CFネッツ代表[公式]「不動産投資成功の方程式」倉橋隆行のプロに学ぶアッと驚く不動産投資

実務経験豊富なプロの不動産コンサルタント、ノウハウと哲学、日常業務を公開!不動産だけじゃなく、人生の成功への哲学、科学なども公開。併せてCFネッツグループの朝礼なども公開しています!

2017年09月26日

資産管理法人を活用した相続対策と新たな土地有効活用!

ここの所、日本全国で講演依頼があり、うっかり足元のセミナー告知を忘れていた。



不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!


ということで、

10月1日(日)
TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター
カンファレンスルーム2B

で、夏季セミナーを行う。

お陰様で、既に35名くらいの参加申し込みをいただいているそうだが、50名会場ですので、あと10人くらいは入れます!

お時間のある方は、ぜひ、ご参加ください!


では。


2022年問題については、周知のとおりです。

今後、不動産投資や土地有効活用については、様々なリスクや問題点が生じてくると推測できます。不動産投資を進めてゆくと、おのずと累進課税の増税と相続対策にぶつかることになり、また運用がうまくいっている物件と、そうではない物件とが明確になり、相続が発生した場合、不公平な分割が行われる可能性も出て来ています。 私自身、まだ若かりし頃に不動産投資を進め、40歳を越える頃には、気が付けば5億円以上の不動産に投資していました。サラリーマン時代には所得も向上し、不動産所得も増え続け、将来的な老後には全くの不安を感じてもいませんでした。

ところが、資産を拡大させるには、不動産投資は明らかに有利なはずですが、拡大させればさせるほど、総合所得で所得税がとてつもなく拡大し、さらに純資産は過剰になり、相続対策を意識せざるをえなくなった経験があります。 気が付いてみれば、概ね、当社に相続対策で相談に来る人達以上の資産を築き上げてしまった訳ですが、振り返ってみると、もっと早くからやっておかなくてはならなかったことが沢山あったことに気付きました。

世の中には、相続対策の仕事をしている人達が多くいますが、その中で自ら相続対策が必要なほどの資産をもっている人はほとんどいません。 世の中には、不動産投資を勧めている人達は多くいますが、その人達が自ら不動産投資を行っているとは限らず、ましてや事業的規模で行っている人は、非常に少ないです。 世の中には、経営コンサルタントと名乗る人達は多くいますが、その人達に事業で成功した人はほとんどいません。

私自身、現在、実業でも不動産投資でも旺盛に続けて来ていますが、唯一、後悔していることがあります。 それは、不動産投資も事業と捉えて、個人ではなく、最初から法人で資産の拡大を図ればよかった、ということです。 これは、実際にやったことがある人でないと気付かないこと。

また、土地有効活用についても同様であり、土地があればアパートやマンションを建てればいいというものではありません。場合によっては、建てない方が良い場合もあれば、将来価値を見越して資産の組替を行うことも必要です。当社が開発したムービング店舗などは、土地活用のリスクを最大限に縮小したビジネスモデルです。 様々なことを、実際にやったことを本セミナーで披露します。 実業の世界からノウハウを提供しますので、お時間がある方は、ぜひ、この機会にお越しください。

■こんな方にオススメ!
・不動産投資を将来、事業として捉えて計画、実行する方
・すでに資産を持っているが、さらなる打つべき手を模索している方
・実業で成功している方や事業継承で悩まされている方
・いよいよ相続対策が必要と思われている方
・不動産投資が相続対策として有効だと理解したい方
・会社経営者で、いまさら周りに聞けない方



 20171001asset_souzoku_tochi
本セミナーでは、自身で不動産投資を実践し、事業で土地活用や相続対策を行ってきたCFネッツ代表の倉橋が、将来価値を見越して資産の組替を行うことの重要性を説きます。不動産投資を将来、事業と捉え計画・実行する方、すでに資産を持っているが、さらなる打つべき手を模索している方、相続対策が必要と思われている方、会社経営者でいまさら周りに聞けないという方などに有益な内容となっております。この機会にぜひご参加ください。
◆詳細・お申し込みはこちらから




 kindle_banner






人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



2017年09月25日

お誕生日、おめでとうございます!

皆さまからのメッセージ、ありがとうございます。



不動産投資ランキングへ



人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!


image


本日、なんと、59歳になってしまった!

昨日、一昨日と、大阪出張があり、昨日、かなり疲れて帰宅し、12半頃に就寝するや


ピコーン!

と、フェイスブックのメッセージの音が。




しばらくすると、またもや



ピコーン!

と、夜中の1時過ぎから2時ころに。



ん〜、ちょっと気になり、起きて、アイフォーンをみるや



「倉橋社長、お誕生日、おめでとうございます!」

と。








・・・・・・。








確かに。







お休みなさい!





ということで、あまり夜中のメッセージは好ましくない。

本日も、多くの方からメッセージやDMを頂き、恐縮している。


ま、何はともあれ、59年も生きてきているのだから、おめでたいのである。


子供のころは、はやく大人になりたいと考えていたが、いまさら、早く大人になりたいとも考えていない。

充分、満足な大人に成長しているとは思うものの、まだまだやりたいことが山積している。

すると、なるべく歳はとりたくないと考えるようになるのである。


人間、都合よく考えるものだと、我ながら反省している最中だ。




先ほど、会議が終わり、当社の若い社員から


「社長、お誕生日おめでとうございます!」



と、またもや言われ、そのあとがいけない。










「来年は、赤いちゃんちゃんこですね!」




うるさい。


誰だ、還暦に赤いちゃんちゃんこを着だした奴は。





ほんと、この年になると、誕生日って、あまりうれしくないんですよ。





あ、いけない。


次の会議が。


では。


61j0W2qsHhL







人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



2017年09月24日

帰宅の途。

いま、横須賀線で移動中。



不動産投資ランキングへ



人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!


本日は、大阪支社で個別相談。

何と、こちらも満席。

朝、10時から18時まで、ずっとしゃべり続け、今日も100%解決の方法性が見出せ、皆さん、満足して頂いた。

「なるほど‼️それって、いままで気がつきませんでした‼️」

はっきり言って、スキルが違うのである。

個別相談をする場合、すべて経験則の中から判断しているのであって、未経験の知識ではないのである。

今日は、大阪支社のメンバーも立ち会わせ、実務を指示してきたので、彼らも、実務上の経験を積んでもらえばと思う。



しかし、若干、疲労感が。

いま、横須賀線で移動中。

家に着くのは、11頃だろうか。


では。


61j0W2qsHhL







人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



2017年09月23日

朝、鳴門から大阪へ移動。

昨日、エクシブ鳴門でゴルフをば。



不動産投資ランキングへ



人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!

image



一昨日、テレビ収録の後、エクシブ鳴門に移動。

しばらく休みを取っていなかったので、講演前にゴルフでもやろうと計画していた。

ところが、昨日は、雨。

午前中で切り上げようかと考えたが、妻が、せっかくゴルフに来たんだからと、周囲が切り上げる中、ラウンドした。

ん〜、雨の中にやるほど、ゴルフが好きなわけでもない。

どちらかというと、せっかく来たんだから風呂でも入って、はやく食事がしたいくらいだったが、しかたがない。

四国だし、きっと熱いに違いないとの予想は裏切られ、すごく涼しい。

雨の中のゴルフは、ちょっときついものがあった。

しかしながら昨日は、カウンター割烹という、ちょっと変わったスタイルの食事。

風呂上りに、日本酒を飲みながら、ゆっくりと食事が楽しめた!

夜は、はやめに寝たので、今日は、ちゃんと二日酔いからは脱出できている。

今日は、大阪で講演。

40名ほどの参加者だそうだ。




がんばります!



では。


61j0W2qsHhL







人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



2017年09月21日

また、やってしまった!

image
昨日、雷神矢口さんのコンサート。



不動産投資ランキングへ


人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!


いま、テレビ神奈川の収録の為、会議室で待機。

昨日、コンサートが午後7時開場、7時半からスタートということで、電車では大変な感じだったので、運転手を社員に頼んで参加した。

これが、いけない。

ベンツのVクラスは、特別仕様になっていて、後ろの座席はテーブルが出せ、宴会ができるようになっている。

自宅を出る時に、まずはビールを飲みながら移動。

その後、コンサート前に、会場近くのかに道楽で食事。

まだ時間があるからと、ビールの後にワインを。

これも、いけない。

ボトルのほうが割安だとか何とか言って、ボトル2本を平らげてしまった。

あ、時間だ!

