに、世の中、不動産投資で失敗する人は多い。
これは、不動産投資に対する無知による所が大きい。
私の講演や猪俣の講演を聞いたり、著書を読んでいただければ、本当の理論は分かってもらえると思う。その上で、個別相談に見えれば、不動産投資に失敗することなどない筈である。
最近では、日本全国からたった1時間半の個別相談に見えるので恐縮しているが、それでも皆さん、満足して帰られる。
少しでも多くの方に、不動産投資の正しい理論を伝授し、欧米並みに豊かな生活を皆さんにおくって頂きたいと考えている。

※誠に日程が少なくて申し訳ないが、下記日程で行なっておりますので、ご希望の方は、お問い合わせください。

http://www.cfnets.co.jp/seminar/consultation/consultation.html

2006年05月26日

実際に使える!不動産投資必須。金融電卓修得講座!

<セミナー事業部からのお知らせ>

インターネットなどで、不動産投資物件の情報は大量に流れています。

確かに、その中に「お宝」投資物件も含まれているのですが、その数はほんのわずか。
では、どうやってその「お宝」を探し出せるようになるのか?
それには、 「不動産投資のプロは現場でどのように投資分析を行っているのか?」 を知るのが一番の近道です。

当社のコンサルタントが普段使用している金融電卓(ヒューレットパッカード社製1 0B供砲鰺僂ぁ⊆尊櫃卜通している物件を、バッサバッサと投資分析していきま す。

同時に受講者の方々が自ら投資分析ができるよう、不動産コンサルタントがグループ 単位で担当し、金融電卓の使い方を一から指導いたします。
不動産投資は、DCF法なくして計画はできません。その際に、金融計算が必要です。
この講座で使用するHP10B兇蓮∪こΔ龍睛札泪鵑使用している金融電卓であり、残念なことに日本では購入することができません。
今回の講座では、本来解かり難い金融計算を、非常にわかりやすく解説し、皆さんの不動産投資指標として活用して頂けるように工夫されています。
本講座修了後には、「実際に使える金融電卓」という「宝探し」において最強の武器 を得ることになるはずです。
あとは、こころゆくまで、「宝探し」を楽しんでください。

講師は、当社代表がメインで行い、フォローを当社のコンサルタントが指導します。

【開催日時】 平成18年6月4日(日)AM10:00〜4:30

※セミナー終了後、懇親会を予定しております。
   (要別途費用)

【会 場】 EBIS303
東京都渋谷区恵比寿1−20−8
(JR山手線「恵比寿」駅東口徒歩3分)
【受講料】 30,000円 (※金融電卓、昼食費込み)
【講義内容】 金融電卓を使用した投資分析
【お申込】 メール・お電話にて、下記CFネッツセミナー事業部までご連絡下さい。
お申込の締め切りは、5/30(火)とさせて頂きます。
お申込確認後、ご案内書をお送り致します。
※お振込の確認が取れ次第、お申込とさせて頂きます。
※当日、受講料のお受取は致しませんのでご了承下さい

詳細は http://www.cfnets.co.jp/seminar/kongo/0604dentaku.html
を、ご覧ください。

2006年05月25日

ようやく、事務所らしくなってきた!

