CFネッツ代表[公式]「不動産投資成功の方程式」倉橋隆行のプロに学ぶアッと驚く不動産投資

実務経験豊富なプロの不動産コンサルタント、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼なども公開しています!

2006年04月

2006年04月24日

昨日のフィールドワークセミナー報告

昨日、第2回のフィールドワークセミナーが開催された。
これは、簡単な話、私と猪俣がバスに同乗し、物件を見てまわって、その場で投資分析をして、結果を出すというセミナーである。
前回は東京、そして昨日は神奈川ということで開催したが、前回の東京では、7物件中2件買付を入れたが、1件は2番手、1件は1番手であったが瑕疵があり、購入することができなかった。
残念な結果であったが、参加者は投資分析の手法や物件購入の注意点などが理解でき、好評であったので、今回は神奈川で行い、なんと3件の物件に一番手で買付を入れることができた。
自分自身も欲しい物件であったが、今回は参加者優先でお譲りすることになった。
我々、日常、毎日200物件くらいの情報のなかから有料物件を選定し、絞り込んで下見に行くが、そのなかでもせいぜい1〜2件程度の買付。もちろん0もあるなか、昨日はインサイドの物件が多かったせいか、3件も買付をいれることができた。
このフィールドワークセミナーは、参加者にとって実利であり、忙しい方にはお勧めなものである。
また、昨日はいろいろな方の諸事情があり、懇親会の開催を行なわなかったが、私としては、なんか物足りない想いだったので、担当者には希望者だけで懇親会は行なったほうが良いことを伝えたので、次回からは懇親会も企画したいと考えている。

2006年04月22日

新刊、いよいよ発売予定!

やっと新刊の校正がおわり、昨日、出版社との打ち合わせを行ないました。
ここの所、仕事も立てこんでいる上、本社の移転(5月11日から同じビルの512号から407号に移転します。いまの丁度倍の面積になります)準備など、日中の作業ができないので、久々に半徹夜状態で、やっと仕上げた。
「これであなたも大家さん」の実践編、「実践、これであなたも大家さん」、何とも安易な名前のようであるが、多分、これに決まると思う。
内容については、当社のコンサルタントが、どのようにして不動産投資の入口を切り開いて行くか、という内容で、私が相変わらず轟先生で、泉京介(架空のコンサルタント)、そして今回は、当社のコンサルタントが似顔絵つきで登場するという、何とも具体的な著書になっている。
出版社の週刊住宅新報社の発案で、かような著書になったが、結構、気軽に読める内容で、今回も、専門用語を使わずに、わかりやすく仕上げたので、ぜひ、ご購読いただきたい。
5月末頃の発売予定。

※この本は実践編です。できれば前編「これであなたも大家さん」を先にお読みいただければ理解が深まると思います。
「これであなたも大家さん」は http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4784816712/249-4407444-6995513


2006年04月18日

インターンシップ制度、間もなく開始!

昨日、新卒会社説明会を開催した。
千葉大、法政、中央など、今回の参加者は、優秀な大学を卒業見込みのものばかりで、かつベンチャースピリッツのある人材ばかりだった。
会社説明会の後に懇親会を開催し、そのなかで、本人達の要望では、早めに面接して内定が出れば、即刻、インターンシップに参加したいとのことなので、急遽、21日の金曜日に面接を行なうよう本日の会議で指示した。
今回のインターンシップでは、経営企画室所属とし、当社の遅れている部分を一気に整備したいと考え、それぞれをグループ分けして、擬似起業を体験してもらおうと考えている。
ここでは詳細にふれないが、不動産コンサルタントの仕事にはやるべきことは多く、それらを一つの事業として擬似起業を体験してもらい、入社前にベンチャースピリットを体感できるシステムを構築したいと思う。
私の尊敬するひとのなかに、リクルートの江副さんがいる。
江副さんが学生時代に企業し、活躍していた実績を見て、僕も学生時代に起業した。
彼は、広告業界のレベルの低さに着眼し、高学歴な社員を採用して現場の営業に配置し、現場がわかってきたものを中心に幹部に引き上げ、社内に新規事業のプロジェクトを立ち上げ続け、そのスピリッツが現在のリクルート社の文化となっている。
約30年も前の話だが、これを参考に前職企業でも新卒採用の提案をして事業拡大した経緯がありるが、残念なことに、教育という面では、前職が売買仲介事業が中心ということから、私は3年程度で教育事業からはずれることになり、本来のコンサルティングのスピリットを伝えきることができなかったが、現状の当社においては、奥の深い不動産コンサルティングという事業であるので、このインターンシップによる教育体制からの事業展開は当社にとって大きな飛躍につながるし、優秀な人材を輩出できるものと考えている。
考えてみれば、これらができる環境を整えている企業はめずらしく、日本の不動産業では、当社しかないのではないかと思う。