あわててコンサート会場へ行くと、なんと、ワンドリンク付。


またもや、これもいけない。


コンサート会場の裏手には、キャッシュオンデリバリーで、何杯でも飲める。

コンサート中


「次、何にしますか?」

とは、一緒に行った社員。

とりあえず1万円渡して、次々に飲みながら音楽を楽しんだ。

終わったころには、かなり酔ってしまった!


「じゃあさぁ、ラーメンでも食べる?」



後は、ご想像にお任せする。



というわけで、FMヨコハマの収録、これからテレビ神奈川収録。


本日中に関西に移動する。





やばい!



では。


61j0W2qsHhL







人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



2017年09月20日

伝達する能力。

頭を整理して指示すること。



不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!





※CFネッツ採用情報はこちら


みんな、サイボウズにレジュメを作る予定を入れてくれている。昨日は外部のセミナーの原稿を書いていたら気になって予定を確認したらタイ凸が違っていた。セミナーに参加する対象が違うから原稿を書き換えることになった。
セミナーもそうだけれど、最初に予定を入れた人が確認をしてください。それを受けて人が動く、外に出す原稿は1人で確認せずに、自分自身が考えて書いてください。

仕事は一回で決着を着けるつもりで動くようにしている。本を書くときは、一回に220枚ぐらいの原稿として、そのために250枚から280枚ぐらい書く。それを削っていって、足りないものに気がつく。最近は目次立てをして書くから、仕事が一回で終わる。
そうすると編集者もこまめに動かくてすむので、電話ぐらいで対応ができるぐらいにクオリティを上げてから出す。製品とはそういうもの。

物事をやる時、サイボウズで入れてくれるのはいいけれど、行動予定が入っていなかったりする。制作物を作る予定があるとそのために時間を取って動いている。間違えた指示だとそのための時間が無駄になる。
原稿や指示をする時、指示する人がわかりやすく簡潔に連絡を取る様にしてください。相手に電話するときもそうだけれど、一日24時間しか無い、相手方も忙しいから、簡潔に連絡をする。メールでもなるべく簡潔にわかりやすく質問事項をだけ戻すようにしていると、相手方も簡潔に返してくるようになる。

今はいろいろな通信方法が在る。携帯のメッセージで送れば、相手方に伝われば返事が履歴で残る。そんなに切迫しているものでなければメールのやり取りで済んだりする。
最近はメールの量が多いので確認するのも大変だからフェイスブックでつながっている人は、どんなに大きい仕事でもフェイスブックで打ち合わせをしたりする。社員とはメッセージで打ち合わせをしている。そのほうが確実に早く相手方に伝わる。
戻ってきた答えに対してわからないことがないように書くようにしている。

仕事は1人でやっているわけではない。一つの仕事はみんなで動いているのだから、そこで間違えるといろんなことが間違えた動き方をする。すると効率が悪くなる。
忙しいという人に限って、言葉が足りない、コニュニケーション能力が足りない。電話をかけない人が多い。今、急いで何かをやっている時は電話で確認すればいい。やればいいのにやらない人がすごく多い。

昔、電話魔と言われるぐらい電話をかけまくっていました。昼間の営業時間はずっと電話をしていて、ある一定のところでピッタと止めて後は事務仕事をする。営業の時間のときは営業に専念する。企画の仕事のときは企画に専念する。それも業者との打ち合わせというのはなるべく短く簡潔に。仕事をお互い短く出来るように努力する。それが大事。

いま、色々なアイテムがあるからコニュニケーション能力が間違えた方向に行かないようにする。大事なことは仕事が中心。
どうしたら早く仕事が決着付くか。そのために何が必要なのかということを考える。
メールはなんのために書くのか。緊急の時にはメールは使わない。
何が今一番必要なのかを考えて行動を取ってください。


最新の著書はこちら

不動産投資ランキングへ





 20170923osaka_bipolarization
今後の起こりうる不動産市場の変化を予測した、実践的な不動産投資法・資産防衛法・相続対策法をお伝えします。 第一部では講師・河崎が、これまでの実績から今の融資状況をお伝えつつ、実際に販売した事例を元に、今後買うべき物件を選定するための道程を学んでいただきます。第二部では講師・倉橋が、東京オリンピック開催後に予想される、生産緑地解除に伴う不動産の大量供給について解説いたします。二極化が進む3大都市圏で不動産オーナーの今打つべき手とは?今後、投資してはいけない物件の判断基準になる内容です。今から「将来生じうる大きなリスク」を回避する準備をしましょう。
◆詳細・お申し込みはこちらから

 20171001asset_souzoku_tochi
本セミナーでは、自身で不動産投資を実践し、事業で土地活用や相続対策を行ってきたCFネッツ代表の倉橋が、将来価値を見越して資産の組替を行うことの重要性を説きます。不動産投資を将来、事業と捉え計画・実行する方、すでに資産を持っているが、さらなる打つべき手を模索している方、相続対策が必要と思われている方、会社経営者でいまさら周りに聞けないという方などに有益な内容となっております。この機会にぜひご参加ください。
◆詳細・お申し込みはこちらから


 20170917real_trend
入居者様がいなくては、投資は成り立たない!入居者様と同じような観点を持つことも大事です!このセミナーでは、最近の入居者ニーズや、物件決定のきっかけになった要因等を現場で得た情報を皆さまにお伝えさせていただき、これから購入する物件や、現在保有している物件に落とし込みをしていただきます。セミナー後半では、エリア選定の仕方、物件の選定の仕方をお伝えさせていただきます。
◆詳細・お申し込みはこちらから


tousisaizennsenn2017_4
不動産投資が加熱する昨今、優良な物件は非常に少なくなってきておりますが、コツさえつかめば安定した不動産投資を行うことは難しいことではありません。本セミナーでは日頃CFネッツのコンサルタント陣がどのように市場調査を行っているのか、賃貸市場の見方や捉え方、事例などについてお伝えします。
◆詳細・お申し込みはこちらから


20171008renovarion_repairs
第一部では、現代のライフスタイルに合った間取りやデザインにリノベーションすることで賃料が下がらない魅力のある物件にする方法をお伝えします。第二部では、物件力を損ねないために行う大規模修繕の、必要な修繕を適切なタイミングで効率良く実施する方法をお伝えします。適切なリノベーション法・大規模修繕法を会得することで、業者の言いなりにならず、自身の不動産の資産価値維持・向上を目指しませんか?

◆詳細・お申し込みはこちらから




 kindle_banner






人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



2017年09月19日

仕事のコツ。

即処理、間違えない仕組みづくり。



不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!





※CFネッツ採用情報はこちら


仕事が出来る人できない人というのがはっきりしている。それは仕事は速さと間違えないことを出来るかどうか。
間違える人の多くはやろうとしていることを後回しにするから忘れてしまう。
前職の会社で部署を再生させた時に、そこの部署に15人いて、任せられた仕事ができないと思っている。だから日々何をしていいかわからない。
クレームの処理をする。家賃の滞納者に訪問をする。いろいろなことをやっているのだけれど、何も解決できないから仕事だけが溜まっていく。そこで、こうしたら出来るんじゃないのと、先ず弁護士いるから相談して手続きをした。自分たちで出来るといって始めたのがきっかけ。それを何度かやっているうちに、なんとなく自分たちが出来るような気になって、やれる気になっていった。

一つの仕事ができるようになると二つのことが出来るようになる。そうやって前に進む。
あと内容を見てわかったのが、これを今日やらなければいけない。でも、明日これもやらなければいけない。やらなければいけないことが在るのだけれど一つも解決しない。だから仕事が溜まる一方。それはロスだから早く処理しましょう。
早く処理する方法は簡単なこと。メモすること。
毎日やるべきことを全て決着をつける。それを時系列にやっていっているうちに、仕事が処理できていく。そうすると効率が良くなる。

例えば、今、賃料の滞納督促をやっているけれど、どんどん解決していっている。長期の滞納が減っていってる。それは抱えないから。抱えないまま処理をしていくから処理が早い。
昨日も支払督促を指示したらその日のうちに書類を作成して裁判所に送付した。それは支払督促の書き方がわかっているから出来る事。