a36b524c.jpg同じビルであるが、512号室から407号室に引越を終えたが、いろいろとバタバタしていて、ようやくお客様がきても、なんとなく格好がつく程度まで仕上がってきた。
従来は、横浜本部の場合、本当の事務だけを行なっており、顧客は各オフィスに来社する、といった具合で、くるとしても、身内のようなオーナーさんが来社したり、業者との打合せを行なったりする程度しか接客は行なっていなかった。
が、最近、個別相談や、プラチナ会員イベントなどで、多くのお客様がいらっしゃるので、旧事務所では手狭になり、概ね倍の面積の現事務所に移動して、接客スペースと会議室を増設した。
南青山オフィスでは、ギャラリー的な要素のオフィスで、「なんで、こんななの?」と思われる方も多く、中には「この絵、いくらですか?」などと質問が出るくらいの変った空間であるが、今回の横浜本社では、今後、教育事業【一般&企業向け】に注力しようとの試みから、出版系のコンサル会社っぽく仕上げてみた。
南青山ではガレやドームのコレクションを飾っているが、横浜では、ちょっと変って、天目茶碗や急須などのコレクションを飾ってみようかとも考えている。
今後、横浜で開催するプラチナ会員定例会や2006年8月6日(日)に行なわれる不動産投資物件購入会なども、こちらで行なう予定で計画中。
また、今後、お酒などのコレクションも準備し、来社の希望者(もちろん夕方以降)に対しては、気軽に飲める(多分、社員からは反対されると思うが)ようにもしてみたいと考えている。
今後、何かの機会がありましたら、ぜひ、立ち寄ってみてください。(とはいっても、事前に予約が必要)

不動産投資クラブプラチナ会員・ゴールド会員限定イベント!
「不動産投資物件購入会」のお知らせは http://www.cfnets.co.jp/seminar/kongo/koyu.html

2006年05月23日

来年度内定者 第1次募集の結果

今年、はじめて、新卒者向けの募集を開始した。
毎年、ホームページをみて、数人が「新卒は募集してないんですか?」などと問い合わせがあり、その中から一人二人を取っていたが、今年からは、少し多めにとって、教育しながら成長させる、という作戦に出ている。
そもそも、当社の場合、宅建の免許を取って、実務経験が3年以上のひとを中心に採用してきたから、新卒で募集することはなかった。それなりの経験者がコンサルティングを行なってきたわけだが、仕事量が急激に増えている現状では、コンサルタントの仕事をフォローする人も必要になってきたし、PM関係の社員も必要になってきた。
そんな訳で、中途採用は中途採用で募集を継続しながら、新卒採用にふみきった。
おかげさまで、会社説明会には40名を超える人が参加してくれ、試験の結果、6名に内定を出すことができた。
千葉大、中央法科、法政など、優秀な学校の卒業見込み者が多く、今年は、内定者で社内のプロジェクトを推進してもらうようにしようと思う。
よく「最近の若い者は」という言葉を聞くが、どうも、若者も二極化しており、優秀な若者と、そうでないものとの開きが大きく、当社としては、前者を採用して、可能性を追及してゆこうと考えている。

第一次の募集は終了しましたが、第二次の募集も行ないます。
不動産コンサルティングに興味のある方は、ぜひ、下記をご覧下さい!
http://gakusei.enjapan.com/2007/cp_search.php

※経験者の募集も行なっています。詳しくは下記へ
http://www.cfnets.co.jp/saiyou/index.html

2006年05月21日

「実際に使える!金融電卓修得講座」

【CFネッツ セミナー事業部からのお知らせ】

プロの指導を直接受けて、金融電卓の使い方をマスターしてみませんか?

不動産投資のプロは現場でどのように投資分析を行っているのか?
当社のコンサルタントが普段使用している金融電卓(ヒューレットパッカード社製10B供砲鮖箸ぁ⊆尊櫃卜通している物件を、バッサバッサと投資分析を行います。 同時に受講者の方々が自ら投資分析ができるよう、不動産コンサルタントがグループ 単位で担当し、金融電卓の使い方を一から指導いたします。
本講座修了後には、「実際に使える金融電卓」という不動産投資における最強の武器 を得ることになるはずです。

【開催日時】 平成18年6月4日(日)講演:AM10:00〜4:30

※セミナー終了後、懇親会を予定しております。
   (要別途費用)

【会 場】 EBIS303 東京都渋谷区恵比寿1−20−8 (JR山手線「恵比寿」駅東口徒歩3分)
【受講料】 30,000円 (※金融電卓、昼食費込み)
【講義内容】 金融電卓を使用した投資分析
【お申込】 メール・お電話にて、下記CFネッツセミナー事業部までご連絡下さい。
お申込の締め切りは、5/30(火)とさせて頂きます。お申込確認後、ご案内書をお送り致します。

※お振込の確認が取れ次第、お申込とさせて頂きます。
※当日、受講料のお受取は致しませんのでご了承下さい。  

2006年05月20日

本当に、やばい!