※就職活動中の方へ
 当社の採用情報は http://www.cfnets.co.jp/saiyou/index.html

2006年04月16日

個別相談会開催!

ここの所、忙しかったせいで、個別相談会ができずにいたが、昨日と本日、直接、私が個別相談を行なっている。
個別相談は、私の講演に参加したか、著書を読んでもらったかの方たちを対象に、無料で行なっているが、皆さん、よく勉強されているので、いつもながら具体的な不動産投資の入口に立つことができるように指導している。
考えてみれば、当社のセミナーに参加された方は間もなく1000人に達し、個別相談に参加された方も400人を超え、実際に250人位が不動産投資を実践している。また、実際に不動産投資を行なった方たちをプラチナ会員として組織し、定例会やイベントなどを行なっては、セミナーとは違った不動産投資環境の変化などをタイムリーにお伝えしたり、我々の新規事業などをご覧に入れたり、今年からは、私が神奈川県連合会の副会長を務める社団法人全国賃貸住宅経営協会などの会員として、オーナー研修にも積極的に参加してもらおうと考えている。
昨日、個別相談が終わってから、あるクライアントから「○○さんの送別会をやるのですが、ぜひ、先生もいらっしゃいませんか?」とのお誘いを受け、新宿の飲食店にお伺いした。
参加した人たちは、何と、当社のセミナーや懇親会、そして中田市長との懇親会などに参加した人たちで、当社を通じて仲間になった人たちだった。
当社を通じて、新しいコミュニティが形成されており、不動産投資を通じて新たな文化が生成されつつあるように感じた。
私も、すっかり仲間になり、今度は、みんなで、ボートによる東京湾ピクニックをしよう!などと友達感覚で盛り上がっている。

本日も、引き続き、個別相談で南青山のオフィスに向かう。
また、新たな不動産投資仲間が増えることになる。

さて、明日は、2007年度の新卒者への会社説明会を行なうことになっている。
今年は、第1回の会社説明会(東京&横浜)で40人近い方が応募してくれている。中小企業としては、まったくありがたいことである。
当社のビジネスモデルは、たぶん、他に類がないものであり、日本一を自負している。
当社のベンチャースピリッツを多くの若者に伝え、不動産投資の新たな文化を、さらに広げて行きたいと考えている。

<CFネッツベンチャースピリット>

カスタマーフォーカス(CF)なくして、事業なし!
社会に役立たずして、企業の意味なし!
人に感謝されずして、人として意味なし!
仕事を楽しめずして、仕事の意味なし!
誇りなくして、人生の意味なし!
チャレンジなくして、成果なし!
スピードなくして、勝算なし!
良い種蒔かずして、良い結果なし!
明るくせずして、明るい結果なし!
大きな夢をもたずして、豊かな未来なし!