訴状はいつも自分で原稿を書いて出すのだけれど、あとで裁判官から言われないように、弁護士にチェックをしてもらって正しい形で出してくれるから早い。
訴訟ってのは出したら後は期日が決まってスタートをしたら必ず解決する。裁判で解決がつかないってことはない。逆に言うとそれを繰り返しやっているから早い。
もう一つ重要なのが、思ったらその場で電話をする。相手に繋がらなくても関係者に連絡を取る。電話をした段階で忘れても先方から連絡が来る。相手方にシグナルを出してもらう。そこで解決しなかったら自分が忘れてしまう。相手から連絡が来て思い出すから、指示がミスをすることがない。会議中に電話をしたり、連絡が来るからその場で解決するからメモも要らない。
例えば、オーナーさんから仕事を頼まれたとして、メモをして次の仕事をして、また何か仕事がきた時にメモをしても、メモだけしても仕事はスタートしないから解決しない。仕事は手をかけないと何も進まない。
何も進まないことで会社がリスクを抱えることになる。
仕事はその場で確認する。その場で指示をする。その場で解決する。解決する方法を手がける。手をかけないとダメ。
書かなければいけない原稿の期日がくる。いろいろなことがあるから優先順位に基いて全部サイボウズに入れる。その場で処理するために、やらなければいけないことを確認する。やらなかったら次の予定を入れる。その繰り返しをするから必ず終わるようになっている。
仕事のやるべきことが溜まってしまったら、仕事は手がつかなくなる。片っ端から片付けていってしまえば今日やることがわかるから、次のことをやることができるようになる。処理は必ず解決できる方法で動くこと。時間の掛かるものはスケジュールを入れて全部解決すること。
まず、手をかけること。仕事は手を付けないと何も進まない。
メモしたり、確認したりするのは作業としてはいいのだけれど、でも、手を付けなければ何も進まない。これを心がけてください。
必ず手をかける。確認する作業も相手方に電話して確認する。その場で解決する。そうすれば解決済みだから終わる。それをやりながら長期計画のものを全部やるから仕事が前に進む。出来ないのは出来ると思わないから。

仕事の能力って殆どの人はそんなに変わりがない。ただ、簡単なことだけれど、やろうと思う人、やらないと思う人。指示をした時に出来ないという人は全部できない。過去においてもやろうとしないから出来ない。出来ない回路はやろうとしない回路だから出来ると思って行動をする事が重要。そうすることで出来る仕事が増えていくから仕事の能力が高まる。
仕事を見ていても営業で売上が伸びる人とそうでない人、これは出来ると思っている人とできないと思っている人、そのことをよく理解して仕事に取り組んでください。お願いします。



最新の著書はこちら

不動産投資ランキングへ





 20170923osaka_bipolarization
今後の起こりうる不動産市場の変化を予測した、実践的な不動産投資法・資産防衛法・相続対策法をお伝えします。 第一部では講師・河崎が、これまでの実績から今の融資状況をお伝えつつ、実際に販売した事例を元に、今後買うべき物件を選定するための道程を学んでいただきます。第二部では講師・倉橋が、東京オリンピック開催後に予想される、生産緑地解除に伴う不動産の大量供給について解説いたします。二極化が進む3大都市圏で不動産オーナーの今打つべき手とは?今後、投資してはいけない物件の判断基準になる内容です。今から「将来生じうる大きなリスク」を回避する準備をしましょう。
◆詳細・お申し込みはこちらから

 20171001asset_souzoku_tochi
本セミナーでは、自身で不動産投資を実践し、事業で土地活用や相続対策を行ってきたCFネッツ代表の倉橋が、将来価値を見越して資産の組替を行うことの重要性を説きます。不動産投資を将来、事業と捉え計画・実行する方、すでに資産を持っているが、さらなる打つべき手を模索している方、相続対策が必要と思われている方、会社経営者でいまさら周りに聞けないという方などに有益な内容となっております。この機会にぜひご参加ください。
◆詳細・お申し込みはこちらから


 20170917real_trend
入居者様がいなくては、投資は成り立たない!入居者様と同じような観点を持つことも大事です!このセミナーでは、最近の入居者ニーズや、物件決定のきっかけになった要因等を現場で得た情報を皆さまにお伝えさせていただき、これから購入する物件や、現在保有している物件に落とし込みをしていただきます。セミナー後半では、エリア選定の仕方、物件の選定の仕方をお伝えさせていただきます。
◆詳細・お申し込みはこちらから


tousisaizennsenn2017_4
不動産投資が加熱する昨今、優良な物件は非常に少なくなってきておりますが、コツさえつかめば安定した不動産投資を行うことは難しいことではありません。本セミナーでは日頃CFネッツのコンサルタント陣がどのように市場調査を行っているのか、賃貸市場の見方や捉え方、事例などについてお伝えします。
◆詳細・お申し込みはこちらから


20171008renovarion_repairs
第一部では、現代のライフスタイルに合った間取りやデザインにリノベーションすることで賃料が下がらない魅力のある物件にする方法をお伝えします。第二部では、物件力を損ねないために行う大規模修繕の、必要な修繕を適切なタイミングで効率良く実施する方法をお伝えします。適切なリノベーション法・大規模修繕法を会得することで、業者の言いなりにならず、自身の不動産の資産価値維持・向上を目指しませんか?

◆詳細・お申し込みはこちらから




 kindle_banner






人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



2017年09月18日

観光都市の事情。

ホテルラッシュ、いつまで続くか。



不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!





※CFネッツ採用情報はこちら


IREMの講演で金沢に行ってきました。もう何度か来ているので観光に行くところに悩んでしまいます。今の金沢はホテルの建築ラッシュで大きいものから小さいものまでたくさんホテルを作っている。タクシーの運転手にそんなに人が来るのかを尋ねてみたら、外国人はホテルに泊まらないでゲストハウスに民泊するという話らしい。

北陸新幹線が開通した当初は3ヶ月予約が埋まっていたグランクラスも聞いてみたら、空いていて新幹線もちょっと厳しくなってきたのかもしれない。
よく考えてみると、北陸新幹線も東海道新幹線もトンネルが多くてネットが使えないし、車窓もトンネル内ばかりだから観光としては厳しいと思う。
いろいろな観光の資源は在るけれど、自分を振り返ってみて旅行にあまり行かなくなった気がする。行く目的は、ゴルフに行くことはあっても単純に旅行に行こうという発想が減ってきているのかなと思って、京都の知り合いに聞いてみたら、やっぱり観光客が減っているらしいです。
2019年から日本の世帯人口が減る一方で、国内向けの観光がどういう流れになるのか。最近はバス旅行が流行っているらしく、移動と食事付きで割安になっている。
段々旅行に対する感覚が変わってきている。今は、東京オリンピックでホテルが足りないと言われているけれど、その後、地方圏の観光地はホテルはリスクかもしれない。
これから先の土地活用は適材適所が必要に感じました。






最新の著書はこちら

不動産投資ランキングへ





 20170923osaka_bipolarization
今後の起こりうる不動産市場の変化を予測した、実践的な不動産投資法・資産防衛法・相続対策法をお伝えします。 第一部では講師・河崎が、これまでの実績から今の融資状況をお伝えつつ、実際に販売した事例を元に、今後買うべき物件を選定するための道程を学んでいただきます。第二部では講師・倉橋が、東京オリンピック開催後に予想される、生産緑地解除に伴う不動産の大量供給について解説いたします。二極化が進む3大都市圏で不動産オーナーの今打つべき手とは?今後、投資してはいけない物件の判断基準になる内容です。今から「将来生じうる大きなリスク」を回避する準備をしましょう。
◆詳細・お申し込みはこちらから

 20171001asset_souzoku_tochi
本セミナーでは、自身で不動産投資を実践し、事業で土地活用や相続対策を行ってきたCFネッツ代表の倉橋が、将来価値を見越して資産の組替を行うことの重要性を説きます。不動産投資を将来、事業と捉え計画・実行する方、すでに資産を持っているが、さらなる打つべき手を模索している方、相続対策が必要と思われている方、会社経営者でいまさら周りに聞けないという方などに有益な内容となっております。この機会にぜひご参加ください。
◆詳細・お申し込みはこちらから


 20170917real_trend
入居者様がいなくては、投資は成り立たない!入居者様と同じような観点を持つことも大事です!このセミナーでは、最近の入居者ニーズや、物件決定のきっかけになった要因等を現場で得た情報を皆さまにお伝えさせていただき、これから購入する物件や、現在保有している物件に落とし込みをしていただきます。セミナー後半では、エリア選定の仕方、物件の選定の仕方をお伝えさせていただきます。
◆詳細・お申し込みはこちらから


tousisaizennsenn2017_4
不動産投資が加熱する昨今、優良な物件は非常に少なくなってきておりますが、コツさえつかめば安定した不動産投資を行うことは難しいことではありません。本セミナーでは日頃CFネッツのコンサルタント陣がどのように市場調査を行っているのか、賃貸市場の見方や捉え方、事例などについてお伝えします。
◆詳細・お申し込みはこちらから


20171008renovarion_repairs
第一部では、現代のライフスタイルに合った間取りやデザインにリノベーションすることで賃料が下がらない魅力のある物件にする方法をお伝えします。第二部では、物件力を損ねないために行う大規模修繕の、必要な修繕を適切なタイミングで効率良く実施する方法をお伝えします。適切なリノベーション法・大規模修繕法を会得することで、業者の言いなりにならず、自身の不動産の資産価値維持・向上を目指しませんか?