現状の日本は、いまの所、貿易黒字、世界に債権を保有しているから、なんとなく大事にされているが、このお金は米ドルであり、米ドルの価値が喪失すれば債権はチャラ、一からでなおすには、体力がない。
食料すら、馬鹿げた農政によって、国内受給ができない状況だから、秤量攻めに合えば、北朝鮮とかわらないのである。
現状の日本は、いたって危険な状態であり、国民の一人一人が選挙の際、騙されることなく、官僚をコントロールでき、外交に強い体質が構築できる政治家を選挙で選ぶ他ない。
もっとも、現状を維持していては、同じことの繰り返しにならざるをえないから、全部の体質を変えるためにも、政権の交代、いや民主党では頼りないから、党派をこえて、優秀な人をあつめて、新しい政党を作ってしまったほうが良い。つまりプロジェクト型の政治のシステムを構築して、国民の利益の為になる政治を行なってもらうしかない。
先にも書いたが、マネジメントの基本では、やる気があって能力のない奴が一番恐い、という考え方があるが、政治の世界でも同じことで、自民党の選挙の姿勢はおかしく、人気者で得票して議員などにするから政治能力は非常に低下している。かように議員バッジをつけた奴に限って、頑張って余計なことをしでかしたりするからたちが悪い。
今後、選挙では、少なくとも、政治能力のない人に投票するのはやめよう。

いずれにしても、私のブログを読んでいる賢い読者においては、自己防衛をすすめることをお勧めする。

※今後、毎月、プラチナ会員向の定例会などを行い、定例的な情報を発信して行きたいと思います。今後、ゴールド会員制度なども設けて、さらにサービスを充実して行きたいと考えています。ぜひ、ご参加ください。
http://www.cfnets.co.jp/seminar/platinum/index.html

2006年05月19日

かなり、やばい。

20年も前から分かっていた年金問題なども、何も手を打たなかったばかりか、人のお金を使って損ばかりを繰り返し、気が付いたら財布の中身は空っぽの状態、竹島問題も、既に日本の法律をもっても時効が成立するくらい韓国の占有を許しつづけ、今度は中国が日本の領土の海底油田までも侵害してきているのに、結局、なにもできないでいて、我々、国民は、何で税金払って、かような無能な人たちをやとっているの?との疑問をもたざるを得ない。
人の税金は湯水のように使いきり、お金が足りなくなれば国債を発行して借金を繰り返し、お金が足りないから増税をする、という構図の日本政府の体質はかわらない。
こんな状況に納得できない企業は、安い税金の国に移動するから、さらに税収は下がることになる。
小泉総理は、自民党をぶっ壊す、といいながら、実は日本の国をぶっ壊してしまったのではないか、とも考えられる。
考え方は悪くはないが、外交能力に欠ける。おまけに就任直後、田中真紀子を外務大臣に就任させて、ロシア関係などの関係を悪化させてしまったし、靖国参拝問題でも、アジア諸国から総スカンをうけて、結局、諸問題が頓挫している。この間、アジア諸国は日本をないがしろにして経済圏を広げ、日本を都合よく利用して発展している。
靖国神社の参拝は、確かに個人的には理解できるが、それと引き換えに日本の外交を頓挫できる権利は、総理大臣にはないはずだ。