※個別相談会のお知らせ
http://www.cfnets.co.jp/seminar/consultation/consultation.html

※社員募集のお知らせ
http://www.cfnets.co.jp/saiyou/index.html

※社団法人全国賃貸住宅経営協会のホームページ
http://www.zenjyu.or.jp/

2006年04月15日

間違いだらけの賃貸管理

 同業者に不親切な管理会社
 当社が、他の管理会社に物件等の問い合わせた時、電話に出た相手の対応で「この会社とは取引したくない」ということがあります。
 最初は明るい声で応対した営業マンが、こちらが同業者と分ると手のひらを返したように声が曇り、不快感を覚えることが時々あります。そうなると、感情的にこちらも客付けをしたくなくなるものです。
 同業者に対し、このような応対しかできない管理会社は、情報ネットワークの間口が狭くなり、しいては空室が決まる確率を自ら低くしてオーナーさんに不利益を与えることになってしまいます。
 当社では、同業者から問い合わせがあった場合、適当な物件があるなしに関わらず、多少条件がずれても他の物件を紹介するように社員教育しています。ところが、管理会社によっては、問い合わせた物件の借り手がすでに決まっていれば「もう終わっています」とガチャと電話を切ってしまうところがあります。そのような対応をする管理会社もオーナさんにとってはマイナスです。
 物件を預けている管理会社の電話の応対一つとっても、オーナーさんは厳しくチェックする必要があります。
 また、当社の場合は応対等の良い業者さんを確保するため、物件エリアごとに問い合わせノートをつけて、それをFAXと台帳に登録しています。そうすることで、たとえば、Aのエリアにある物件の問い合わせも、違うエリアからの問い合わせがあって、その際にその会社が近くの法人のお客さんを案内してくれることもあり、そうなると、Aのエリアの物件を決めてもらえる可能性が出てくるわけです。お客さんを決めるのは物件に近い業者さんばかりとは限りません。
 このような客付けに協力的な業者さんを登録しているので、新規の物件を預かっても、いち早くそうした業者さんに紹介することにより、早期にお客さんを付けてもらうチャンスが広がってきます。こうしたことは、日常的に努めています。
 また空室情報についても、コンピュータと台帳で管理しています。ユーザーや業者さんから問い合わせがあった時、そのエリア(物件)の担当者が不在でも、当社の事務員が対応できる体制が整っています。当社に来たお客さんから「担当者じゃないと分らないからと言われ、仕方なく、違う会社で物件を探すことになった」という話もよく聞きます。つまり、お客さんがわざわざ目当にした物件に対し、その会社の担当者じゃなければ対応できないようでは決まりにくいはずです。
 いくらオーナーさんや物件が良くても、管理会社の対応いかんで決まらないことが多くあります。

2006年04月14日

とりあえず、九十九島の一部11000坪購入!

669fc21f.jpg無事、1万1000坪だけ購入することができた。
11日に購入して、12日に自ら操縦する船で島に渡ってきた。
今回は、プラチナ会員の糸久君(彼も僕と一緒に一級小型船舶を取得)も同行し、島の隅々まで調査し、その後、多くの島を船で渡ってみたりした。
今回は、船外機の貸しボートでいろいろ渡ったのであるが、ボートは新たな生活の視野を広げることが分かった。いままでの行動範囲を広げ、未知の世界が広がり、新たな欲求をかりたて、様々なアイデアが浮かんでくる。
当面、何をするかは未定であるが、ちょっとしたセカンドハウスでも建てて、住みながら考えるというのも面白いかもしれない、などと考えている。
そういえば、東京ドームが1万4000坪程度だから、1万1000坪にセカンドハウスというのもなんだが、私自身は、この島を本気で気に入ってしまっている。
セカンドハウスが出来次第、プラチナ会員の皆さんにはお知らせしますので、ぜひ、楽しみにしていてください!

2006年04月10日

明日から長崎に出張です!