◆詳細・お申し込みはこちらから




 kindle_banner






人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



2017年09月17日

三崎城ケ島のもよう。

「大人の歩き方」9月放映分。




不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!


ちょっと、飲みすぎです!






※CFネッツ採用情報はこちら



最新の著書はこちら

不動産投資ランキングへ



tousisaizennsenn2017_2
本セミナーにて講師を務めますのは、自身も区分ワンルームやアパートを所有する不動産投資家でありながら、現場にて自身のクライアント向けにも数多くの資産形成コンサルティングを行う中元CPMになります。現場で徹底的に叩き上げられた氏の話だからこそ、決して教科書的ではない、より実践的な話が聞けるのではないでしょうか。
◆詳細・お申し込みはこちらから

 20170917real_trend
入居者様がいなくては、投資は成り立たない!入居者様と同じような観点を持つことも大事です!このセミナーでは、最近の入居者ニーズや、物件決定のきっかけになった要因等を現場で得た情報を皆さまにお伝えさせていただき、これから購入する物件や、現在保有している物件に落とし込みをしていただきます。セミナー後半では、エリア選定の仕方、物件の選定の仕方をお伝えさせていただきます。
◆詳細・お申し込みはこちらから

 20170923osaka_bipolarization
今後の起こりうる不動産市場の変化を予測した、実践的な不動産投資法・資産防衛法・相続対策法をお伝えします。 第一部では講師・河崎が、これまでの実績から今の融資状況をお伝えつつ、実際に販売した事例を元に、今後買うべき物件を選定するための道程を学んでいただきます。第二部では講師・倉橋が、東京オリンピック開催後に予想される、生産緑地解除に伴う不動産の大量供給について解説いたします。二極化が進む3大都市圏で不動産オーナーの今打つべき手とは?今後、投資してはいけない物件の判断基準になる内容です。今から「将来生じうる大きなリスク」を回避する準備をしましょう。
◆詳細・お申し込みはこちらから

 20171001asset_souzoku_tochi
本セミナーでは、自身で不動産投資を実践し、事業で土地活用や相続対策を行ってきたCFネッツ代表の倉橋が、将来価値を見越して資産の組替を行うことの重要性を説きます。不動産投資を将来、事業と捉え計画・実行する方、すでに資産を持っているが、さらなる打つべき手を模索している方、相続対策が必要と思われている方、会社経営者でいまさら周りに聞けないという方などに有益な内容となっております。この機会にぜひご参加ください。
◆詳細・お申し込みはこちらから


 kindle_banner






人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



2017年09月16日

不動産投資の魅力とは?

ここが知りたい不動産。




不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!


最新、9月号、放送中!





※CFネッツ採用情報はこちら



最新の著書はこちら

不動産投資ランキングへ



tousisaizennsenn2017_2
本セミナーにて講師を務めますのは、自身も区分ワンルームやアパートを所有する不動産投資家でありながら、現場にて自身のクライアント向けにも数多くの資産形成コンサルティングを行う中元CPMになります。現場で徹底的に叩き上げられた氏の話だからこそ、決して教科書的ではない、より実践的な話が聞けるのではないでしょうか。
◆詳細・お申し込みはこちらから

 20170917real_trend
入居者様がいなくては、投資は成り立たない!入居者様と同じような観点を持つことも大事です!このセミナーでは、最近の入居者ニーズや、物件決定のきっかけになった要因等を現場で得た情報を皆さまにお伝えさせていただき、これから購入する物件や、現在保有している物件に落とし込みをしていただきます。セミナー後半では、エリア選定の仕方、物件の選定の仕方をお伝えさせていただきます。
◆詳細・お申し込みはこちらから

 20170923osaka_bipolarization
今後の起こりうる不動産市場の変化を予測した、実践的な不動産投資法・資産防衛法・相続対策法をお伝えします。 第一部では講師・河崎が、これまでの実績から今の融資状況をお伝えつつ、実際に販売した事例を元に、今後買うべき物件を選定するための道程を学んでいただきます。第二部では講師・倉橋が、東京オリンピック開催後に予想される、生産緑地解除に伴う不動産の大量供給について解説いたします。二極化が進む3大都市圏で不動産オーナーの今打つべき手とは?今後、投資してはいけない物件の判断基準になる内容です。今から「将来生じうる大きなリスク」を回避する準備をしましょう。
◆詳細・お申し込みはこちらから

 20171001asset_souzoku_tochi
本セミナーでは、自身で不動産投資を実践し、事業で土地活用や相続対策を行ってきたCFネッツ代表の倉橋が、将来価値を見越して資産の組替を行うことの重要性を説きます。不動産投資を将来、事業と捉え計画・実行する方、すでに資産を持っているが、さらなる打つべき手を模索している方、相続対策が必要と思われている方、会社経営者でいまさら周りに聞けないという方などに有益な内容となっております。この機会にぜひご参加ください。
◆詳細・お申し込みはこちらから


 kindle_banner






人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



2017年09月15日

仕事も、ヨットも方向性が大事。

タモリカップに参加して思ったこと。




不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!





※CFネッツ採用情報はこちら



先日、ヨットレースのタモリカップに出場してきました。
今回3グループの一番最後グループのスタート。ヨットレースのスタートはブイがうたれていてスタートラインを通過する時間が決められています。その決められた時間ぴったりに通過するようにスタートをするのだけど、例年スタートラインは明確だったけれど、今年はなぜか明確じゃなく無線で確認しながら周りを見て動いていたら、スタートラインに誰も立っていなくてレースが始まったら多くの船が迷走していた。
他の船の様子を見ながらスタートラインを通ったつもりで次のブイに向かっていたけれど、次のブイもわからない。結局、天気が良くて、風もなくて、レースのことがどっかに行って、楽しんできました。

ヨットレースに参加するようになって、性格が少し変わった気がします。
昔から、時間と期限を決めて仕事をしていて、船に乗る様になったのもシーボニアのサンバードというレンタルボートが面白くて、ヨットで沖合に出たり、それからシナーラで海遊びをしたのがきっかけでした。
ヨットは風まかせだから面白い。常に時間に追われている中で、時間に解放されるという異次元の世界が出てくる。ヨットレースでも風がないとみんなが走れない。その中でみんなで迷走している。今回は指示するところが明確じゃなかったり、指示を間違えた。指示を間違えるとみんな迷走して収集がつかなくなる。レースだとプランを考えて指示することが重要。
普通なら参加者みんながクレームを出すような事態だろうけれど、パーティー会場で誰一人怒っていなかった。性格がみんな穏やか。心の豊かさがでる。普通、レースでルールを説明しないまま、スタートして間違いが生じたら大変なクレームになる。それなのに誰も言わない。結局、最後の表彰台で3クラス、誰も入賞していない。ということは全員がルール通りのスタート切っていないか、完走できていない。
真剣に、その日のために何百万も掛かる帆を用意したりする人たちがいるはず。本当なら怒ってもおかしくないのだろうけれど、誰も怒らない世界。
来年は、これから船をドックに入れて直して新艇にしてスタートをする。この船の潜在能力を高めようと思って、ヨットクラブということで組織を作ってこれから運用していきます。
せっかく船があるので、普通できないことが出来るのだから社員も積極的に参加していてください。