・・・・・続く

cfnets at 09:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年05月18日

かなり、まずい。

平成7年頃から講演でお話しつづけてきた現実が、具現化しつつある。
ハイパーインフレという言葉をもじって「ハイパワードインフレ」、つまりハイパワードマネーがもたらすインフレの懸念は、日本経済に大きな影響をもたらすとの見解とその内容を懸念材料としてお話してきた。私が作った、俗語である。
これは、日本経済だけでなく、米ドル、つまり米国との係わり合いのある国のマネーが膨らみつづけ、そのマネーの数でインフレが生じる現象を指摘し続けてきた訳だが、これらの予測が具現化しつつある。
貿易赤字と借金を繰り返すアメリカ経済に嫌気がさした全世界が、外貨準備金をドルからユーロに切り替わりつつある。ご承知の方もいるかと思うが、今回の湾岸戦争の発端は、フセインがオイルの決済金をユーロに切り替えることを強行に行なおうとしたことが一つの原因であった。アメリカは軍事力を持って、それを阻止したわけだが、結局、マーケットは軍事力で抑制できるわけはなく、各国は徐々に乱暴もののアメリカに内緒で外貨準備金をユーロに切り替えつつある。
したがって、ここのところのオイルの高騰は異常なものであり、また鉄鉱石などのマテリアルも高騰の一途を辿っている。
小泉政権によって、改革(改悪?)が進み、自由経済の旗印をもとに二極化がすすむ日本経済、つまり強者がより強くなり、弱者が死ぬほど辛くなっている経済は、さらに加速し、景気が回復しないままマネーゲームによって膨張しつづけた通貨がもたらすインフレがさらに加速する。

・・・・・続く

2006年05月17日

不動産投資倶楽部プラチナ会員定例会のお知らせ!

不動産投資倶楽部プラチナ会員定例会を下記のとおり、開催致しますのでご案内させて頂きます。
今回の定例会は、先月開催致しました「フィールドワークセミナー」の事務所版ということで、実際に投資物件を図面上ですがご覧頂き、弊社コンサルタントが物件についてコメントさせて頂くといった内容となっております。
現在、銀行の評価待ちの物件が多数ございますので、当日は評価が出たばかりの投資物件もご紹介できると思います。
もちろん気に入った物件がございましたら、その場で買付を入れて頂くことも可能です。
皆様のご参加お待ちしております。

日 時:平成18年5月19日(金)PM7:00〜
    ※簡単なお食事はご用意させて頂きます。
   
会 場:CFネッツ南青山オフィス      
http://www.cfnets.co.jp/branch/m_aoyama/index.html

会 費:2,000円

お申込:CFネッツセミナー事業部 岡本までご連絡ください。
    mail:seminar@cfnets.co.jp
    tel:045-832-7440

※次回の開催は、横浜本部です。詳細は、お問い合わせください。


【筆者のプロフィール】
Y.C.A.(ヨコハマ.コンピューター.アカデミー)在学中、輸出関連会社を起こすも、ココム規制(COCOM=対共産圏輸出規制)により廃業。 その後某不動産仲介業者においてトップ営業マン、副店長を経て企画課を自ら立上げて課長に就任。C.I.戦略(コーポレート.アイデンティティー)導入や、社内のロゴマークのデザイン、地域戦略を実践し、地域文化活動を主宰する。 その後、賃貸管理業務とコンサルティングを併せた新しい事業を開発し、同事業部の所長に就任、経常利益率35%超の事業構築に成功する。 1993年(平成5年)「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍したが、あの「金持ち父さん貧乏父さん」(ロバートキヨサキ著 筑摩書房)の発売前に「アッと驚く 不動産投資」(住宅新報社)を出版、その後、数々の不動産投資に関する著書を発表、現在では、不動産投資の世界でもカリスマ的な存在となっている。 また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて取得しており、現IREN−JAPANを創設し、日本国内のプロパティマネジメントの近代化に取り組んでいる第一人者でもある。

主な経歴
(株)CFネッツ 代表取締役

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的な月貸し賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。同時に某不動産仲介業者を退職。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社13社、総社員数120名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。不動産投資家としても著名であり、また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「炭火焼蔵」「六本木 遊ヶ崎」などの飲食店を経営する美食家としても知られている。
 著書に「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」ほか多数。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
中国式ソフト整体院
東五反田にある痛くない中国式ソフト整体院
【CF Net's CHANNEL】

格安の動画制作はスタジオAOBA

格安動画制作ならスタジオAOBA

CF Net's CHANNELの動画の動画はスタジオAOBAが作成しています。

【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー
【執筆書籍】