長崎の九十九島。
あの「ラストサムライ」の冒頭シーンで使われた日本を代表する島々。
縁があって、この208島からなる島の一つを購入することができた。ま、一つといっても、かなり大きな島なので一部だけではあるが、コツコツと買い増している。
今回も2人の地権者から合計6000坪程度を購入するのであるが、全部で5万坪程度ある島の内、まだ1万2000坪しか購入できていないから、さらに買い進むつもりでいる。
我々、首都圏では、不動産の価格が上昇し、景気回復の兆しがみえてきたなどといわれているが、地方圏では、かなり厳しい状況が続いているし、これからも改善される要素は至って低い。
この格差是正を図るためには、地方自治体が国策に頼るのではなく、独自に特徴をもたせて強い部分をより強化する必要がある。
日本という国の強みのなかに、美しい、わびさびの文化がある。
その技術はたいへん優れており、電化製品や自動車などの性能というもののほかにデザイン力というものに活かされているし、食文化のなかでも器、盛り付け、味付けにいたるまで活かされている。またゲームソフトや漫画など、これも文化の一部である。
これらが、現在、世界で注目され、アジアブームの中でも、一番、日本が注目されている要因ではないかと考えている。
今後、日本の経済を考えるとすれば、産業技術だけではなく、日本の文化そのものを商品化し、海外に認められるサービス力を強化する必要があり、しいては地方の活性化にもつながることになるのではないかと考えている。
日本が欧米文化を取り入れた発祥の地、長崎。世界中が絶賛した「ラストサムライ」での日本のイメージを象徴した九十九島。
まだ、何となくではあるが、倉橋プロデュースとしては、面白い企画になりそうな予感がする。

2006年04月09日

宅地建物取引主任者受験講座開講!

皆さんにあまり知られていないが、不動産綜建研究所有限会社という当社の関連会社が存在する。この会社は、以前、リクルート社から業務委託を受けて、不動産関連書式などのコンテンツを製作、供給していた会社であるが、近年は、ファイナンシャルプランナー資格の受験対策セミナーを法人向けに行なっている。
今回、当社の新任者研修で、新卒者向け宅建試験の受験対策がテーマになり、合格率を高める方法として挙げられたのが、この不動産綜建研究所のシステムである。
システム的には簡単なことだが、かなり先行投資をして作り上げた受験対策用のシステムなので、ここでは詳細が書くことはできないが、昨年、この不動産綜建では実験的に宅建受験のプログラムを開発していた。
そこで、今回、本気で受験対策を行なうべく、私も乗り出すことになり、5月17日から宅地建物取引主任者受験講座を開講することになった。
今回、プロの講師を用意し、当社の港南台本社で受講できるようにするが、DVDも販売する。試験対策用の問題集(ここが他にないシステム)が毎日送られ、弱い部分をチェックして、DVDで確認ができる。つまり、分からないまま進むのではなく、分からない所は分かるまで学べるシステムにする予定だ。
本日、企画が立ち上がったので、近々、発表することにしたい。

今年、宅建受験を考えている方、ぜひ、お楽しみに!

※不動産業者も、ためになるビデオ&DVDは 
  http://www.cfnets.co.jp/seminar/video/index.html

2006年04月08日

小沢一郎 民主新体制!

これは、すごいことになった。
故田中角栄氏は「黙々として人のために汗を流している。愚痴はいわない。こういう奴がのびる。」と評した人物であり、政治手法も実力も、ひょっとすると小泉どころの話ではない人物であり、確か昔、政治のなかの「怪物君」などといわれていたと記憶している。
この表面に出ない実力者は、黙って政治を下支えして、政治の世界から去っていくのではないかと考えていたが、今回の民主党の危機感から、この怪物君が表に出てこさせてしまった、というのが正直な感想である。
まさかとは思うが、田中真紀子が自民党を離党して、民主党に移籍したりすると、小泉政権交代とあいまって、かなり面白いことになる可能性は高い。
おまけに小沢氏は官僚にも強く、公務員のリストラなど、実行力はあるように感じる。
ちょっと、年齢は行っているが、政治手腕を楽しみたいと思う。