最新の著書はこちら

不動産投資ランキングへ



tousisaizennsenn2017_2
本セミナーにて講師を務めますのは、自身も区分ワンルームやアパートを所有する不動産投資家でありながら、現場にて自身のクライアント向けにも数多くの資産形成コンサルティングを行う中元CPMになります。現場で徹底的に叩き上げられた氏の話だからこそ、決して教科書的ではない、より実践的な話が聞けるのではないでしょうか。
◆詳細・お申し込みはこちらから

 20170917real_trend
入居者様がいなくては、投資は成り立たない!入居者様と同じような観点を持つことも大事です!このセミナーでは、最近の入居者ニーズや、物件決定のきっかけになった要因等を現場で得た情報を皆さまにお伝えさせていただき、これから購入する物件や、現在保有している物件に落とし込みをしていただきます。セミナー後半では、エリア選定の仕方、物件の選定の仕方をお伝えさせていただきます。
◆詳細・お申し込みはこちらから

 20170923osaka_bipolarization
今後の起こりうる不動産市場の変化を予測した、実践的な不動産投資法・資産防衛法・相続対策法をお伝えします。 第一部では講師・河崎が、これまでの実績から今の融資状況をお伝えつつ、実際に販売した事例を元に、今後買うべき物件を選定するための道程を学んでいただきます。第二部では講師・倉橋が、東京オリンピック開催後に予想される、生産緑地解除に伴う不動産の大量供給について解説いたします。二極化が進む3大都市圏で不動産オーナーの今打つべき手とは?今後、投資してはいけない物件の判断基準になる内容です。今から「将来生じうる大きなリスク」を回避する準備をしましょう。
◆詳細・お申し込みはこちらから

 20171001asset_souzoku_tochi
本セミナーでは、自身で不動産投資を実践し、事業で土地活用や相続対策を行ってきたCFネッツ代表の倉橋が、将来価値を見越して資産の組替を行うことの重要性を説きます。不動産投資を将来、事業と捉え計画・実行する方、すでに資産を持っているが、さらなる打つべき手を模索している方、相続対策が必要と思われている方、会社経営者でいまさら周りに聞けないという方などに有益な内容となっております。この機会にぜひご参加ください。
◆詳細・お申し込みはこちらから


 kindle_banner






人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



2017年09月14日

横須賀線で移動。

一昨日、IREM−JAPAN 北陸支部での講演。



不動産投資ランキングへ


人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!


昨日は、金沢の物件下見。

日本テナントサービスが、某ゼネコンから依頼されている物件を見てきた。

そして、昼食を食べてから帰宅しようと考え、新幹線の窓口へ。

ところが、会社で手配してもらった切符は、一切変更がきかないらしい。

仕方がないので、カニでも食べて帰ろうか、と。

とりあえず、近江町市場までいってから、ネットでカニ料理を探したが、なかなか昼に営業しているところがなく、やっと予約が取れたのが金沢駅前のカニ料理の店。

しかたなく金沢駅前に戻って、さっそくカニを頼もうと思ったら、なんと、季節的に用意していないとのこと。

げっ。

いまの旬は、のど黒ということで、のど黒の刺身とガスエビ。

そいつをつまみにビールを飲んだ。


それがいけない。


その店、2時半でラストオーダー。

電車は、4時47分。

どうするか。

夫婦で駅前ビルの書店で本を買ったりして時間をつぶすが、まだまだ時間がある。

あっ。

駅ビルの奥のほうにおでん屋を発見。

おでんをつまみに、飲み直し。

新幹線に乗るころには、結構、飲んでいたのに、車内でワインを飲みだした。


これも、いけない。


二日酔いの調子は、既になおっていたから、東京から横須賀線でのんびりとビールを飲み続け、帰宅してからウイスキーを飲んで、結局、12時間飲み続けてしまった。


あ〜ぁっ。


またも二日酔い。

一昨日、会社に車を置いて出かけたから、今日は電車で出勤。


「冷たいお飲み物は、如何ですか?」

とは、電車の車掌。


ん〜、朝からビールは、見たくない。



では。


61j0W2qsHhL







人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



2017年09月13日

講演、大好評‼️

IREM−JAPAN 北陸支部での講演。



不動産投資ランキングへ


人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!


おかげさまで、講演のほうは盛況だった。

しかし、そのあと、懇親会。


image


こんな感じ。


image

やばし。


いま、二日酔いでホテル。



さぁ、今日は何するか。

では。


61j0W2qsHhL







人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



2017年09月12日

今日は、金沢へ。

IREM−JAPAN 北陸支部での講演。



不動産投資ランキングへ


人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!


最近、金沢への出張は、新幹線で移動出来る為、へたをすると日帰りでも行けてしまう。

先日の富山は、日帰りだったが、今回は、せっかく来るのだから懇親会も参加してほしい、ということで、今日は一泊。

明日は、会社も休みなので、帰りはゆっくりの電車をとっている。


61j0W2qsHhL


やっぱり、本日の話題も、北陸地域といっても放っておけない2022年問題も盛り込んで、日本全体でどんなことが起きてくるのかなどを予測した内容になっている。

既に、日本の世帯数は2019年から減少することは確定的である。

すると、今後の不動産投資の行方は・・・・・・。

そんな、話。


21462395_1474632132629813_8726165932514469085_n


先日の反省を踏まえて、昨日は飲んでいない!


では。




人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



2017年09月11日

道徳、倫理で解決できない場合。

裁判で決着つける理由。



不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!





※CFネッツ採用情報はこちら


裁判はみんな嫌がるけれど話し合いで解決できないから訴訟になる。
訴訟はぜひやるべき。裁判に関わる人件費や場所代を考えたら訴訟費用は安いもの。家賃の滞納や不当行為で自分の会社のように裁判所を使っていたこともある。それで何がわかるかというと、事実と照らし合わせて判決が出る。そこで重要なのが事実を明確に書ける人とできない人が居る。原稿がだめな人は表現を間違えたり、証人尋問で間違えたことを喋ってしまったり、間違えたことを書かれてしまったりする。
弁護士は多くの訴訟を抱えているのでどこかでミスが出る。裁判で出てきた書類を見て勝てるツボがわかる時がある。最初の主張と異なるところを比較検討して、異なるところを指摘をすると心証がこっちに傾く。不利だったとしても勝ち戦に変わることがある。あとは事実と照らし合わせて時間と証拠を揃えていけば勝ちになる。
中には判決が過失割合が出てくる時がある。過失割合とは例えばうちの担当者がやったことや言ったことなどの事実認定があると費用の一部負担をしなければならない。
そして、判決の中に裁判費用の負担が書いてある。その中に弁護士費用は含まれない。訴訟費用は安くしか請求できない。つまり弁護士代金は全てコストになる。だからやるからには勝たないと。
よほどのことがなければ通常は担当者レベルで話がつく。それで話し合いがつかないから裁判になる。他にも滞納などでは民間で出来ない強制執行ができる。相手方の動産を差し押さえて、明け渡しの言い渡しをして、その日に出なかったら道具屋というのを連れて行って中の荷物を外に持ち出す。
大半は夜逃げをしてしまっているのでそんなに問題になることはないのだけれど、強制執行を伸ばしてしまえば滞納の金額が増えることになったり、相手方を追い詰めてもっと大変なことになる場合だってある。だから、強制執行が決まったらすぐに実行をする。
判決が取れるまでに数ヶ月の時間がある。誠意のある人ならそれまでに出来ることはある。長い期間、裁判をしても出ていかない人なのだからそれは仕方がない。
今回、事実と照らし合わせて原稿を作っていて入り口の段階で調査して証拠を付けて出さないといけない。その証拠が結構大変。
良かったのは経験しているから出来た。経験してなかったら混乱していた。そうなると全部弁護士任せになってしまい、弁護士は当事者のように細かいことはわからないから、照明や、証拠が足りなかったりするかもしれない。
いま、PMの勉強会でも裁判所にいったりする。訴状とか即決和解の原稿を書くこと。支払督促の書類が書けることが重要になってくる。スキルを磨くにはここが出来ることが重要。
最終的に事実と照らし合わせて、もう一つは法律と照らし合わせて判断できるようになること。
よく勉強してください。


最新の著書はこちら

不動産投資ランキングへ



tousisaizennsenn2017_2
本セミナーにて講師を務めますのは、自身も区分ワンルームやアパートを所有する不動産投資家でありながら、現場にて自身のクライアント向けにも数多くの資産形成コンサルティングを行う中元CPMになります。現場で徹底的に叩き上げられた氏の話だからこそ、決して教科書的ではない、より実践的な話が聞けるのではないでしょうか。
◆詳細・お申し込みはこちらから

 20170917real_trend
入居者様がいなくては、投資は成り立たない!入居者様と同じような観点を持つことも大事です!このセミナーでは、最近の入居者ニーズや、物件決定のきっかけになった要因等を現場で得た情報を皆さまにお伝えさせていただき、これから購入する物件や、現在保有している物件に落とし込みをしていただきます。セミナー後半では、エリア選定の仕方、物件の選定の仕方をお伝えさせていただきます。
◆詳細・お申し込みはこちらから

 20170923osaka_bipolarization
今後の起こりうる不動産市場の変化を予測した、実践的な不動産投資法・資産防衛法・相続対策法をお伝えします。 第一部では講師・河崎が、これまでの実績から今の融資状況をお伝えつつ、実際に販売した事例を元に、今後買うべき物件を選定するための道程を学んでいただきます。第二部では講師・倉橋が、東京オリンピック開催後に予想される、生産緑地解除に伴う不動産の大量供給について解説いたします。二極化が進む3大都市圏で不動産オーナーの今打つべき手とは?今後、投資してはいけない物件の判断基準になる内容です。今から「将来生じうる大きなリスク」を回避する準備をしましょう。
◆詳細・お申し込みはこちらから

 20171001asset_souzoku_tochi
本セミナーでは、自身で不動産投資を実践し、事業で土地活用や相続対策を行ってきたCFネッツ代表の倉橋が、将来価値を見越して資産の組替を行うことの重要性を説きます。不動産投資を将来、事業と捉え計画・実行する方、すでに資産を持っているが、さらなる打つべき手を模索している方、相続対策が必要と思われている方、会社経営者でいまさら周りに聞けないという方などに有益な内容となっております。この機会にぜひご参加ください。
◆詳細・お申し込みはこちらから


 kindle_banner






人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



2017年09月10日

名古屋に移動中!


昨日、タモリカップに出場、その後、パーティ。



不動産投資ランキングへ


人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!

IMG_3414


21370978_1474366649323028_7239089618249720841_n


今年も、相変わらずタモリカップに参加した。

天候には恵まれたが、なんと無風状態。

おまけに、コースがわからず、本部の無線での説明もよくわからず、参加者のヨットが迷走をはじめ、我が翔鴎号も同じクラスの船に追従。

ところが、またもや同じクラスの船が逆方向に?????

あれ、スタート、そっちじゃないの?

みたいな感じで、バラバラになってしまった。

21558809_1474460922646934_5393328234266244676_n

おまけに無風状態。

今回、20名位で参加したのだが、あまりの無風で、とりあえず一杯やりますか?

これが、いけない。

昼ころから飲みだし、レース終了からパーティまでの時間、中華料理で紹興酒を飲み、


そして















21462395_1474632132629813_8726165932514469085_n

こんな感じ。


「さっき、紹興酒飲んだから、今度は日本酒とワインでいいや」

よくわからない言い訳を言って、飲み続け、帰りにはベンツのリムジンでウイスキーを飲みながら帰宅。















また、やってしまった!







そんなわけで、今日は二日酔い。


講演、大丈夫かなぁ?


では。

20170910shuppankinen

刻々と近づく、いわゆる2022年問題。
生産緑地法改正により1992年に大量に指定された「生産緑地」の解除条件である30年が2022年に到来する。現在の農業人口の減少と後継者問題から市街地農家は、再度、生産緑地を継続するという選択肢は選ばないと言われ、それによって大量な宅地が供給されると考えらている。したがって、これは生産緑地指定の農業従事者だけでなく、大都市圏の不動産オーナー、そして隣接するエリアの不動産オーナー、それだけではなくすべての不動産オーナーにとっても大きな影響を与えることは間違いない。

本書は、不動産コンサルタント会社CFネッツの代表取締役であり、数多くの相続対策を実践している倉橋隆行氏、鎌倉鑑定の不動産鑑定士林愛州氏、そして銀座タックスコンサルティングの税理士保立秀人監修により出版されました。
今回の出版記念講演では、第1部を林愛州氏が担当し、生産緑地に関する内容と問題点を解説、そして第2部では倉橋隆行氏が様々な角度から、実践的な資産防衛策と相続対策等の側面からのアドバイスを講演してする。また、参加者全員に本書を配布させて頂きますので、書店でご購入して頂く必要はありません。

あと5年の歳月は、長いようで短い。いまから準備をすることで、大きなリスクを回避できるかもしれない。ぜひ、お時間がある方は、この機会にご参加ください。

第1部:生産緑地法の施行背景と2022年問題
生産緑地指定と解除の基礎知識
2022年問題とは
東京・神奈川の生産緑地地域と面積
その他

第2部:2022年問題がもたらす影響と対策
生産緑地所有者の苦悩と問題点
生産緑地解除における円満な解除方法
すべての不動産オーナーの対処法
資産組替と法人化で問題解決
その他

詳細はこちらから




人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



2017年09月09日

本日、タモリカップ参加。

船長が変わってから初めてのレースである。



不動産投資ランキングへ


人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!

IMG_3414


いつも、当然、入賞を狙っているのであるが、結果的には「参加することに意義がある」的な終わり方である。

なにせ、翔鴎号(かもめとぶ)は日本造船史上、国産のヨットでは最大級の巨体なのだから、現在のようなハイテクなレース艇に勝てるわけがない。

ただ、強烈な風が吹くと、軽い船は転覆する恐れがあるため、翔鴎号は勝てる可能性がある。

ん〜、今日はどうだか。

このタモリカップの場合、レースもさることながら、終わった後のパーティがすごい。

毎年、2000人以上が参加し、飲み放題、食べ放題である。

多分、マスコミ規制がされていると思うが、その状況は、参加した人でないとわからない。

今回は、レース参加者以外にパーティだけ参加するひともいるらしく、なんと翔鴎号の参加は24名。

毎年、参加者が増え続けている模様だから、スタッフの皆さんは大変な苦労があると思う。

ご苦労様です!

ということで、今日もやばい予感がするが、明日は名古屋で講演である。

ちょっと、酒は、抑えなければ。



では。


20170910shuppankinen

刻々と近づく、いわゆる2022年問題。
生産緑地法改正により1992年に大量に指定された「生産緑地」の解除条件である30年が2022年に到来する。現在の農業人口の減少と後継者問題から市街地農家は、再度、生産緑地を継続するという選択肢は選ばないと言われ、それによって大量な宅地が供給されると考えらている。したがって、これは生産緑地指定の農業従事者だけでなく、大都市圏の不動産オーナー、そして隣接するエリアの不動産オーナー、それだけではなくすべての不動産オーナーにとっても大きな影響を与えることは間違いない。

本書は、不動産コンサルタント会社CFネッツの代表取締役であり、数多くの相続対策を実践している倉橋隆行氏、鎌倉鑑定の不動産鑑定士林愛州氏、そして銀座タックスコンサルティングの税理士保立秀人監修により出版されました。
今回の出版記念講演では、第1部を林愛州氏が担当し、生産緑地に関する内容と問題点を解説、そして第2部では倉橋隆行氏が様々な角度から、実践的な資産防衛策と相続対策等の側面からのアドバイスを講演してする。また、参加者全員に本書を配布させて頂きますので、書店でご購入して頂く必要はありません。

あと5年の歳月は、長いようで短い。いまから準備をすることで、大きなリスクを回避できるかもしれない。ぜひ、お時間がある方は、この機会にご参加ください。

第1部:生産緑地法の施行背景と2022年問題
生産緑地指定と解除の基礎知識
2022年問題とは
東京・神奈川の生産緑地地域と面積
その他

第2部:2022年問題がもたらす影響と対策
生産緑地所有者の苦悩と問題点
生産緑地解除における円満な解除方法
すべての不動産オーナーの対処法
資産組替と法人化で問題解決
その他

詳細はこちらから




人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



2017年09月08日

なんでだろう!

ブログランキング、下落したまま。



不動産投資ランキングへ


人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!