2006年04月07日

新人研修会

4月3日から、昨日6日まで、新任者研修を三浦海岸で泊りがけで行なった。
既存の社員やマネージャークラスも参加し、結構、大掛かりになってしまったが、結果的に会社の方向性などを明確に示し、実務レベルについても、かなり刷り合わせができて、有意義だった。
まだまだ小さな会社ではあるが、不動産コンサルタント会社としての志は高く、社会性にあった倫理観も備わっている。技量のレベルの問題だけではなく、やはり企業としての倫理観が重要であり、そういう意味では、当社の社員希望として応募してくる人は、倫理観の素養がある人ばかりであるから大いに助かっている。
今回の新入社員も、当社の社員になることが憧れであった、とまで言い切っている社員も多く、また、新卒社員などは、昨年の6月くらいからインターンシップで当社の内容が充分理解しているものばかりであるから、他者と比べれば、新任者研修もしやすいし、理解もされやすいという良い環境が整っている。
私は、この4日間、他の仕事をいれずに研修会に参加した。
社員は、初日だけでよいということを言っていたが、自主的に全日参加することにし、マニュアルの中の細かい点なども修正する必要があるものは修正し、判断する必要のあるものは、その場で判断して決定した。
社内のベクトルを合わせる機会としては、絶好の機会だった。

現在、南青山&新宿オフィスでは、不動産賃貸営業かプロパティマネジメント経験者を募集している。また、全社的には、不動産業務経験者で10年以上の経験をもつ不動産コンサルタントを募集し、横浜本部では、経理経験者も併せて募集している。
現在、グループ全体で45名程度の会社ではあるが、ベンチャースピリットをもった社員が増え、事業規模も拡大ではなく、明らかに成長しつづけている。
特に、不動産経験者のかたで転職希望者は、一度、当社に応募頂きたい。
たぶん、不動産業界への考え方が大きく変ると思う。

※社員募集の詳細は http://www.cfnets.co.jp/saiyou/index.html

【筆者のプロフィール】
Y.C.A.(ヨコハマ.コンピューター.アカデミー)在学中、輸出関連会社を起こすも、ココム規制(COCOM=対共産圏輸出規制)により廃業。 その後、25歳で某不動産仲介業者に就職。その会社で営業部門でトップの業績を果たし、新入社員の時から広告に携わり、副店長を経て企画課課長に就任。C.I.戦略(コーポレート.アイデンティティー)導入や、社内のロゴマークのデザイン、新規出店計画やリクルート活動をこなし、また地域戦略を実践し、地域文化活動なども主宰する。 その後、新規事業の賃貸管理業務とコンサルティングを併せた事業を開発し、企画課長と並行して同事業部の所長に就任、経常利益率35%超の日本一と言われた事業構築に成功する。 1993年(平成5年)「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍し、日本全国で業界団体の講演などの活動が始まった。 1998年「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を出版。 北野たけし氏の番組「ここが変だよ日本人」に出演したことから、「ジェネレーションジャングル」「ワールドビジネスサテライト」など、テレビにも多数出演している。 2000年、CFネッツを軸としたグループ会社を立ち上げ「アッと驚く 不動産投資」(住宅新報社)を出版。あの「金持ち父さん貧乏父さん」(ロバートキヨサキ著 筑摩書房)の発売前に不動産投資の著書を日本で初めて出版したことから、全国的講演依頼が殺到し、その後、数々の不動産投資に関する著書を発表、現在では、不動産投資の世界でもカリスマ的な存在となっている。 また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて受験して取得しており、現IREN−JAPANを創設し、日本国内のプロパティマネジメントの近代化に取り組んでいる第一人者でもある。

主な経歴
(株)CFネッツ 代表取締役

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的な月貸し賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。同時に某不動産仲介業者を退職。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社16社、総社員数120名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。 実業家だけでなく不動産投資家としても著名であり、また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「炭火焼蔵」「六本木 遊ヶ崎」「手打ちそば葉山商店」などの飲食店を経営する美食家としても知られている。
 著書に「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」ほか多数。 現在、FMヨコハマとJ-COMテレビで「ここが知りたい不動産」、J-COMテレビ「大人の歩き方」にレギュラー出演し、その他、ニュース番組にも登場している。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
中国式ソフト整体院
東五反田にある痛くない中国式ソフト整体院
【CF Net's CHANNEL】

格安の動画制作はスタジオAOBA

格安動画制作ならスタジオAOBA

CF Net's CHANNELの動画の動画はスタジオAOBAが作成しています。

【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー
【執筆書籍】