昨日、クマさんから、念のため調べたほうが良いといわれ、当社のシステム部の小林君に相談したが、やはり原因がわからない。


61j0W2qsHhL

以前より閲覧数が増えているのに、順位が上がらない。

なぜだろう。

いまだ原因がわからず、今日もブログの更新をしている。

ま、閲覧数が増えているのだから、いいか。

というわけで、今日も多忙につき、更新が遅くなってしまった。

本日は、J−COMテレビの「ここが知りたい不動産」の収録。

そして、午後は相変わらず、面倒くさい人の為に訴訟の準備と講演レジュメ作成。

通常の多忙な業務に加え、面倒くさい人の為に面倒くさい業務が加算される。

訴額に、私の人件費を上乗せしたいところだが、裁判所は認めてくれない。



さて、今週日曜日に名古屋で最後の講演を行う。


今週の日曜日。

私と鎌倉鑑定の不動産鑑定士林氏と2人で行い、書籍もついてくるセミナー。

今回が最終になりますので、ぜひ、お時間のある方は、お越しください!

では。


20170910shuppankinen

刻々と近づく、いわゆる2022年問題。
生産緑地法改正により1992年に大量に指定された「生産緑地」の解除条件である30年が2022年に到来する。現在の農業人口の減少と後継者問題から市街地農家は、再度、生産緑地を継続するという選択肢は選ばないと言われ、それによって大量な宅地が供給されると考えらている。したがって、これは生産緑地指定の農業従事者だけでなく、大都市圏の不動産オーナー、そして隣接するエリアの不動産オーナー、それだけではなくすべての不動産オーナーにとっても大きな影響を与えることは間違いない。

本書は、不動産コンサルタント会社CFネッツの代表取締役であり、数多くの相続対策を実践している倉橋隆行氏、鎌倉鑑定の不動産鑑定士林愛州氏、そして銀座タックスコンサルティングの税理士保立秀人監修により出版されました。
今回の出版記念講演では、第1部を林愛州氏が担当し、生産緑地に関する内容と問題点を解説、そして第2部では倉橋隆行氏が様々な角度から、実践的な資産防衛策と相続対策等の側面からのアドバイスを講演してする。また、参加者全員に本書を配布させて頂きますので、書店でご購入して頂く必要はありません。

あと5年の歳月は、長いようで短い。いまから準備をすることで、大きなリスクを回避できるかもしれない。ぜひ、お時間がある方は、この機会にご参加ください。

第1部:生産緑地法の施行背景と2022年問題
生産緑地指定と解除の基礎知識
2022年問題とは
東京・神奈川の生産緑地地域と面積
その他

第2部:2022年問題がもたらす影響と対策
生産緑地所有者の苦悩と問題点
生産緑地解除における円満な解除方法
すべての不動産オーナーの対処法
資産組替と法人化で問題解決
その他

詳細はこちらから




人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



2017年09月07日

いよいよ動き出した件。

21397189_1375633985887449_1625346141_n

9月6日の日経で、2022年問題が報じられた。



不動産投資ランキングへ


人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!


61j0W2qsHhL

東京、大阪で出版記念講演を行い、今週日曜日に名古屋で最後の講演を行う。

今回、CFネッツ主催の講演は最後となるが、プラチナ出版では、今後も外部での講演はあると聞いている。

何せ、この2022年問題について初めての問題点を指摘した著書であることから、アマゾンでは予約が殺到しており、明日以降、配本が始まることになるので、今後、この話題がひろまり、問題解決に向けて様々な人たちが動き出して、問題回避に結びついてくれればよいと考えている。

もちろん、当社でも様々な取り組みはするのであるが、法令の変更や行政の対応はできないのであるから、みんなで取り組むほかないのである。

今週の日曜日。

私と鎌倉鑑定の不動産鑑定士林氏と2人で行い、書籍もついてくるセミナー。

ぜひ、お時間のある方は、お越しください!

では。


20170910shuppankinen

刻々と近づく、いわゆる2022年問題。
生産緑地法改正により1992年に大量に指定された「生産緑地」の解除条件である30年が2022年に到来する。現在の農業人口の減少と後継者問題から市街地農家は、再度、生産緑地を継続するという選択肢は選ばないと言われ、それによって大量な宅地が供給されると考えらている。したがって、これは生産緑地指定の農業従事者だけでなく、大都市圏の不動産オーナー、そして隣接するエリアの不動産オーナー、それだけではなくすべての不動産オーナーにとっても大きな影響を与えることは間違いない。

本書は、不動産コンサルタント会社CFネッツの代表取締役であり、数多くの相続対策を実践している倉橋隆行氏、鎌倉鑑定の不動産鑑定士林愛州氏、そして銀座タックスコンサルティングの税理士保立秀人監修により出版されました。
今回の出版記念講演では、第1部を林愛州氏が担当し、生産緑地に関する内容と問題点を解説、そして第2部では倉橋隆行氏が様々な角度から、実践的な資産防衛策と相続対策等の側面からのアドバイスを講演してする。また、参加者全員に本書を配布させて頂きますので、書店でご購入して頂く必要はありません。

あと5年の歳月は、長いようで短い。いまから準備をすることで、大きなリスクを回避できるかもしれない。ぜひ、お時間がある方は、この機会にご参加ください。

第1部:生産緑地法の施行背景と2022年問題
生産緑地指定と解除の基礎知識
2022年問題とは
東京・神奈川の生産緑地地域と面積
その他

第2部:2022年問題がもたらす影響と対策
生産緑地所有者の苦悩と問題点
生産緑地解除における円満な解除方法
すべての不動産オーナーの対処法
資産組替と法人化で問題解決
その他

詳細はこちらから




人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



2017年09月06日

日本の文化が崩壊し出している。

これでいいの、という話。



不動産投資ランキングへ
人気ブログランキングへ
↑ 順位下落。応援して頂くと更新の励みになります!





※CFネッツ採用情報はこちら


昨日も北朝鮮が核実験をして、見ていると、たぶん第2次世界大戦の始まる頃の日本も多分そんな感じだったのかもしれない。理由は全く違うけれど日本は第一次大戦は勝っているし、ある成果が得られているし、多分自信過剰になってしまったんだろうな。世間がわからないまま戦争に突入してしまったみたいなところがあるじゃない。見ていると北朝鮮の中って日本でいったら昔の鎖国と一緒。表に全く情報が流れてこないし外からの情報もコントロールされるよね。コントロールする人たちは全部マスコミの人たちですよ。テレビも一部報道される内容というのはそれを切り取って報道している。最近も音楽家で騒動があったけれど、日本の文化ってルールを守る道徳的、倫理的なことを教育される。それは教育されるから出来る事。それは指導をする側の大人がきっちりとしていなければ出来ないこと。ちょっとしたことでマスコミが騒いで、教育委員会に吊るし上げられる。いろいろな形で学校の文化が変わってしまった。

すべたの情報はコントロールされていることを意識する。新聞を読むときも事実こういうことだろうけれどこの人達はどう誘導したいのかなと思う。それを考えると方向性としてはこういうふうじゃないのかと逆に裏読み出来る。今の時代、ネットですぐに調べることが出来る。新聞、マスコミ、一般人、研究者がいっていることが検討できる。嘘やデタラメも多いけれど検証できる時代になったというのは素晴らしいこと。
その時代の中で事実と照らし合わせる能力が必要だということ。
文化も一緒、例えば農家の文化が在るとして、その枠を超えられるかどうか。今回、是非とも超えてほしいと思っています。
不動産業も同じように過去と同じことをしている。その内側の人を見ていると、文化を変えないとお客さんに対して的確なサービスができない。
この業界の中で新しい文化を作り上げる。能力を持ったコンサルティングの専門職が必要。今までの不動産屋さんは広告を作ってお客さんを発生させて物件を案内して決める。それの繰り返し。広告費は発生したお客さんからの仲介料から賄っている。コンサルの場合はもらったお金でこの人にサービスをするのが仕事。そこが立ち位置の違い。そこは自分たちのスキルを上げるようにしてください。文化を変えているという意識を持ってください。よろしくお願いします。

最新の著書はこちら

不動産投資ランキングへ



20170910shuppankinen

刻々と近づく、いわゆる2022年問題。生産緑地法改正により1992年に大量に指定された「生産緑地」の解除条件である30年が2022年に到来します。それによって大量な宅地が供給されると考えられています。これは生産緑地指定の農業従事者だけでなく、都市圏の不動産オーナー、そして隣接するエリアの不動産オーナーなど、全ての不動産オーナーにとって多大な影響を与えることになるでしょう。本セミナーは、そんな2022年問題に言及する「都市農地はこう使え」の出版記念講演です。第一部は、不動産鑑定士の林が、生産緑地に関する内容と問題点を解説。第二部では、CFネッツグループ代表の倉橋が、様々な角度から、実践的な資産防衛策と相続対策などの側面からアドバイスいたします。またご参加いただいた皆様には本書を配布いたします。この機会に是非ご参加ください。
◆詳細・お申し込みはこちらから


2017_corporation&win_to_risk
人生80歳時代の今、これらは全ての人の身に 降りかかる可能性の高い事であり、今のうちに真剣に対策を打っておかないと、 将来とても困る事になると思います。第1部では、私、不動産投資コンサルタント藤原の視点で、収入属性を労働収入のみから労働収入+権利収入(家賃収入)の2つの エンジンに、今のうちから切り換える為の意味と魅力とノウハウをお話致します。 第2部では、三原税理士をお招きして、税理士の視点でオススメする 不動産投資の魅力と、来るべき親の介護にも備えられる資産管理法人を使った 不動産投資ノウハウの魅力についてもお話して頂きます。
◆詳細・お申し込みはこちらから
 

tousisaizennsenn2017_2
本セミナーにて講師を務めますのは、自身も区分ワンルームやアパートを所有する不動産投資家でありながら、現場にて自身のクライアント向けにも数多くの資産形成コンサルティングを行う中元CPMになります。現場で徹底的に叩き上げられた氏の話だからこそ、決して教科書的ではない、より実践的な話が聞けるのではないでしょうか。
◆詳細・お申し込みはこちらから

 20170917real_trend
入居者様がいなくては、投資は成り立たない!入居者様と同じような観点を持つことも大事です!このセミナーでは、最近の入居者ニーズや、物件決定のきっかけになった要因等を現場で得た情報を皆さまにお伝えさせていただき、これから購入する物件や、現在保有している物件に落とし込みをしていただきます。セミナー後半では、エリア選定の仕方、物件の選定の仕方をお伝えさせていただきます。
◆詳細・お申し込みはこちらから

 20170923osaka_bipolarization
今後の起こりうる不動産市場の変化を予測した、実践的な不動産投資法・資産防衛法・相続対策法をお伝えします。 第一部では講師・河崎が、これまでの実績から今の融資状況をお伝えつつ、実際に販売した事例を元に、今後買うべき物件を選定するための道程を学んでいただきます。第二部では講師・倉橋が、東京オリンピック開催後に予想される、生産緑地解除に伴う不動産の大量供給について解説いたします。二極化が進む3大都市圏で不動産オーナーの今打つべき手とは?今後、投資してはいけない物件の判断基準になる内容です。今から「将来生じうる大きなリスク」を回避する準備をしましょう。
◆詳細・お申し込みはこちらから

 20171001asset_souzoku_tochi
本セミナーでは、自身で不動産投資を実践し、事業で土地活用や相続対策を行ってきたCFネッツ代表の倉橋が、将来価値を見越して資産の組替を行うことの重要性を説きます。不動産投資を将来、事業と捉え計画・実行する方、すでに資産を持っているが、さらなる打つべき手を模索している方、相続対策が必要と思われている方、会社経営者でいまさら周りに聞けないという方などに有益な内容となっております。この機会にぜひご参加ください。
◆詳細・お申し込みはこちらから


 kindle_banner






人気ブログランキングへ↑応援して頂くと更新の励みになります!



【筆者のプロフィール】
Y.C.A.(ヨコハマ.コンピューター.アカデミー)在学中、輸出関連会社を起こすも、ココム規制(COCOM=対共産圏輸出規制)により廃業。 その後、25歳で某不動産仲介業者に就職。その会社で営業部門でトップの業績を果たし、新入社員の時から広告に携わり、副店長を経て企画課課長に就任。C.I.戦略(コーポレート.アイデンティティー)導入や、社内のロゴマークのデザイン、新規出店計画やリクルート活動をこなし、また地域戦略を実践し、地域文化活動なども主宰する。 その後、新規事業の賃貸管理業務とコンサルティングを併せた事業を開発し、企画課長と並行して同事業部の所長に就任、経常利益率35%超の日本一と言われた事業構築に成功する。 1993年(平成5年)「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)を執筆。当時は、まだ賃貸管理業務が体系化されていなかった時代に、契約書式や業務フローの効率化を発表。その後も3冊の業界向けマニュアル本を出版したことでプロパティマネジメントのエキスパートとして活躍し、日本全国で業界団体の講演などの活動が始まった。 1998年「賃貸トラブル110番」(にじゅういち出版)を出版。 北野たけし氏の番組「ここが変だよ日本人」に出演したことから、「ジェネレーションジャングル」「ワールドビジネスサテライト」など、テレビにも多数出演している。 2000年、CFネッツを軸としたグループ会社を立ち上げ「アッと驚く 不動産投資」(住宅新報社)を出版。あの「金持ち父さん貧乏父さん」(ロバートキヨサキ著 筑摩書房)の発売前に不動産投資の著書を日本で初めて出版したことから、全国的講演依頼が殺到し、その後、数々の不動産投資に関する著書を発表、現在では、不動産投資の世界でもカリスマ的な存在となっている。 また、自ら渡米して国際ライセンスのCPM(Certified Property Manager)を日本人で初めて受験して取得しており、現IREN−JAPANを創設し、日本国内のプロパティマネジメントの近代化に取り組んでいる第一人者でもある。

主な経歴
(株)CFネッツ 代表取締役

CFネッツ ホームページ

1993年、「賃貸住宅仲介・管理の戦略・戦術と業務マニュアル」(環境企画)出版 その後、3冊のマニュアルを発表
1996年、社団法人 全国賃貸住宅経営協会横浜南部支部支部長に就任し、翌年、同協会の神奈川連合会の創設に伴い副会長に就任。
1998年、不動産業界に関するシンクタンクである不動産綜建研究所創設に伴い、取締役所長に就任。
1999年、総合的な月貸し賃貸の運用会社である(株)月極倶楽部を創立、代表取締役に就任。同時に某不動産仲介業者を退職。
そして、ほぼ同時期に資産運用管理会社である株式会社CFネッツを創立し、代表取締役に就任する。
2001年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 副会長就任
2002年、JREM国際CPM協会(現IREM−JAPAN) 会長就任
2003年4月、IREM(全米不動産管理協会)より、CPM(公認不動産管理士 サーティファイド.プロパティマネージャー)の称号を取得。日本で初めての公式試験受験による取得者となる。
これまでに、株式会社南青山建築工房、株式会社日本テナントサービスなど、グループ会社16社、総社員数120名を超えるまでに成長させている。
また現在でも、不動産投資から不動産全般の法律問題、相続対策、建築コンサルティング等や、不動産業者向けの経営コンサルティングやシステム開発にも携わり、抜群の成果を誇る経営コンサルタントとしても活躍中。さらに執筆活動や日本全国で講演なども行っている。 実業家だけでなく不動産投資家としても著名であり、また澤田痴陶人の美術収集家でも知られ、「城ヶ島遊ヶ崎リゾート」「炭火焼蔵」「六本木 遊ヶ崎」「手打ちそば葉山商店」などの飲食店を経営する美食家としても知られている。
 著書に「不動産投資、成功の方程式」「お金に困らない人生設計」「損しない相続 遺言・相続税の正しい知識」「プロが教えるアッと驚く不動産投資」「馬鹿に効く薬」ほか多数。 現在、FMヨコハマとJ-COMテレビで「ここが知りたい不動産」、J-COMテレビ「大人の歩き方」にレギュラー出演し、その他、ニュース番組にも登場している。

成功への「こころ」の科学を
不定期につぶやきます。
遊ヶ崎グループ
城ヶ島遊ヶ崎リゾート
三浦市・三崎・城ヶ島観光WEB
炭火焼「蔵」:炭火焼き:串焼き:三崎:日本料理
六本木「遊ヶ崎」:日本料理:会席料理:懐石料理:個室
uno:三崎:美容室:宇野伸治
大英博物館で陶芸家として初の個展が開催された鬼才・澤田痴陶人美術館の公式ホームページ
【ウィークリー・マンスリーマンション】
月極倶楽部
中国式ソフト整体院
東五反田にある痛くない中国式ソフト整体院
【CF Net's CHANNEL】

格安の動画制作はスタジオAOBA

格安動画制作ならスタジオAOBA

CF Net's CHANNELの動画の動画はスタジオAOBAが作成しています。

【無料!今すぐ登録!】
プロだけが知っている不動産投資の成功/失敗事例を毎週お届け!
まぐまぐ殿堂入り バックナンバー
【執筆書籍】